スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄色と黄金の輝き~プリンスリーグ東北1部~

2011.06.26.Sun
プリンスリーグ開幕第2試合は1部リーグ。
宮城県サッカー場のA,Bコートで行われたのはベガルタ、モンテディオというJの下部組織2つの試合。
どちらも捨てれないなぁ…ってことで前後半分けて観戦することに。まずはベガルタ対聖和学園。
聖和学園高校
 9庄子敦史③ 
 18高橋奏太③ 
14藤原元輝③15小林和仁②
7藤原光③8越後裕貴③
3石原煕季③2土田洸人③
6池田リアンジョフィ③5斉藤健③
 1舘内魁③ 

ベガルタ仙台ユース
9京佳吾③ 11五十嵐亘③
10越後雄太③7加藤博人③
6永吉惇起③4遠藤広展③
3浅川海嵐②16島貫弘敬②
2佐藤久元②15千田海人②
 1松田涼③ 

立ち上がりベガルタの位置取りが目に付いた。ボール保持の際のラインが高い。
DFラインがハーフラインを超えて、FWまでが非常にコンパクトに保って、前からハードプレス。
必然と相手陣内で混戦となる場面が多くなり、競り合いからファールを連発。
前半与えたファールは13。それでもプレーが断続的に止まり、相手もイライラが募っていく。
攻撃では越後を起点に、京が外へ流れてスピードに乗ったドリブルからチャンスを作り、23分。
右CKがPA中央に入り、ゴール前で混戦になった所を、永吉が詰めて先制点をgetする。
この1点の直後、聖和の俊足アタッカー小林にDF裏を突かれる場面があり、注意したDF陣が出だしほど高い位置が取れなくなり、ラインが間延びしてしまう。そこで143cmの小柄なテクニシャン高橋が受けてリズムを生む。
風向きが変りそうな中、流れを引き寄せたのはエース越後の一撃。28分。PA左から加藤が中央の永吉へとパス。これをすぐさま後ろへ下げて、25m付近から越後がミドル。これが綺麗に決まり、2-0。
41分にも右サイド加藤のFK。DFにクリアされるも遠藤がきっちり詰めて3-0で前半終了。
最終的には8-1という大差をつけて、ベガルタが好スタートを切った。
DSC02538.jpgDSC02543.jpgDSC02551.jpg
モンテディオ山形ユース
10佐々木龍③ 13樋口竜聖②
7五十嵐麗士③9秋葉啓介③
8早坂裕哉③6芦埜瑠偉③
2鈴木翼②5村上拓也③
4高橋樹生②17吉見拓哉②
 1稲毛大貴③ 

富岡高校
18若松昂平② 10鈴木嵩人③
11高橋友哉③9金田健志③
14國分駿介③8千葉樹③
13渡辺僚太③7菊池篤③
3吉田慎也③5杉山樹②
 23 

後半は反対ピッチのモンテディオ。今回が初見である。ユースからのtopへの昇格者は白井貞義、秋葉勝、佐藤永志の3人のみだが、U-15世代で着実に成果を上げ続け外部へと流れるタレントの数が減少。
それに加えて、2010年からは徳島ヴォルティスでの監督経験がある今井雅隆氏が監督に就任した。
今期が1部初挑戦。どこまで出来るのか興味があった。前半終えてスコアは2-0でモンテディオがリード。
後半開始、直後もセットプレーを中心にモンテディオがチャンスを作るが、ゴールへと結びつけない。
キーとなるのがFWの佐々木。少し引き気味に位置して、巧みなキープからパスで周囲を動かす。守備もきっちり。
守備では、高橋。精度の高い左足を持ち、セットプレーを担当。
持ち込まれるとバタつく場面もあったが、ボランチに落ちるように指示を出すなどして対応できている。
61分。佐々木が高い位置でのインターセプトからPAへとフリーで入った所をGKが飛び出すも倒してしまいPKに。
これをきっちり決めて3-0としたが、79分に富岡の右クロスをゴール前でクリアミスし、オウンゴール。
3-1での勝利となった。モンテ想像以上に良かった。
DF陣は2年生が多く成長も見込めるだけに東北をかき回す存在となる気がする。
佐々木龍早坂裕哉2

    スポンサーサイト
    コメント

    管理者のみに表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。