スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SUL ガンバ大阪サテ 対 関西学生選抜A

2011.06.19.Sun
日曜日。前日に続いて堺でクラ選U-15を観るつもりだった。第1試合の開始は9時45分。
乗り継ぎを考えると、7時前に家を出ないといけない。起きれたけど、前日の疲れから動けない。
2度寝を決め込み、向かったのは13時ガンバグラウンドでキックオフのステップアップリーグ。
サテライトの廃止に伴い、関西のJ4クラブと関西の大学選抜2チームが2巡して戦うものである。
ガンバ大阪サテライト
18川西翔太24星原健太
 16大塚翔平 
13金承龍8佐々木勇人
 30内田達也 
15藤春廣輝28菅沼駿哉
4高木和道3金正也
 29木村敦志 

関西学生選抜A
15石津令門② 13谷本泰基③
11本多勇喜④14安藤大介③
3早坂賢太④9稲森睦③
7山田樹③2三浦修④
8武本成将③4佐川雅也④
 12原田直樹② 

前日にJを戦ったばかりのガンバはサテ組にユースを加えたメンツ。対する大学選抜Aは3,4回生が中心となるチーム。
本来なら各チーム万遍なく選びたい所だが、時を同じくして、関西学生リーグの第10節も行われている。
そのため、一足早く前日に消化した同志社、立命、関大、阪南大の4チームからの選考となった。

立ち上がり、互いに様子見でゲームが進む中、10分を過ぎた頃から試合が動き出す。
13分、大学選抜。前線で谷本が本多へと叩き、左へ流れる。外でリターン受け、ドリブルからシュート。
16分、ガンバ。中央に入った佐々木から左へ展開。藤春が中へ入れてファーで大塚がシュートもDFがブロック。
17分、ガンバ。川西のポストプレーから後方の佐々木。
ドリブルでキープする間に、川西が右を開きPAの右でリターン受ける。持ち込んでシュートも大きく上に逸らす。
26分、ガンバ。佐々木がハーフライン手前でカット。すぐさま左の金に渡して、中へクロス。
中央で川西が後ろに落として、大塚。すぐさま川西がDF裏へ抜け、リターン受けるもオフサイド。
前半見てる感じだと、ガンバの佐々木、大塚が流動的に入れ替わり的を絞らせず、ここでボールを回す。
持ってからの1stチョイスは川西のポストを2列目が受けて、プレスをかけに来たDFの裏へと星原を走らせること。
2つ目としては、藤春、金の2人の飛び出しを狙いクロスで崩すこと。
中盤をうまくコントロールし、この狙いを着実に積み重ねる。
43分、ハーフライン手前で内田から大塚へ横パス。1stタッチで大塚が外へ流してから、DFの裏へフワリとパスを出す。同時に川西がマークを外し、DFの裏へ走りこみ、フリーにでボールをキープ。
学生選抜のDF陣はオフサイドと判断し、ボールを追わない。余裕を持って、GKをかわして先制点をあげる。

ハーフタイム。ガンバは太洋一に、大森晃太郎、徳永裕大(ユース)、永保尭(ユース)を投入。
左からDF藤春、内田、菅沼、永保MF大塚、徳永、金、大森という4-2-2-2へと変更する。
大学選抜はDF都築卓哉④,篠原巧④を投入し、FWを安藤、谷本の2top。MFを左から本多、稲森、早坂、篠原に。

12分、HL手前から菅沼が大きく左へ展開。大森がヘッドで後ろへ落とし、受けた藤春が素早く中に入れ川西へ。
距離は約25m。少し遠めながらも、チェックが遅れた隙を狙って放ったシュートがネットを揺らす。
19分、大森が中央でドリブルからパスで星原へ。これをドリブルでPAに持ち込み、左へ回った大森にリターン。
ゴール手前までドリブルで運び、左足で3点目をget。
26分、永保が菅沼のパスを受けて、ドリブルで右サイドをハーフラインまで運ぶ。
ここから大きく左へ展開し、受けた星原。PA真ん中へドリブルで持ち込み、ダメ押しとなる4点目。
その後、ガンバは星原が相手との接触で左足を痛めて抜けてしまうアクシデントもあったが、きっちり無失点で終えた。

大学選抜は前日に試合をこなした選手も何人かおり、急造チームならでは難しさも垣間見えた。
それでも選手たちには絶好の“就活の場”。右から好クロスを入れた三浦。
top脇で持ち前の足技でタメを作り、パスで周囲を活かした谷本など個々のアピールに成功した選手もいた。
その中でも、存在感が高かったのは、佐川。大声でチームを鼓舞し、DFラインを統率し続けた。
ヘディングの強さ、身体の強さも発揮し、ガンバサポから“4番誰?”という声が多かったのも納得の出来。
この中から来年はJ側として、大学選抜を待ち受ける選手が出るのも期待できそう。
三浦修2谷本泰基4佐川雅也
ガンバで目を惹いたのは2top。川西は日に日に存在感を高めている。
前線で基点になるだけでなく裏へ抜ける動き、外す動きが板に着いてきた。
星原も何度もDF裏のスペースへ走りこみ好機を生み出す。アドリアーノの退団も彼らの成長でカバーできそう。
続いて大塚。ユース時代はFWとして、思うようにボールが入らず怒鳴る姿も見かけたが、この日は違った。
中盤で献身的にボールを受けて、2topに適切なボールを入れ続ける。“中盤の大塚”として形になりつつある。
藤春はスピードを生かして、駆け上がりクロスを入れるだけでなく、球際の強さも出てきた。
正也のヘッドの強さはさすが。ボランチに入った後半には身体の強さを生かして前に出てミドルを放つ場面も。
ユースの2人もgood。徳永は先輩たちのアシストもあって積極的に前へ出てパスでリズムを作る。晃大ぽかった。
世代交代が叫ばれる中、着実に次の息吹が目を出している。後は経験だけ。次の蒼黒の歴史を作るのは彼らだ。
川西翔太2金正也内田達也2

    スポンサーサイト
    コメント

    管理者のみに表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。