スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

U-17日本代表 【FIFA U-17ワールドカップ メキシコ2011(6/18~7/10)】メンバー

2011.06.03.Fri
団長 西村昭宏【(財)日本サッカー協会技術委員長(育成)】 
監督 吉武博文【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】
コーチ 菊原志郎 【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ/東京ヴェルディ】
GKコーチ 大橋昭好【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】
No.NAME生年月日身長/体重現所属前所属
GK1中村航輔95.02.27182/70柏レイソルU-18柏レイソルU-15
18阿波加俊太92.02.03187/75コンサドーレ札幌U-18コンサドーレ札幌U-15
21牲川歩見94.05.12192/80ジュビロ磐田U-18ジュビロ磐田U-15
DF2川口尚紀94.05.24176/71アルビレックス新潟ユース長岡ビルボードFC
3岩波拓也94.06.18185/71ヴィッセル神戸U-18ヴィッセル神戸U-15
4植田直通94.10.24185/73熊本大津高校宇土市立住吉中学
6室屋成94.04.05174/62青森山田高校ゼッセル熊取FC
12早川史哉94.01.12170/68アルビレックス新潟ユースアルビレックス新潟ジュニアユース
15新井純平94.11.12172/62浦和レッドダイヤモンズユース浦和レッドダイヤモンズジュニアユース
19高木大輔95.10.14169/68東京ヴェルディユース東京ヴェルディジュニアユース
MF5深井一希95.03.11175/64コンサドーレ札幌U-18コンサドーレ札幌U-15
7望月嶺臣95.01.18165/57野洲高校セゾンFC
8石毛秀樹94.09.21168/61清水エスパルスユース清水エスパルスジュニアユース
13喜田拓也94.08.23168/58横浜F・マリノスユース横浜F・マリノスジュニアユース
16野沢英之94.08.15174/64FC東京U-18FC東京U-15深川
17秋野央樹94.10.08174/62柏レイソルU-18柏レイソルU-15
FW9南野拓実95.01.16173/65セレッソ大阪U-18セレッソ大阪U-15
10鈴木隆雅94.02.28181/69鹿島アントラーズユースFCみやぎバルセロナユース
11松本昌也95.01.25169/60JFAアカデミー福島JFAアカデミー福島
14中島翔哉94.08.23161/58東京ヴェルディユース東京ヴェルディジュニアユース
20鈴木武蔵94.02.11184/71桐生第一高校FCおおた


この21人でグループリーグの6月18日vsジャマイカ,21日vsフランス,24日vsアルゼンチンと戦う。
正直、しんどいグループ。でも、世界で戦うからには強いとことやれた方がいいのかもしれない。

2次予選を戦うにあたり、1次予選後に台等した野沢、武蔵らが主力が登録できないという不手際があった。
1学年下の選手を多く含みながらも3勝1分1敗となんとか乗り越え、世界大会へと進むことができた。
これで3大会連続での出場。方向性を見失わず継続的に強化できていると評価していいだろう。

今年2月には2週間にも渡って国内キャンプを実施し、ベルマーレやジェフリザーブズという格上のチームと戦った。
結果は正直言って、ボロボロだったらしい。でも、その中での収穫があった。
U-18世代で触れることの出来ないスピード感に触れれたこと。その中で、戦えるメンバーの見極めが出来たこと。
その収穫を手に3月には開催地であるメキシコでキャンプで実施。ここで大きな変更を施す。
中盤をフラットに並べる4-2-2-2から、4-3-1-2へと変更。これまでSBとCBで使ってきた隆雅を前で使ってきた。
観れてないので、詳しくは分からないが、兼任するU-15を観ていると1の部分に1stディフェンスの力を求めるのかな?
U-15のキャンプで観てると、ここに入った選手は貰う動き、フォアチェックの動きが高い選手が勤めていた。
また、ここの選手の違いで、チームの色が変わっていた。記録を見る限り試合ごとに入れ替えている。
手探りというより、最終仕上げの部分を担うのがここなのかなと。または相手によって替えてくると。

いつもはアンチJAPANを作るけど、今回はなしで行こう。この21人が今ベストの21人だと思う。
期は熟した。2年間の集大成を今、迎える。さぁ、みせてくれ、94JAPAN。

    スポンサーサイト
    コメント
    U-17からは誰が吉田ジャパンに招集されそうですか?岩波、南野、野沢ぐらいですか?
    Re: タイトルなし
    どうなんでしょうね?選手の質がどうのこうのというより、1学年の差ってこの年代くらいだとまだ大きいと思うので、過去の事例を見るとそんなに多くはならないと思います。監督の色、好みなどもありますし。
    この中で誰が監督でも選ぶだろうって言うと、やはり、あげておられる3人でしょうか?
    阿加波、南野、嶺臣、高木の95年組はゆくゆく立ち上がる代表に回る可能性が高いと思います。

    サッカーライターではなく、サッカーが好きなフリーライターなので取材はほぼしておりませんので、あまり真面目に受け取らず、受け流しておいてくださいね(笑)

    管理者のみに表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。