スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう一つのダービー~クラセン関西予選 ガンバ大阪ユース対セレッソ大阪U-18~

2011.06.05.Sun
7月に前橋で行われるクラセンU-18の予選であるこの大会。関西の枠は4つ。Jの4クラブが総当りで戦い、上位2つがまずは決定し、下位2つは予選を勝ち抜いた街クラブと対戦し、勝者が全国行きを決める。
2試合を消化し、セレッソは敗退が決定。ガンバも勝たないといけない一戦。
2試合目を考えると、出きれば3点以上の差が欲しい。
ガンバ大阪ユース
 19久保賢悟③ 
 8小谷光毅③ 
11西田康貴③18出岡大輝②
5山千代大斗③10徳永裕大②
24内田裕斗①13福田浩規②
4稲森克尚③3西野貴治③
 1田尻健③ 

セレッソ大阪U-18
9風間健治③ 11長谷川将③
10南野拓実②7小暮大器②
6秋山大地②8西村洋亮③
14岡田武留②3藤原雅斗②
16坂手優雅②4小池佑平③
 21射庭康太郎① 

試合は開始早々、動きを見せる。
4分、まずはガンバ。右CKがファーに入り、西野がPA中央へ。これを久保が決めてガンバが先制。
ベンチの梅津監督。“ナイス太もも!”と久保を祝福。この人の掛け声はユーモアあっておもしろい(笑)。
久保賢悟
9分、セレッソ、右CKからニアへ低いボール。お洒落ボレーで南野が決めてすぐさま同点に。
南野拓実4
10分、ガンバ。内田が左を強引に突破し、中へマイナスのクロス。出岡がミドル。
立ち上がり、ガンバは右の出岡、左の内田の突破からチャンスを伺う。
内田裕斗2出岡大輝
対するセレッソはここ2試合沈黙していたボランチが復調。左右に揺さ振りをかける。
19分、セレッソ。右クロスは相手DFがクリア。ルーズボールに西村が素早く反応し、
20m付近から目の覚めるようなミドルを叩き込む。GKほとんど動けない素晴らしい一発。

1点を失ったものの、セレッソの気合は凄まじい。
FWからDFまでをコンパクトに保ち、ボールを持つ選手にガツガツ当たる。セカンドにいち早く反応する。
この日与えたファールは手元集計で前半13、後半13。誉められたものではない。
だが、ガンバは繋ごうとしても、その都度、プレーが途切れ、攻撃の連動性がうまれない。苛立ちは募る。
守備では小池を中心にしっかり跳ね返す。秋山も絶妙な位置にスルリと入り、チャンスの芽を摘んでいく。
小池佑平藤原雅斗岡田武留秋山大地2
攻撃ではこの日、中盤の左に入った南野がタメを作ってから相手のギャップを狙い、2topがそれを狙う。
丸岡に代わって、ボランチに入った西村も積極的に前に出て攻撃に厚みを加えていく。
長谷川将風間健治2西村洋亮2
“全敗では終われない”立ち上がりに失点はしたものの、前半のセレッソが見せた気迫がそう物語る。

ハーフタイム、修正点はあったもののセレッソベンチには出応えはあったはず。
前半のガンバに対し“前出てこないからそこを突こう”そう声をかけて選手を送り出す。

後半に入って、ガンバはシステムを代える。久保に替えてMF薮内健人②を投入。
西田と小谷がFWに入り、薮内は左MFに。システムは4-2-2-2。
小谷尚毅薮内健人

後半に入ってからもセレッソはペースが落ちない。
4分には藤原がミドル。11分にも、西村がシュートを狙うもGKがきっち対応して追加点を許さない。

後半折り返そうとしだしたところで、ガンバが意地を見せ始めた。
これまでボランチの押し上げ遅く、セカンドに対応できていなかったが、徳永が積極的に飛び出しを見せる。
相棒の山千代はDFと中盤のリンクマンに徹し、左右へ散らす。やることが整理され、動きがスムーズに。

23分。右サイドからゴール前にクサビのボール。GKがキャッチしに前に出るも零してしまう。
これを詰めたのは徳永。シュートはGKの反応に防がれるもこぼれ球を出岡が叩き込んで同点に追いついた。
勢いに乗るガンバ。焦りつつも、きっちり相手の激しいプレーに流されることなく猛攻を見せる。
33分には左サイドを内田がスピードに乗ったドリブルで突破。深い位置から中へマイナスのクロス。
これを受けた途中出場のFW小川直毅①。シュートは勢いなく前に出ただけ。
しかし、そこには小谷がいた。これをきっちり押し込んで、ついにガンバが逆転を達成した。
すぐさま、セレッソはMF丸岡満①、FW魚里直哉①と前への力があるルーキーを投入し、同点を狙も、ガンバDFが凌ぐ。
試合終了間際の44分、セレッソが最後のビッグチャンスを掴む。
自陣でのカットから大きく左へ展開。受けた南野がDFをかわし、PAに入りにいく。
1対1に持ち込める重要なシーン。だが、これを西野が後ろから掴んで、南野を倒す。
2枚目のイエローで退場となってしまったが、ぎりぎりPAの外でのFK。
貴重な勝ち点を得るために、身体を張った素晴らしいファールだった。
西野貴治
最後のピンチを凌ぎきったガンバがストレートインには重要な勝利をゲット。2試合目の結果を待つことになった。



    スポンサーサイト
    コメント

    管理者のみに表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。