スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人と子供~プレミアリーグウェスト 京都サンガFC U-18 vs 立正大学淞南高校~

2011.05.08.Sun
前節では広島ユースに0-1と初黒星を喫したものの、勝ち点を着実に稼ぎ続け、2位に位置する京都サンガFC U-18。
タレントの質の豊富さと手堅さは目を見張る物がある。
今節も久保裕也はtop帯同で不在だが、早くもブレイクの兆しが十分な田村がいる。
前節から中盤より前は不動だが、DFラインを2人入れ替えてこの試合に挑む。
京都サンガFC U-18
30田村亮介① 10三根和起③
11知念雄太朗③7久永翼③
4佐藤光恭③6原川力③
17齊藤隆成②23松川宏二①
18池松大騎②3高橋祐治③
 1杉本大地③ 

対する淞南。“過去最高”と南監督が評した去年のチームから多くの3年生が卒業。
“めっちぇへぼいで”と話しながらも、2年ながら10番を背負った期待の稲葉を軸に、“当たって砕けろ”精神で挑むプレミア初年度。開幕のC大阪U-18戦は2-1と勝利を収めながらも、そこから3連敗。最下位と厳しい位置にいる。
ただ、スタメンの多くは2年生。リーグを戦う中で大きな成長が期待できるメンツである。
立正大学淞南高校
9林大貴②13田路大樹②
 8隅田竜太② 
7椋木健太③6浦田雅之②
 10稲葉修土③ 
2山田賢汰③3徳丸将②
4甲斐健太郎②5河村翔太③
 1矢島慎之介③ 

試合前に襲った雷を伴う通り雨から一転、晴天となったサンガタウン。開始早々、サンガペースで試合を進めていく。
9分、京都。DFをかわした三根がハーフラインからロングを放つが枠を捕えず。
11分、中央で三根が田村に落とし、これを左へ展開。齊藤が縦を抜けて、CK付近からマイナスのクロス。
ファーへ流れた所で久永が拾ってミドルを放つもDFがクリア。
16分、DFラインでのボール回しから隙を見つけ、前線の田村へクサビのパス。
すぐに右の久永へ叩き、PA中央の知念へ折り返しを送る。シュートを狙うもGKが反応。
こぼれ球をつめるも、もう一度阻まれCKとなる。
強い日差しがサンガの動きを落とす。普段はDFラインでのパス回しから攻撃のスピードを上げていく。
最初の選択はDFの裏。2top常に裏を狙いフィードを引き出す。
そこがダメなら横パスで相手を揺さ振り、隙を作り、中盤の細かいパスワークで一気に前へと運び、畳み掛ける。
ただ、この日の前半、田村の動きが鈍い。三根も下がって受けにくる。1stチョイスが狙えない。
2ndチョイスにしても、淞南が2topがしっかりチェックをかけ、パスコースを潰す。
MF,DFの8人がラインを整え、2人目、3人目でボールを奪う。
うまく京都の特徴が消され、ゴールの無いまま、前半を終える。

後半に入り、サンガが動き出す。前半、動きの少なかった田村が果敢に裏を狙う。1stチョイスが狙えるように。
1分、DFの裏を取った田村がPAの左からフワリと狙うも、わずかに上に逸れる。
4分、左CK。ゴール前に早いボールを転がす。三根がダイレクトでコース変えて狙うもDFにあたり再度CKに。
6分、原川から左を上がる齊藤へ。PAへ折り返しのパスを送り知念が1人かわしてシュート。
そして、9分。ハーフラインから原川がDFの隙を狙い、スルーパス。田村が抜けて、フリーで抜け出す。
最初のトラップが大きく、GKの飛び出しを許してしまうが、
1本目のシュートのこぼれ球を拾って、空っぽになったゴールへ流し込み、サンガに待望の先制点が生まれた。
田村亮介3
前半、フィールドプレイヤーが連動し高い位置からのプレスが効いていた淞南だが、動きが鈍っている。
規律良く敷かれていた4-1-3-2のラインがガタガタ。前半、“死んでいた”サンガにうまく体力を消耗させられていた。
狙いかたまたまかは残念ながら分からない。ただ、試合巧者ぶりを発揮した。少ないガソリンの使い所がうまい。

その後もDF裏へ、サイドアタック。前半とは違い、本来の姿で攻め続ける京都だが、淞南が耐える。
残り5分、淞南も2topを入れ替え、同点を狙うも、サンガがうまくいなしてタイムアップ。
試合終了後、淞南関係者の多くが“大人と子供の試合”と話していたように違いを見せられる試合となった。

この試合、MVPとも言える存在感を見せたのが原川力。うまい。
原川力原川力3
中盤の底でショートパスを的確に散らし、交通整理を行う。何より抜群なのが貰い方。
すーっと相手が取りづらい距離を取ってボールを受ける。持ってからは上半身の巧みな使い方で敵をかわす。
プレースタイルの基となるのが視野の広さ。来る前に周囲を良く把握できているので的確な判断ができる。
前半はその視野を縦への勝負のパスへ活かせなかったが、後半は何本も狙い続けた。力すごい。
他に、高橋、田村、齊藤なども良いプレーをこなせていたと思う。
高橋祐治三根和起2
淞南では稲葉。持ってからの前への突進力が光った。
稲葉修土
椋木もスピードに上半身の交わし方で何度も左サイドを突破し存在感を見せた。
ただ、もうちょっと勝負しても良かったかな。生ける場面でも早めに放す場面が多かった。
椋木健太
この結果、得失点差で最下位という立ち居地に変わりはない。
これを“負け癖”にするか、“成長への糧”にするか。力はあるし、前向きなチームだからそこが楽しみだ。




    スポンサーサイト
    コメント

    管理者のみに表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。