スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2つの顔 ~高円宮杯プレミアリーグウェスト セレッソ大阪U-18 vs 東福岡高~

2011.05.04.Wed
3月末に訪れた北九州。サニックス杯で観たチームの中に、今年の躍動を期待させるチームがあった。
“赤い彗星”との異名を持つ、九州の雄・東福岡高校である。
大会ではトーナメント初戦で柏U-18に僅差で破れ、6位となったが、伝統の4-1-4-1から繰り出されるサイドアタックは健在。中でも、サイドを動かす中盤真ん中、白井、上田の賢いプレーには惚れ惚れした。
プレミアでもこれまで2勝1敗。強豪ひしめく中、上位に位置している。
東福岡高校
 9横山大樹③ 
17八坂翔吾③7木下祥③
8前田敬志朗③10白井優登③
 6上田拳太郎③ 
5下坂晃成③2岡本玲旺③
4岩田淳司③3田久世涼③
 1渕上隼人③ 

対するセレッソ。開幕は立正大淞南高校に敗れ、その後は2引き分け。まだ勝ち星はない。
攻撃の鍵を担う南野はU-17代表のスロバキア遠征、風間は足の怪我でこの試合欠場。
逸材揃いとの評判が高い1年生5人がベンチに並んだ。
セレッソ大阪U-18
11長谷川将③ 12西村拓馬③
8西村洋亮③7小暮大器②
6秋山大地②15岡山宗星②
14岡田武瑠②3藤原雅斗②
5永田慎二②4小池佑平③
 1鶴崎智貴③ 

試合は開始序盤に動いた。7分、奪ってから素早く左を運び、永田が中へクロス。
岡山が頭で合わせるもバーに直撃。跳ね返りに長谷川が素早く反応し、押し込んだ。セレッソ先制。
8分、長谷川のポストプレーから小暮がミドル。枠の左に逸れる。
18分、細かい左を繋いで中へパス。打てずに詰ったところで右へ開き西村拓馬がフリーでシュート。枠の上。
前半、セレッソが押し込んでいる。2topがしっかりプレスをかけ、高い位置で奪う。
奪ったら、前線のポストを基点に近距離の味方との細かいパス回しでゴール前へと運ぶ。
南野、風間がいる時とまったく別のチームだ。彼らがいるとその馬力に任せてしまう部分がある。
言い方を選ばないで言えば今年は“2人任せ”のチームだ。でも、今日は2つ目の顔を覗かせた。
ゴール前での勝負強さには欠けたが、個人的には観ててこっちの方がいい。

東福岡は序盤、完全にセレッソのパスサッカーに苦しめられていた。
持ったら、すぐにプレスがくる。ボールを待っていたら、手前で掻っ攫われる。
これまでの相手とのスピードが違うんだろう。全てが後手後手。チャンスらしいチャンスが少ない。
でも、さすが名門校。前半の終盤にかけて、スピードに慣れてきた。
35分、カットから木下が抜けて中へクロス。ゴール前に絶好のボールが上がるも誰も合わず。
ファーに流れたところをもう一度狙うもこれも合わず。
38分、左CK。中で合わず反対へと流れる。岩田が中へ再び入れるもDFクリア。2度目のCKもクリアされ、3度目。
中央へ入れるもDFブロック。跳ね返りがファーに流れる。田久世がヘッドであわすも勢いなくGKに。
ヒガシの攻撃を彩ったのは木下。快足を飛ばし、相手左サイドを突きまくった。
上田拳太郎白井優登
後半に入り、ヒガシはサイドハーフを2枚交代させてきた。
セレッソも怪我のためか、2分に永田に替え、MF丸岡満を投入。
丸岡がボランチに入り、藤原がCB、岡山が右SBにずれた。
丸岡は徳島川内中学から来た選手。大体大の田上の後輩。早生まれでU-15代表にも選ばれている。
代表は怪我で見れてなかったが、いい選手。蹴る・止めるの基礎が高い。
何より、持ってから、奪ってから次のプレーが早い。気がつくと一気に前線に顔を出している。
丸岡満
24分、西村拓馬に替えて大津耀誠。182cmの高さが自慢の1年。前節ではゴールも決めている。
31分、長谷川から16番へ。セレッソから魚里コール。続いて、“ヒラータショー”コールが起こる。
あれ、2人代わったっけ? 単にセレッソが勘違いしてたみたい。平田翔で正解。
平田翔
前を入れ替え、フレッシュな人材の動きで2点目を狙いに来るセレッソ。
だが、ヒガシも白井優登の力強いキープから放たれるパスとシュートで攻めにく。
32分、30m正面でのFK。素早く白井が狙うも枠の上。
33分、左からマイナスの早いパス。白井が滑り込んであわすも勢いなくGKが処理。
37分、GKから大きく左へ通る。途中出場の中野雄貴③がキープし、後ろから上がってきた下坂に落とす。
受けた下坂。前をDF2人に塞がれる。“一旦外か?”と思った場面だが、いとも簡単にすり抜ける。そこでstop。
惜しくもPA手前。得たFKだが、白井が狙うも大きく外れてしまう。
41分、小暮に代わり、本当に魚里直哉がイン。去年、中3ながらU-16に選ばれていたタレントだ。足の速さが特徴。
入ってすぐに仕事をしてのける。42分、魚里が引いて胸トラップで落とし、左のスペースへ。
大津がフリーで抜けたが大きく外してしまう。44分、相手を追っかけ、後ろからスライディング。イエロー。
そして、45分。秋山が左から前線へ大きく展開。大津が後ろに落として丸岡かPA左へ流す。
走りこんだのは魚里。下坂が後ろから止めに入り、倒してしまう。判定は一発レッド。PKとなる。
キッカーは西村洋亮。落ち着いて、真ん中に沈め、2-0。試合終了となった。
魚里直哉2
セレッソは1年生が評判通りの活躍。自慢の2top抜きというピンチを2つ目のスタイルで乗り切った。
ヒガシは試合を通じ、速さにうまく対応していった。高校の大会では王者として、押し込む場面が多いだろうが、プレミアではそうはいかない。挑戦者の立場が増える。少ないチャンスをどう増やすか、どう活かすか。
彼らが見せる様々な顔に触れ、勉強になる一戦だった。



    スポンサーサイト
    コメント

    管理者のみに表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。