スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トビラヲタタケ JFAプレミアカップ2011 @J-GREEN堺

2011.05.03.Tue
U-15代表のキャンプを訪れた際、“蹴る・止める”の基礎が高く、身長にも恵まれた選手が多さに驚いた。
JFA関係者いわく、今年の中3は“当たり年”だそうで、他にも泣く泣く呼べなかった選手もいたという。
ちょうど泣く泣く呼べなかった選手を観る機会が訪れた。JFAプレミアカップ。
この大会を優勝すれば、NIKEが協賛する世界大会「マンチェスター・ユナイテッド・プレミアカップ」への出場が得られる、いわば日本予選だ。去年まではU-14+中3の早生まれが出場できる規定だったが、世界大会へはU-15での出場がOKとあり、予選を勝ち抜いた選手たちが本大会に出場しにくいという状況があった。
でも、今年からはU-15での参加へと変更となり、各チームの現状が知ることができる。
夏のクラ戦が噂通りの場所なら、足を運べない。ここしかない!ということでJ-GREEN堺へと訪れる。
グループリーグでの雑感と目についた選手を紹介。
大分トリニータU-15
 11岩見直也③ 
9戸高裕登③6甲斐慎也③
 5首藤大地③ 
7芝関大地③10坂井大将③
19脇田雄真②8福田大樹③
2佐藤昂洋③3岩本竜乃輔③
 1中野雄登③ 

コーチのマガリェンス氏はフットサルでの指導者でもあるらしい。
最初、名前を聞いた時は“伊勢志摩?”と思ったけど、あれは“まわりゃんせ”だった。
確かに、個での局面で見せる足元の上手さはさすがと思わせるものがあった。
気になったのはキャプテンの佐藤昂洋。足元がうまく、攻撃への一歩目を演出していた。
そして、エースである戸高弘貴。過去に大分U-15出身で戸高裕人(横浜→同志社)、戸高弘貴(静岡学園→立命)といたけど、親族なんだろうか?ちなみに、中1の有望株に航汰というのもいる。
代表キャンプで観た時、左利き?と思ったけど、右足もうまい。両利きなのかな。
線は細いが、高さにタッチの柔らかさが光った。スムーズなドリブルで前へ運べる逸材である。
佐藤昂洋戸高弘貴2
カターレ富山U-15
 9松井直哉③ 
 6三鍋彰汰③ 
8浦田凌成③13椙本雄太③
11馬渡隼騎③5千石大貴③
4金岡蓮③17杉本健翔③
7大田哲也③3村下寿仁③
 1岸孝将③ 

プリンス北信越を観にいった際、この大会の北信越予選が横のピッチで行われたいた。
今年で3年目。初めて全学年揃うカターレだが、準決勝で星稜中学に勝利。
決勝でもヘミニス金沢に競り勝っていた。横目での観戦だったが、レベルは高そうで気になっていた。
初戦では大分に前半、失点したものの、後半残り10分で2点を上げ、逆転勝利。
左でのキック精度の高さだけでなく、右でも蹴れちゃう金岡。
馬渡も左足での正確なキックで縦にサイドにと好パスを連発していた。
中へ積極的に進入し狙ってくる両サイドハーフが目についた。
松井直哉
清水エスパルスジュニアユース
9北川航也③ 8大塚聖磨③
11望月大③2西澤健太③
10宮本航汰③14森主麗司③
20水谷拓磨③13杉本頼③
7齊藤孝輝③18深澤優太郎③
 1山川卓巳③ 

今大会ナンバー1チームだろう。山川、宮本、西澤、北川はすでにユースに登録され、出場している者もいる。
ベスト4の組み合わせが決まった際、サンガの子らが、悲鳴を上げたほどだ。
初戦のレオーネ戦では前半のみの観戦だったが、5ゴールと圧倒。
軸となる宮本、DFラインを基点に両サイドハーフが積極的にドリブルで仕掛ける。
隙を見ては、左SBの水谷が上がったり、スペースを見つけては後方からクロスを投入。
仕上げは北川。初戦の前半は3本のシュートとPKで4ゴール。つまり百発百中である。
強さ、上手さ、スペースへの走りこみを備えた万能型だが、状況判断力が高いんだろう。
受けた時点でイケる、イケないの判断が速い。イケなくても、適切に周囲を使えてた。
ベスト4で散ったが、個性の強さ、インパクトではナンバー1のチームだと思う。
宮本航汰水谷拓磨北川航也
レオーネ山口U-15
11小笠原佳祐③ 7掛波岳登③
3河上将平②9堀吏規伸③
8末長巧③10岩井清悟③
5松本響太③4林雄都③
2竹重龍一③6恒富永吉朗③
 1藤井健太③ 

初戦の清水戦は完敗。G大阪戦も前半圧倒され、0-2と不吉な予感があった。
でも、ハーフタイム“いつもどおりやろう”と監督が話すと、変化を見せた。
後方からサイドをうまく使い、ゴール前へクロスを連発。その多くはガンバにクリアされるも、尽く拾い続ける。
後半上げたゴールは3つ。スコアは3-2で見事、ジャイキリを達成した。
3試合目のサガン鳥栖U-15唐津戦も少し覗いたが、やはり守ではなく、自分らしく攻を意識すれば好チーム。
全国レベルでの戦いで得た自信、課題を山口へ持って帰ることができただろう。
サガン鳥栖U-15唐津
11山口拓巳③ 9三宮捷②
10古瀬雄大③8辻修平③
7中江豪③18寺田修斗②
3山田瑞貴③13松本涼③
2峰泰斗③4中川原泰輔③
 1内野顕人③ 

ガンバ戦の後半だけ観戦。前半はクロスバー選手の活躍で0-2で済んだが、後半ガンバの猛攻に失点を重ねた。
0勝3敗だが、要所要所で見せる上手さは目をひいた。設立4年目ながらU-18の多くもこの唐津出身が多い。
チームとしての成長は早い。この3連敗は決して無駄ではないんじゃないかな?
SSSジュニアユース
11粟飯原尚平③ 9高橋和史③
10渡邉和史③5進藤亮佑③
7齋藤貴裕③8高橋一世③
6水口達貴③2池田紘大③
4田鎖廣大③3佐藤亮介③
 1細谷励③ 

サンガ戦の前半だけ観戦。札幌の街クラブでこれまで山瀬兄弟に藤田征也ら9人のプロを輩出している。
横浜に0-5、サンガに0-8、岐阜VAMOSに0-3と見せ場なく敗退。
ただ、グループが悪かった。優勝、準優勝のチームがいた。ここでの悔しさは練習で晴らすしかない。
SC岐阜VAMOS
8村瀬勇人③ 11中村文哉③
14君垣隆義③19小瀬良優樹②
10古市拓巳③6高橋佑弥③
5長江紅輝③2大塚祐矢③
4杉山智哉③3田中道貴③
 1大西裕之③ 

横浜戦の後半を観戦。前半終了時には0-1だったが、後半はVAMOSペース。
目を惹いたのは古市。登録はFWだが、この時はtop下とボランチの間をやっていた。
身のこなしの軽さ、視野の広さが特徴。精度の高いキックでパス、セットプレーからチャンスを量産していた。
走り方誰かに似ているなぁと思ってたが、曜一朗に似ている。ちょっとダラーンってした感じ。
蹴り方も良くみたら似ているなぁ。この大会での一番の発見かも。
他に鋭い反応を見せピンチを救った大西や、精度の高い左足を持つ君垣らが良かった。
古市拓巳
ガンバ大阪ジュニアユース
14鎌田大地③ 7山崎拓海③
9高木彰人②11渋田哲弥③
6園部凌平③10井手口陽介③
5吉森海斗③2阿部勇輝③
4江郷下奨③3茶木創③
 1林瑞輝③ 

1勝1分1敗の3位でグループリーグを去ったガンバ。でも、チームとしては悪くない。
シュートパスで素早く繋いで、スピードのある前をどんどん生かしていく。
鍵は井手口。バネのある動きと柔らかなボールタッチ。持ったら中々奪われない。スルリと抜けていく。
また、持って活きる選手が多い中、鎌田は持てるんだけど、シンプルに叩いてアクセントを生んでいた。
守備では前の速い飛び出し光る林。186cmの江郷下も良い。
一番の注目は高木なのかな? GW中、検索でここに来る人がやたら多い(笑)
宇佐美二世と呼ばれるタレントだが、宇佐美よりはスピードを活用するタイプ。
持ってからのドリブルの速さ、ルーズボールへの速さが目を惹いた。
サイドに入れば好クロスを連発、前へ入れば裏への抜け出しで好シュートを連発。
与えられた役割はしっかりこなしていた。いい選手ってなだけじゃなく、スペシャルな選手を目指せる存在だ。
井手口陽介2高木彰人2渋田哲弥
ってな感じでFCコーマラントと神戸FCジュニアユースはしっかり見れてません。申し訳ない。
マリノスとサンガは決勝戦を別のページで書くので、そこで触れていきます。

とあるチーム保護者が『予選の時のようにうまく行かない』と話しておられた。
それが全国レベルなんだなぁと。一つレベルが上がることで、これまで通用していた間合いでプレーできない。
ボールを貰うのに一つにしてても待ったいたら奪われる。前に出て受けにいく作業などが必要だったりする。
そこに気づき、日ごろの練習や試合でその動きを意識し、プレーの質を少しずつ上げていく。
サンガは勝って世界への扉を開いたが、負けた彼らも成長への大きな扉を開くことができたんじゃないかな。



    スポンサーサイト
    コメント

    管理者のみに表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。