スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リスクを犯す者~プレミアウェスト C大阪U-18 vs 福岡U-18~

2011.04.17.Sun
地震の影響で開催が一時、stopしているJリーグ。再開幕までの間、予約していたスタジアムは待ちの状態だ。
そんな“宝の持ち腐れ”を解消したのがセレッソ。プレミアの開催をJ-GREEN堺のS2からトップで使用するつもりだったキンチョウに変更した。傾斜核と椅子が少なく、観戦には不向きなS2と比べ、格段に増す環境である。
スタジアムに入ると、“これは本当に関西か?”と思うほど、観客が多い。
ユース支援を目的としたファンクラブ“ハナサカクラブ”会員用に開放されたゴール裏はもちろん、
メインスタンドにも観客はずらり。佐川印刷の試合より、確実に多い(笑)。
“皆、サッカーに飢えてるんだな”と思うと共に、サッカー熱の高まりを実感し少しジーンときた。
セレッソ大阪U-18
10南野拓実② 9風間健治③
8西村洋亮③7小暮大器②
6秋山大地②15岡山宗星②
14岡田武留②3藤原雅斗②
5永田慎二②4小池佑平③
 1鶴崎智貴③ 

2月末にガンバとのTMを見た際、今年はちょっと勝てないかなと感じていた。色々あって3年生が少ない。
秋山、南野、木暮、永田と2年生にタレントが揃い、彼らを軸にした“来年の”チームだからだ。
MF金永洙、平田翔、丸岡満、FW勝田一秀、大津耀誠といったルーキーもスタメンを争うレベルにある。
今年はプレミア残留を狙いつつ、彼らに高い経験を積ます我慢の年になるだろう。
アビスパ福岡U-18
35中島賢星 9三苫元太③
12梅野健太郎②29山口晃大①
17西村俊大②8桑野淳史③
18前田央樹②2浦郷雅也③
15中村崇修②4倉富裕也③
 1朝川知樹③ 

ここ数年、下部組織に力を入れてきている。U-18段階に加え、U-15の段階で近隣の多府県から選手を集めている。
フィジコを雇ってみたり、食育を取り入れたり。自前でやっていこう!という意気込みが感じられる。
昔はU-15からU-18への進学の際、東福岡なり地元の強豪校へ主力が流れていたが、ここ数年は改善。
今年にいたっては全員が残ってくれた。こういった取り組みが功を成し、去年はプリンス九州優勝。
今年も多くのメンバーが残っており、力はある。桜谷将悟がいないのはちょっと残念だが・・・

試合はまず福岡から1stシュートから始まる。
4分、ハーフラインからのFK。ゴール前へ上がったボールを三苫が頭で落として、中島がミドルもGK正面。
この中島賢星はまだ中3。筑陽学園高のDF中島大貴の弟。体躯がしっかりしており、足元も巧み。
基点となってポストをこなしながらも、外へ流れたり、すっかりチームの軸。
中島賢星
5分、C大阪。右からフワリとしたクロス。GKが零したのを風間がシュートもGK正面。
C大阪は風間、南野が外へ流れて連携と個の力で切り崩して行くのに対し、奪ってから桑野、中島を経由しスペースへの放り込みから、三苫を使う。両チームとも2topの力を押すチームだ。そこに注目して試合を見よう。
そう思った矢先だった。全然、関係ない所で試合が動く(笑)。
8分、福岡。右CKをファーで桑野がヘッド。ボールを追いかけ、前へ出たGKの上を越し、ゴールへ向うボール。
確実に先制点なシュート。しかし、岡山が手で防ぎ、なんとかクリア。もちろん、一発レッドである。
PKを得たアビスパ。これを三苫が落ち着いて左に決め、先制点を獲得した。

岡山を埋めるべく、西村がボランチに落ち、南野が左MFへ。4-4-1へと変更。
開始早々にハンデを背負ったが、1人分の差を感じないサッカーを展開する。
14分、南野を基点に細かいパスワークで右から左へ横断。ラストは南野が風間とのワンツーでPAへ入りシュート。
18分、左サイドで回して様子を見つつ、外に開いた風間へ大きく展開。中の南野へ当て、リターンを小暮が狙う。
左サイドへ回った南野。FWに比べ、プレスが緩い分、ノビノビとプレーできている。
この選手はホントいい。技術の高さは何よりゴール前での冷静さ。ネットにパスをする感覚で狙える。
あと、上半身の使い方。体格に恵まれていないが、上半身の動きで相手をすり抜けていく。あまり見ないタイプ。
南野拓実
追加点を奪い楽になりたいアビスパだが、攻撃は2topへのフィードからのカウンターのみ。
三苫のキープからチャンスは作るが、中盤以下の押し上げが少なく決定機が作れない。
シュートのほとんどが三苫が得たセットプレーからの物のみ。
明らかに得点後、失点のリスクを恐れラインが低い。得点の匂いが薄いまま前半が終了する。

後半開始と同時にアビスパは梅野→MF三島勇太③、前田→DF増田拓也③と投入。
三島はパスセンスのある選手。縦へ急ぐだけでなく、起点を作って落ち着かせようという意図。
増田は前半、崩されがちだった左サイドの修繕だろう。
前田は攻撃力はあるが、コンバートされたばかりでまだ守備は勉強中。今日は勉強になっただろう。

後半に入って、セレッソが高いラインを保っている。
ボール保持の際は永田、小池、藤原の3人がハーフラインの位置をキープ。
岡田が外に張り出し、3-4-2に近い。2topが外に流れなくてもサイドを突ける→前線に人がいる。
カウンターを食らえば即失点もの。しかも、1人少ない状況だ。
でも、ビハインドの状態で点を奪いに行くにはリスクを背負うしかない。
何度か薄くなったDFラインを三島、三苫に狙われるがDFの踏ん張りとGKの好セーブに救われる。
そして、25分。セレッソのDFラインから蹴りこんだルーズボールが相手DFに渡る。
建て直しを図ろうと、一旦GKへとバックパス。これを南野がカット。
そのまま、無人のゴールへ流し込み、待望の同点弾が生まれた。
その後もセレッソの攻撃は続く。31分、自陣でのカットから大きく右へ展開し。
これを受けた木暮素早く縦へ抜けるが浦郷に倒される。浦郷にイエロー。FKを南野が狙うも大きく上。
33分、岡田がカットから一気に前線へ展開。いい位置に入るも、ゴール前の木暮と合わず。
34分、後方からのボールが相手DFとGKの間に落ちる。南野競って、CKを獲得。
負けられないアビスパ。41分に左からダイレクトで繋いで右の浦郷に。
PAにフワリといれ、途中出場のFW阿部舜③がフリーで狙うも枠の外へ流れる。
終了直前、岡田が中へクロス。途中出場のMF西村拓馬③が中央でヘッドで落として、左にいた南野へ。
落ち着いて、ゴールを狙う。決定機だったが、判定は西村のオフサイド。
オンだと思うけど、戻りオフサイドを取られたんだろう。そして、終了のホイッスルが鳴った。

会場ではポケットサイズでハンドブックが無料配布されていた。
そこには、プレミアの日程・仕組みとともに、リーグ戦文化のメリットが書かれている。
実力伯仲の激戦、出場機会の創出とともに書かれていたのが、“リスクにチャレンジ”である。
この日の一戦、リスクを背負って積極的に前に出たセレッソが勝負を制した。まさにである。
この2チームを含め、プレミアウェストにはほとんど力の差がない。
一発勝負のトーナメントでもない。やり直しが何度も出切る大会だ。
恐れずに、リスクに挑める者。それが試合の勝敗だけでなく、サッカー人生の勝者へと近づけるかもしれない。
桑野淳史秋山大地





    スポンサーサイト
    コメント
    桜谷将悟何でいないんですか?
    Re: タイトルなし
    桜谷については僕はちょっと分からないです。去年の東福岡の松内みたいにサッカー続けてるか再開してくれるといいんですけど…
    まさかやめてるなんてことわないですよね…

    管理者のみに表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。