スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏を考える

2012.08.01.Wed

    夏の遠征第一弾ということへ先週木曜夜に家を出て、金曜、土曜は群馬でクラ選を観戦。
    日曜日からは長野県に入り、高校総体を観戦しております。試合レポなどはエルゴラで読んで頂ければ…

    今日は総体の中日ということでお休みをとも思いつつも、お誘いを受けて、日帰り群馬でクラ選Round8を観戦。
    負けはしたものの、初のGL突破を果たした仙台と横浜FCとの戦いぶりには心を打たれました。
    ただ、選手・スタッフの頑張りとともに感じるのが今大会で浮かぶ色んなハテナ。
    日本一の高温を誇る群馬での開催意義については、
    川端暁彦氏が群馬の夏、過酷な戦いに思う「これでいいのか?」と、このような疑問を呈している。
    同じく、下増田の暑さにやられ、遠くに見えた木が一瞬でもニッキに見えた僕は、
    冒頭に出てくる頓珍漢なエピソードを笑えないのは残念ではあるが、全面的にこの意見に賛同だ。

    選手の安全を守るという点と同時に運営上で僕らに分からない考えがあるのかもとも思う。
    運営をサポートするtonan前橋の関係者の熱意には頭が下がる。
    すぐに開催地を変える難しさが分かるからこそ、僕たち大人が選手たちにしてやれる何かがあるかもしれない。

    雑多にその何かを考えている中で、ちょっと寂しい出来事を目にしてしまった。
    それはRound8 サンフレッチェ広島FCユース対横浜FCユースの試合での出来事。
    前半の半分を過ぎ、飲水タイムが設けられた。ピッチ脇に用意されたドリンクを口に含む広島ユースの選手たち。
    と、同時にスタッフ、控え選手たちが冷たい水を湿らせたスポンジをあてたり、絞ることで選手たちの熱を冷ます。
    「命が危ないので、どうやってより冷やすかを考えた」(森山佳郎監督)すえのアイディアである。
    すると、第四審が駆け寄りこう話す。「スポンジはやめてください」。
    審判団としては“規則にスポンジの使用は書いてない”ためにとった制止だとか。
    2種の大会では熱中症の危険を避けるため、湿球黒球温度が28度を越えると飲水を義務づけている。
    給水ではなく、飲水という言葉で統一されているのはあくまでも水を飲ますことを目的かしているからなのだろうか?ただ、少し考えてみて欲しい。“何のための飲水なのか”。水を飲ますことが目的ではなく、あくまでも、プレーコンディションを保ったり、熱中症を避けるための飲水である。
    ルールにないことがしにくいということは良く分かる。現在の規則はあくまで飲水であり、給水ではない。
    でも、そもそもを言うとFIFAは試合間隔を48時間以上とすることを求めている。
    40度近い灼熱の地での6日で5日を行うということはルールブック外のことをやっているわけだ。
    ルール外のことをやって選手を追い込んでおいて、この対応は違和感が残る。

    会場確保、金銭の負担など開催についてはすぐには解消できない様々な問題が出ている。
    ブロゴラにも書いてあるが、朝や夕方以降の開催を行うというのも一つの手である。でも、もっと簡単に出来ることがある。「競技規則より命の方が大事でしょ」森山監督の言葉はプレーに関わる全ての人間の代弁であろう。
    スポンサーサイト
    コメント
    クラ選は出場チームを32にしてトーナメント制にすれば休息日多く取れるんじゃないですか?

    管理者のみに表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。