スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラ選U-15関西大会 Round16 前編

2012.06.16.Sat
今週はU-15。クラ選U-15の関西予選が佳境を迎えている。関西から全国への枠は7。上位5つがクラ選本戦、6,7位がデベロップ行き。8位以下のチームにもJCYインター・シティー・カップの出場権が与えられる。Round16ではJ GREEN堺の2ピッチで4試合ずつ8試合を消化。各チームを観たいために前後半分けて観戦するというスタイルをとる。
センアーノ神戸ジュニアユース
 8川崎泰希 
 14平谷成矢③ 
11山口将輝③10平谷充矢③
15大寺泰楽24中島昂
3川口陽良2原田貴生③
6二宮遼太朗③5吉永唯人③
 1瀬川拓磨③ 

柏田SC
19鳥越一希 6川辺雄貴
9清水宏祐18橋本将
7金沢利生80坪井謙伍
14石田大晟5豊原久輝
22呉原正浩10實井理音
 1高山竜太朗 

20分、神戸。ゴールキックから右サイドの平谷充へ。
前線の川崎へとパスを繋ぎ、後方の平谷成とのワンツーで前方へ出てシュート。
29分、神戸。左サイド高い位置で川崎がボールキープ。後ろから上がった川口に預け中へパス。
平谷成がゴール前で受けてシュートを狙うもバー直撃。
34分、柏田。右サイドを川辺が持ち上がりPA右手前で相手DFをクルリとかわし中へマイナスのパス。
PA前で金沢がこれを受けて、縦へパス。橋本がゴール前で受けて、再び後ろへダイレクトパス。
川辺がミドルでゴール上を狙うもGKがなんとかパンチでCKへと逃げる。
37分、柏田。PA手前でのFK。實井が直接狙うもわずかに上へと逸れる。

チャンス自体はセンアーノの方が多かった。たぶん双子であろう平谷を起点に前線のスペースへボールを配給し、川崎らがこのボールを狙う。ただ、柏田も負けてはいない。CBに入った實井、中心にしっかりシャットアウト。
キャプテンを務めた實井はパッと見て後ろ姿が良かった。姿勢がスラっとしていて、腰周りの肉付きが良い。
当たり負けしないだけでなくしっかり周囲が見れているので、うまくスペースに走りこんで決定機を作らせない。
GKの高山のコーチングもグッド。単に指示が出せるんじゃなく、前向きなコーチングがかけられる。
この試合であった“もっと皆誉めてやろうや”ってなかなか言えるもんじゃないですよね。
センスというのは技術ばかりに目が行きがちやけども、彼のコーチングというのもセンス有るなと感じました。
ガンバ大阪ジュニアユース
14小田垣旋③ 9高木彰人③
10岩本和希③15堂安律②
8田中駿汰③6市丸瑞希③
5初瀬亮③2谷田想太朗③
3松岡秀平③4吉岡裕貴③
 1山本一喜③ 

RIP ACE SC
1鶴海政晃② 99藤尾悠也③
10鈴木豪③77阪口加海③
22林尚輝②66井上航太郎③
11山元潤③5津村虎太朗②
55野口正吾③44田上雄大③
 39和田崇仁③ 

後半開始時のメンバー。JFAプレミアの王者相手にRIPが前半1-2で折り返し。
45分には右サイドから放ったシュートのこぼれ球を林が押し込んで同点に追いつく。
サンライズリーグに参戦してきたようにここ数年RIPの躍進には目を見張るものがある。
去年観た感じではセゾン、静学系の仕掛ける技巧派揃いのイメージだったが、今年はどうやら違う。身体を投げ出しガンバを追いかけ、球際でもガツガツ。ガンバは流れを切られ、思うように試合を進めることができない。
それでも12分、ガンバ。自陣右でのカットから右サイドの岩本へとフィードを入れると、岩本がPAへとダイレクトパス。高木が抜け出し、GKとの1対1に。頭上を狙うも、わずかに上へ逸れていく。
62分、ガンバ。ハーフウェーライン付近で市丸が相手パスをインターセプト。
クルっと前を向いて素早くゴール前へとスルーパス。小田垣がPA右でフリーで受ける。
相手GKがセーブを狙いに前に出たのをかわし、左隅に流しこんで3-2。リードを広げる。
この1点で意気消沈したのかRIPの運動量が低下。ガンバが自由にボールを運ぶ時間が増える。
64分、ガンバ。市丸がエリア左で相手パスを奪うとそのままドリブルで左サイドを突破。
PA入った所で相手DFに囲まれるも強引にかわし、左上に決めて4点目。
74分いも左サイド高い位置でのスローインをパスで繋いでPA手前まで運ぶ。このボールを途中出場のFW中城涼③がシュート。相手DFに当たり、コースが変わったボールにGKは反応できずネットを揺らす。
終了間際の82分にもエリア右からの浮き球のパスがゴール前で混戦に。
PA左にこぼれたボールを小田垣が決めて終わってみれば6-2。RIPの善戦とともにガンバの強さを感じた一戦だった。
京都サンガFC U-15
24杉村祐樹② 22三田尻和哉②
9中尾友星③4沼大希③
15小川礼太③8木下英駿③
3岩澤友也③7高木將圭③
2武市穣太③5荻野広大③
 21若原智哉① 

ヴィッセル神戸・伊丹U-15
 15松浦享宏② 
9柏木恵介③2島田翔馬③
10福元祐介③13稲生慎平③
 16伊集院宏太③ 
6黒川圭介③5豊田大樹②
3東隼也③4東紘平③
 12鶴田海人② 

2試合目へと移ると同時に雨足が強まってきた。屋根下にいるものの横殴りの雨でろくにメモが取れない。
15分、京都。自陣でのカットから右サイドへ展開し、ゴール前にクロス。PAで受けた杉村が後方へ落とし、沼がミドル。
18分、V伊丹。エリア中央で稲生がボールキープ。DFを寄せてPA左へ浮き球のパス。
走りこんだ柏木が後ろへ落とし、福元がシュートを狙う
30分、京都。エリア中央でのFK。沼が左下を狙うもGKが弾いてCKに逃げる。
33分、京都。エリア右でのFK。沼がPA左に低く入れたボールを
三田尻が体勢を崩しながらもヘッドで合わせてサンガが先制し、前半を終えた。

この試合で良いと思ったのは東隼也。ナショトレの常連でもあるセンターバック。
身体が強く体勢を崩しながらもしっかりと競り合いに勝てるだけでなく、正確な起点で後方からフィードを送り、攻撃の起点にもなれる。機会さえあれば上に呼ばれてもおかしくない素材だと思う。

残り半分は後半に続く。
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。