スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校総体大阪予選 決勝リーグ2節 大阪桐蔭高校 対 桃山学院高校

2012.06.02.Sat

    高校総体大阪から全国への枠は2。地区トーナメント、中央トーナメントを経てベスト4を決定。
    総当りのリーグを行い、1,2位が全国行きの切符を掴む。1日目を終えて、唯一勝利をあげた大阪桐蔭が一歩リード。
    2日目でも勝利をあげれば、2位以内が確定する。
    大阪桐蔭高校
    13臼井裕弥③ 10丹羽詩温③
    14白井康介③9松木政也③
    7上田侑弥③17西山秀祐③
    8村川亮太③3田渕大貴③
    6河野勇太③4三浦弦太③
     1水野竜③ 

    桃山学院高校
    21丸本周旦② 4天正修太郎③
    10西彰太③22川�隆平②
    25松本直樹②6西村洋尚③
    24北本真一郎①17西岡悠平③
    23片岡大基②3大久保伸哉③
     1恵崎弘靖③ 

    序盤、試合を進めたのは桐蔭。4分、自陣左から村川が縦へのフィード。白井が深い位置でボールを受けてドリブルで中へ進入。シュートを打ちに行くもDFが寄せて打てない。強引に突っ込みに行くもファールを取られる。
    6分、相手の緩いパスを白井が自陣でスピードを生かしカット。
    勢いそのまま左サイドへ流れ、ゴール前に出ようとするもタッチが大きく相手DFに。
    9分、桃山の左CK。ゴール前に低くボールが入る。混戦のこぼれ球を三浦が頭でクリアに行くも相手と接触。
    後頭部を出血し、ピッチを退く。試合開始直後に訪れたピンチに対し、
    桐蔭は田渕が中央に回り、一枚減ったDF陣の穴を中盤がこまめにケアすることで対応。
    16分にDF藤林航平③が入るまでの数的不利をうまくたえしのぐ。
    18分、桐蔭。DFラインでのボール回しから右サイドの田渕。ダイレクトで縦に預けて、松木がドリブルで前へ。
    相手DFにコースを切られた所で白井とスイッチして再度、縦を狙うも生かせず。
    20分、桐蔭。ハーフウェーライン右寄り。中盤でのボール回しから西山が左サイドのDF裏へロングボール。
    松木が抜け出しトラップで中へ切り込みシュート。ネットを揺らすも判定はオフサイド。
    21分、桃山。DFラインから前線へロングフィード。相手DFに渡るもトラップが大きく天正の足元へ。素早く左サイドに流して、フリーで抜け出した川崎がシュートもGKの正面。弾いたボールを西が詰めるも、枠の大きく上。
    28分、桃山。相手DFのロングフィードを天正がハーフウェーライン付近で天正が足を伸ばしクリア。
    こぼれ球が前線の丸本に渡る。ダイレクトで後ろへ落として、西が素早く右サイドへ展開。
    川崎がドリブルで中へ切り込みシュートもGKの正面。
    29分、桃山。左サイドでのスローインからゴール前へパス。PA左で受けたmるもと。
    切り替えしでDFを1人かわしてフリーでシュートを狙うも水野が好反応を見せて、CKに。
    31分、桐蔭。相手陣内でのFKはGKに恵崎がセーブ。素早く前線へキックを送るも今度は桐蔭DFがしっかりクリア。
    このボールが前線に入る。臼井がヘディングでPA左へと流れシュートも恵崎がセーブ。
    34分、桐蔭。自陣右サイドから立ての白井。速さを生かしたドリブルで独走するも、25m付近で倒されFK獲得。
    キッカーは上田。PA中央へフワリと入れたボールを白井が頭で合わせるもバー直撃。前半を終える。

    後半開始、直後。38分、桐蔭。自陣でのボール回しから藤林が右サイドへ流れ、PA左へロングパス。
    相手DFに渡るも、DFがクリアミスし、丹羽の下へ。落ち着いてPA中へ切り込み右下に流し込む。桐蔭、先制。
    41分、桃山。右CK。ゴール前にまいて入れたボールを西村がヘッドも枠の外。
    46分、桐蔭。エリア右で白井。ドリブルで刻みつつ、上半身の揺さぶりでじわじわとPA右へ持ち込みシュートもGK。
    47分、桐蔭。クリアボールが前線へ入る。エリア右で丹羽が受けて、浮き球のパスをDF裏へ。
    松木が胸トラップで抜け出しシュートもGK正面。
    53分、桐蔭。相手フィードが自陣でこぼれる。これを白井が拾って縦へフィード。
    中央から臼井が相手DFを連れて右へ開く。ボール落下点に入り、トラップでDFかわるも2人目に奪われる。
    57分、桐蔭。左サイド、丹羽が後方からのパスをダイレクトで中へ。受けた上田がダイレクトで左スペースへ送る。反応したのは途中出場のFW喜多翔③。前に出たGKよりも先にボールに触るもタッチが大きくライン割る。
    62分、桃山。丸本が左サイドでボールを奪うとすぐさま中央の西へパス。
    ゴール前へドリブルで進むも桐蔭DFがしっかり併走。コース切られながらも強引にシュートを狙うもGK正面。
    63分、桃山。右サイド松木からCK付近の白井へとパス。初速で相手DFをかわすと中へパス。
    マイナスに入ったボールに相手DFは反応できず、PA左で喜多がフリーでトラップ。落ち着いて右下に決める。

    2-0。大阪桐蔭が2連勝を決めて、1試合を残し2位以内が確定。全国行きの切符を掴んだ。
    スポンサーサイト
    コメント

    管理者のみに表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。