スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校総体 滋賀予選準決勝 草津東高校 対 綾羽高校

2012.05.31.Thu

    各県の総体予選も日程が進み、山場を迎えつつある。
    滋賀では野洲、草津東、綾羽のプリンス勢に加え、県1部で首位を走る水口東がベスト4進出。
    しっかりチェックできてないプリンス勢に加えて、水口がどんなものなのか気になったのでフラッと向かう。
    近江八幡で近江電鉄に乗り換え、30分ほど。最寄りの大学前で下車。
    不便なとこではあるがこれで3度目の訪問。遅れ気味ながらも何とかk.o直前に到着。
    綾羽高校
    11西村勇輝③ 10山本涼太②
    8柴田貴史③14奥井良樹②
    6松浦蓮③7千田晃世③
    17島川涼太③4溝口伸也③
    3水谷力也②5和田翔太③
     1山嵜啓吾③ 

    草津東高校
    10村上佑太③ 15番度博貴②
    7宮崎隆士③11門脇拓哉③
    19上村蓮樹③8横山正太③
    6宝本知樹③2田中佑亮③
    4大内勇人③3平井光③
     1津田茂範③ 

    まずは草津東。6分、右サイドでボールを受けた門脇が加速で縦を突破し、中へクロス。
    勢い良く戻った相手DFの裏へ抜けて、PA左から村上がシュート。ミートせずに枠の左にそれていく。
    7分、今度は綾羽。エリア右でのFK。溝口が巻いてゴール前に入れたボールを松浦が頭で合わせに行くもファール。
    11分、草津東。相手守備陣のバックパスの乱れをPA右で門脇が奪取。すぐさま中へパスも村上と合わず。
    15分、草津東。自陣でのボール回しから大内が縦パス。村上が引いて受けて素早く前へ向き左サイドのスペースへとスルーパス。飛び出した門脇がドリブルで中へ切り込み、右下へシュート。GK弾いたボールを番度が反応も押し込めず。
    18分、草津東。右サイドからDF裏へのスルーパスに村上が抜け出しドリブルで独走。
    GKとの1対1に持ち込むも並走していた水谷が身体を寄せてシュートをブロック。
    20分、綾羽。右サイドで開いて受けた山本が縦へスルーパス。
    奥井が走りこんで、受けるとドリブルでPAへ切り込んでシュートを打つも、大きくふかす。
    22分、草津東。門脇が相手のドリブル突破を倒して、イエロー。
    24分、草津東。右CKはクリアされるも宮崎が左サイドでボールを拾う。素早く中へ折り返しの低いボールを入れる。中央の門脇が受ける姿勢から後方へスルー。釣られた相手DFの後ろから平井があわすもオフサイド。
    27分、草津東。自陣でのボール奪取から素早く相手DF裏へとロングフィード。
    走りこんだ村上がPA右で受けに入る。胸トラップで中へ切り込み、落ち着いて左下に流し込んで先制する。

    「立ち上がりは相手にやられてしまっていて、どっちが先に点をとってもおかしくなかったと思う」雨森康監督がそう振り返った中での大きな先制点。一点を奪ってからは草津東が完全に試合の流れを手繰り寄せる。

    直後の28分、草津東。DFラインでのボール奪取から左サイドひいて受けた宮崎が前線へグラウンダーのパス。サイドで受けた村上がドリブルでゴール前に進入。PAに入った所でシュートモーションに入るもトラップ大きく、GKが難なくキャッチ。
    31分、綾羽。ハーフウェーライン手前でのFK。溝口が大きくゴール前へ展開。
    後方から飛び込んだ松浦がヘッドに行くもわずかに合わず。
    32分、草津東。GKから左サイドの宮崎へと大きく展開。ボールキープでタメを作り、押し上げを待つと中へパス。
    中央で受けた横山が遠めからシュートを狙うも惜しくも枠の左へとそれて、前半を終える。

    後半開始直後の37分、草津東が再び動く。ハーフウェーライン付近まで引いて受けた村上から中央右寄りの門脇へとパス。ゴールまで30m付近。中へ切り込み、チェックに入るDFをスピードで寄せずにスルスルと突破。
    PA手前から放ったシュートがネットを揺らし2点目をゲット。
    46分、草津東。中央から右サイドへとスルーパス。上がってきた田中が縦の門脇とのワンツーで深い位置まで切り込んで中へクロス。ミートせずにマイナスに入ったボールを宮崎がボレーも勢いなくGKのもとへ。
    50分、草津東。左CK。フワリとPA右に入ったところで、横山がヘッド。
    ゴールライン上に立つ相手DFの足元へ入る。すぐさま蹴り出すも、副審の判定はイン。大きな3点目ゲット。
    続く52分も草津東。上村の縦パス。PA手前で村上が削られながらもPA左へと流す。
    反応したのは左サイドから飛び込んだ宮崎。フリーの宮崎は落ち着いて右隅に流し込んでダメ押し。
    草津東がプリンスリーグのライバルを大差で突き放し、久々の全国大会へと一歩近づいた。
    スポンサーサイト
    コメント

    管理者のみに表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。