スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関西学生選手権 準々決勝 姫路獨協大学 対 大阪体育大学

2012.05.27.Sun

    第2試合は大体大と姫路獨協。姫路獨協の昌子監督は大体大出身という下克上対決である。
    で、昌子監督といえば、最近、ここでこんな記事などを書かせて頂きお世話になりました。

    こんな選手は苦労する?少年サッカーで見落としがちな"蹴る技術"
    http://www.sakaiku.jp/column/technique/2012/002422.html

    姫路獨協大学
     23上野佑輔③ 
     6武井優③ 
    28尾花和真④29小西将人③
    36小原勇人②30田村健太②
    16五百川雄太③43山根拓己②
    3野拓人④22中坂勇貴③
     1重富大輔④ 

    大阪体育大学
    10澤上竜二① 9伊佐耕平③
    11田上勇輝④6山本大稀③
    7國吉祐介①8山田貴文②
    5馬場将大④14池永航③
    4濱上孝次④12坂本修祐②
     21森廣泰彦④ 

    という軽く宣伝を交えてみつつ、試合スタート。
    まずは1分、大体大。右スローから山本が抜け出し中へマイナスのパス。田上がダイレクトでシュートも枠の上。
    6分、大体大。左サイド田上起点のボール回しが混戦に。一旦、田上から中の山田へとパスを入れて、中央左寄りでリターンを受ける。すぐさまDF裏へ浮き球のパス。伊佐の足元に入るもトラップが大きくGKキャッチ。
    7分、大体大。DFラインからのロングボール。相手DFがヘッドで弾き返したボールを中央で拾って右の山本へ展開。
    すぐさま中へクロスを入れるも、相手DFは再度ヘッドでクリア。セカンドボールを國吉が拾って今度は左へ展開。
    再び中へクロスを入れて伊佐がヘッドで合わすも枠を捕らえず。
    22分、大体大。自陣左でのカットから縦へとパス。左サイドの11から中央へとパスを受ける。
    ひいて受けに行く澤上。ついて行く中坂。インターセプトのため飛び込むも澤上がうまくかわし、独走。
    ラインを高く上げていた姫路DFは追いつけずGKとの1対1まで持ち込む。
    PA左からGKの右下を狙うもGKにかすり、勢いがなくなってしまい、DFがクリア。
    28分、姫路。右CK。武井のキックは外に流れてDFにクリアされるも、高い位置で小原が処理。
    胸トラップでうまく左足の蹴る位置に落としロングシュートを狙うも森廣が好セーブ。
    30分、大体大。左サイドからDF裏へのフィード。重富が前に出てクリアに入るがスベってしまう。何とかクリアされるもセカンドボールを左で拾って再び中へ低いクロス。武井がヘッドで合わすもGK弾き何とかゴールならず。
    34分、姫路。五百川が左を上がって中へクロス。
    低く入ったボールがPA中でDFにあたり、こぼれ、これを詰めるもGKが処理。

    姫路、昌子監督が「相手は蹴ってくる。蹴られたら追いかけないといけな。苦しいかもしれないけど、前半はしっかり耐えよう」と話していた通り、体大は徹底したロングボールで相手陣内へと押し込む。
    ただ、蹴って前線へボールが入るものの、姫路の小原、田村のダブルボランチを中心にセカンドボールをうまく拾われ、決定機まで持ち込めない。持ち込んでも重富がこの日はファインプレーを連発。
    「チャンスはあったのに、あまりにも点が取れなかった」
    坂本監督が振り返ったように大体大としては悔やまれる前半だったといえる。

    後半開始。8分、大体大。ハーフウェーライン左でこぼれ球が浮き球に。
    拾った馬場がオシャレなルーレットで相手DFを3人かわして前線へスルーパス。
    伊佐が反応するもGKが前に飛び出しセーブ。
    58分、大体大。馬場、山本の連携で左を崩すも相手DFブロック。こぼれ球を田上が拾ってドリブルからシュートもGK。
    69分、姫路。大体大のクリアを田村が拾って右へ展開。
    ゴール前にい低く入ったボールを武井がスライディングで合わすも枠の右。
    74分、大体大。入ったばかりのMF井上航③が後ろからひっかけイエロー。
    79分、大体大。左CKは跳ね返されるも左から中へ再び入れてファーで濱上がヘッド。
    ゴール前に落ちたボールが澤上の足元へ入り、後ろへ落としたボールを再び濱上がシュートもDFブロック。
    85分、大体大は山田に代えて、FW脇睦④を投入。中盤を山本、井上の2枚にして、4トップで攻めに出る。
    86分、大体大の右FK。PAに入ったボールが混戦に。
    脇がこぼれ球をシュートもGKブロック。セカンドボールを狙うもシュートは枠の左にそれて延長戦へ。

    延長前半3分、大体大。中盤から左サイドのスペースへとフィードを入れて、脇が抜け出しにかかる。
    追うのは中坂。スライディングで当てたボールがこぼれドリブルストップ。
    それでも強引にシュートに出るもGKが前に出てセーブ。
    延長前半4分、姫路。中央から右サイドへ展開し、小西が中へ低いクロス。
    DFが弾いたボールが右サイドにこぼれ途中出場のMF友成健悟②がシュートもGK好セーブ。
    延長前半9分、大体大。左でのカットから右サイドの澤上が大きくサイドチェンジ。
    カットインで軽く中へ入り、中へとパス。走りこんだ中央2枚の後ろを抜けて反対サイドへ入り脇の下へ。
    切り替えしからシュートを狙うもDFにあたりCKに。
    延長後半も両者得点を狙いに出るもスコアは動かず、決着はPK戦へ。
    先行、大体大の一人目、山本がGKに触られながらも右下に決めたのに対し、姫路の一人目のキックはバー直撃。
    続く二人目も大体大の田上が左下に決めたのに対し、姫路、武井のキックは森廣がセーブ。
    その後大体大は3,4番手もきっちり決めて、4-1で準決勝進出と全国への切符を掴んだ。
    スポンサーサイト
    コメント

    管理者のみに表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。