スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑多にサンライズリーグ

2012.04.21.Sat

    今週は久々にビッグレイクへ出動。アクセスは守山駅からバスで20分ほど。ただ、本数はそれほど多くない。9時代のバスはなく10時キックオフに合わそうとなると、8時30分のバスに乗らなくてはならない。バスに乗り込んで着いて1時間ほど何しようか?んなこと考えてたら、ふと気づく。「デジカメにSDカード入れてったけ?」
    デジカメを開けてみると案の定、入っていない。これはまずい… 近所のコンビニへと探す旅へ出ることに。
    1件目。一番、近所にあったコンビニは潰れている。20分ほど歩いて、次のコンビニに到着。
    営業はしているものの、今度はSDカードがない… 仕方なく、とぼとぼビッグレイクに戻ることに…
    そんなことをしていたら1時間はあっという間。5分ほど遅れて試合観戦が始まる。
    ヴィッセル神戸U-15
     10石川慧③ 
     26谷川勇磨① 
    17中矢純之介③9松原啓介③
    19中坂勇哉③4金田拓海③
    8大隅育志③16大迫暁③
    23上田駿斗②2藤谷壮③
     21青彰真② 

    京都サンガFC U-15
    22三田尻和哉② 10田中悠介③
    9中尾友星③8木下英駿③
    6守屋圭幾③15小川礼太③
    3岩澤友也③7高木將圭③
    2武市穣太③4沼大希③
     16佐藤由維斗③ 

    ここ数年、育成へと力を入れる両チーム。神戸は去年のクラ選でベスト4,京都はJFAプレミア2連覇と結果もしっかりついている。U-18への昇格者も内部組がほとんど。多くのチームが今年、内部昇格者が多いというのを見ていると、育てるとかピックアップするという作業は3種年代で終わっていることなのかもしれない。年々、この年代の重要性が高まっているように感じる。

    まずは17分、京都。武市がDFラインから前線へフィード。
    PA左に落ちたボールに三田尻が反応するも相手GKが前に出てセーブ。
    25分、京都。DFラインからのパスを三田尻が右に開いて受けてドリブル開始。
    寄せてきたDFを強引に振り切り、深い位置から中へ低いクロス。走りこんだ中尾がニアで合わせて京都が先制。
    30分、京都。後方からのクサビを前線で田中が受けて、後ろへ落とす。
    このボールを中尾がミドルシュートもGKの正面。京都ペースで前半が終了する。

    後半開始。43分、神戸。相手DFがクリアを空振った所を中坂が奪ってPAへと進入するもGKが前に出て処理。
    47分、京都。藤谷がドリブルで前へ出た所を守屋がカット。素早く三田尻に預けてシュートを狙うも勢いなくGKに。
    51分、京都。後方からのクサビを三田尻がDFを背負いながら後方へと落とす。
    受けた小川がDF裏へとスルーパスを通し、三田尻が抜け出してリターンを狙うもDFに阻まれる。
    55分、神戸。左サイドからのクロスを中央で石川。クルッと1回転し、DFをかわしながら左に流れる。
    寄せたDFにうまく当ててCKをゲットするも、このCKは生かせず。
    少し目を離した瞬間に京都は杉村が加点。2-0で試合を終える。

    サンガの安定した試合運びは去年と同じく。手堅さはこの年代屈指だろう。
    各々、止める蹴るの技術がしっかりしており、ボールロスが少ない。
    ボールを受ける角度であったり、速度であったりに気をつかい、
    後方での繋ぎから、スピードを上げて相手陣内に持ち込む。
    目を惹いたのは三田尻。まだ2年のFW。ファーストタッチの置き場所がうまく、次のプレーに進みやすい場所に置くので受けてからの一連の流れがスピーディーだ。タッチの上手さを生かしたドリブルからDFが寄せた瞬間にムリせず叩く姿はおもしろかった。神戸では上田。こちらもまだ2年のCB。
    CBとの技術としてより、視野の広さが目についた。試合中、絶えず首を振って周囲の情報を確保。
    持ったら左右両足で前方へうまくボールを配給。身長も172cmと大型。
    順調に育てば岩波のような選手になるんじゃないかと思わせる選手でした。

    プリンスの草津東対神戸国際大学附属を少し覗いて2試合目へ。
    宇治FCジュニアユース
    10福本輝一③ 11大川聡一郎③
    20廣田優志②9濱田浩司③
    8長谷川輝③6前田拓海③
    2森啓生③3小川浩輝③
    4藤井康平③12岡野悠太③
     1波戸辺悠斗③ 

    SOLESTRELLA NARA 2002
     18清水歩③ 
     12岡本尚也③ 
    7津田真太朗③2高橋秀之③
    6沼田一志③10山口健太③
    4藁田知輝③17坂本昂太③
    14藤原一滉③19東遼太③
     1小倉駿③ 

    SDカードを忘れた影響が出てしまった。最近はメンバー表をカメラで写させてもらっているんやけど、それができない。メモを取り、後で調べればと思っていたが、岡野くんだけプログラムに名前がなかった…ご存知の方、教えてください。

    試合は宇治FCペースで進むが、10分、ソレステにもチャンスが生まれる。
    キャプテンの藁田が自陣左でボールを奪うと縦へパス。津田がこのボールをDFを背負いながら後方へ落とし、再び藁田の元へ。受けた勢いそのまま縦を抜け出し、ゴール前へ低いクロスを上げるもGKが処理。
    12分、宇治FC。クリアボールが前線左の福本へ。ドリブルで中へ切り込み、
    ゴール前で大川へパスもソレステDFが素早く身体を寄せてシュートを打たせず。
    13分、宇治FC。エリア右35m付近でのFK。長谷川がゴール前に入れたボールを藤井が頭で合わせて先制する。
    17分にも宇治FC。右CKのクリアボールをPA左で福本が拾う。
    ゴールに背を向けた状態だったが、リフティングで前を向きそのままシュート。これが決まり2-0に。
    26分、宇治FC。大川が中央でのボールキープから右へパス。
    濱田が受け、中へ切り込んでシュートを狙うも枠を捕らえず。
    27分、宇治FC。相手GKの短いクリアを長谷川がインターセプト。すぐさま右隅を狙いシュートを打つもGKがセーブ。
    33分、宇治FC。相手の左CKをクリアしたボールが右サイドの大川の元へ。
    スローなドリブルでタメを作り、中央の濱田へとパス。シュートを狙うもGKがセーブ。
    2-0で前半が終了。別の試合へと移動したのでここでレポ終了。
    この試合でおもしろかったのはボランチの長谷川。柔らかな足首を生かした切り替えしで相手をかわす。
    正確なセットプレー、一瞬の速さも武器である。いい選手。ソレステでは藁田がなかなか良かった。

    育成ではどうしても選りすぐりの選手を集められるJクラブが目立つ。実際、ナショトレ経験者などもいて参考情報が多く、見やすい、評価しやすいのは確かかもしれない。でも、街クラブは頭に情報を入れていけないので新たな発見に毎回出会える。技術的に戦術的におもしろいアプローチを行うクラブも多々ある。
    今後も割合は多くはとれないかもしれないけど、継続的にチェックできていければと思う。
    スポンサーサイト
    コメント
    岡野くん
    岡野君の名前は 悠太(ゆうと) 君です。
    よろしく(*^^*ゞ

    管理者のみに表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。