スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都府新人戦 準決勝 立命館宇治高校 対 東山高校

2012.02.19.Sun

    年々、京都の高校勢は各校、力をつけていきプリンス1部に参戦するチームは橘、東山、洛北の3校にまで拡大。
    関西の一大勢力にとなっている。組み合わせの影響もあるが、そんな激しさを象徴するようにベスト8の時点で橘と2年前の選手権準優勝校、久御山が敗れ去ってしまった。ベスト4に残ったのは1部の東山、洛北に昨年度選手権予選決勝に残った立命館宇治と福知山成美。各校、新人戦へのモチベーションが違うため一概には言えないが、この6校が夏と冬を握る存在である。
    立命館宇治高校
    7永井健人② 17山元雅俊②
    8木村聡太①11藤井隼人②
    10金原知輝②6齋藤翔太①
    4辻航大②2和田将平②
    3杉山翔一②5藤原滉介①
     21北出皇紀① 

    東山高校
    19田中雄士② 9岡佳樹②
    15大前壮②6木村尚史②
    10北村明信①5前田悠斗②
    8野谷崇人②20久保修平②
    4杉本真太郎②3内山諒哉②
     1濱田翔太② 

    まずは8分、立宇治。相手DFのクリアミスを右サイドで藤井がインターセプト。素早く縦に送り、永井へと渡る。
    ドリブルでPA右へと切り込みシュートを放つが、惜しくもサイドネット。
    今度は東山。20分、クリアボールを前線へ送り、左サイドでアナかがキープ。
    後方の大前へ落とし、タメから駆け上がる野谷へと預けて、深い位置からクロスを上げるが中と合わず。
    27分にも、立宇治がクリアボールの処理に入った東山DFのパスを山元が拾って、縦へ突破。
    急停止から後方へフォローに入った永井へと預け、右CK付近に位置するフリーの藤井へとパス。
    PA右へと侵入し、寄せが遅れた東山DFをよそにシュートを打つも大きく逸らし、DFにあたってCKとなってしまう。
    立ち上がり、高い位置からプレスをかけて相手のパスミスを誘い、2トップの速さでサイドを仕掛ける立宇治に対し、東山は左サイドを起点に崩しにかかるが中への折り返しが合わず決定機が作れない。
    福重良一監督が「イージーなミスがあったんで、そこは治さないといけない」と
    振り返ったように危ないミスが続いた東山だったが、先制点は突然、生まれた。
    30分、左からのスローインを受けた北村が中央へドリブルで侵入。DF2人が寄せに入った瞬間に
    PA左フリーの岡へスルーパスを通す。受けた岡が豪快に左隅に叩き込んで、1-0で前半を終了する。

    後半に入ってからは一進一退。36分、立宇治。ハーフウェーラインでボールを受けた永井が素早くドリブルで縦を突破。止めに入った内山を振り切り左へ流れ、後方を上がった辻へパス。中へクロスを送るもGKキャッチ。
    43分、東山。エリア20m右寄り。大前がゴール前に送った浮き球を杉本がフリーでヘッドも大きく上。
    44分、東山。自陣右でのカットからクリア、左サイドへ大きく展開。大前が受けて突破から中へクロスも、
    立宇治DFがクリア。セカンドを中央で拾って、木村が右サイドを突破するもCKに持ち込まれる。
    48分、立宇治。クリアボールが前線左に入り、木村が粘って中へ。途中出場のFW登尾雅志①が抜け出すもオフサイド。
    51分、東山。クリアボールが前線へ。田中が右を抜け出し中へ折り返し、大前が合わせるもシュートはミートせず。
    54分、立宇治。右でのカットから一気に縦へ。登尾が抜け出し、GKとの1対1の場面を迎えるも、素早い飛び出しに防がれゴールならず。こぼれたボールを永井が拾ってすかさず再度ゴールを狙うも杉本が素早い身体を寄せてクリア。
    62分、東山。右CKをショートで入れてダイレクトで大前が中へクロス。
    杉本がヘッドで合わせてネットを揺らすも判定はオフサイド。
    残り5分を過ぎて東山は追加点を狙いに猛攻を仕掛けるが立宇治DFがしっかり守りきりタイムアップ。
    「結果が出てないので新人戦もしっかり取りに行く」と福重監督が話したように後一つの所まで駒を進めた。
    スポンサーサイト
    コメント

    管理者のみに表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。