スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たかだかこれはフットボール サニックスカップ初日

2011.03.18.Fri
毎年、この時期になると、学生たちが春休みに入り、
各地で多くのチームが集まり大会を行う“フェスティバル”が開催されている。
ただ、今年はJリーグと同じく東日本大震災の影響で、中止する所が多い。
そんな中、辞退チームが出たものの、“スポーツを通じたエール”をとの思いから、
福岡県宗像市で「サニックスカップ」が18日から開催されている。

犠牲者に黙祷が捧げ、幕を開けた今大会。
重苦しい空気を吹き飛ばす様な好プレーが多く見られた。

第1試合は柏レイソルU-18対トルロカレッジ(イギリス)。
柏レイソルU-18
 9川島章示② 
7平久将土②11荒木大吾③
14伊藤光輝8中川寛斗②
 5小林祐介② 
2鈴木達也③6山中亮輔③
4児玉昇③3秋野央樹②
 16中村航輔② 

通常、立ち上げの時期とあって、調子が今一つのチームが多い中、柏はちょっと違う。
チームとしてのタスクがしっかりできており、完成度が高い。
“誰かが上れば、誰かが落ちる”といったように、全員がポジションを微調整し、4-3-3の形を常に作ることで、潤滑なパス回しだけでなく、数歩先のプレーを皆が共有。
“あいつが中に入ったら、右空く”“じゃ、そこは俺”
その動きを見た選手が瞬時に埋めていく。パスだけでなく、常に裏を取りつつ。
手詰まりになっても、そのプレーが囮になり、ミドルや個人での突破も活きていた。
チームとしてのレベルが高く、個々の技術力が霞んでしまう出来栄えだった。
第1試合の4-0に続き、第2試合も大津相手に3-0。一つ抜けている感があった。

2試合目は鹿児島城西対アビスパ福岡U-18。
鹿児島城西高校
12林龍聖① 11栫健悟③
8有村惇志③19椛山航太③
7満永竜之介②10松尾純也③
2西口大城③3森迫寿紀②
5坂元覚③4桑木一生②
 1徳田雄亮③ 

アビスパ福岡U-18
14川上竜② 9三苫元太③
12梅野健太郎②20高田貢準②
19白根直樹②17西村俊大②
18前田央樹②3増田拓也③
15中村崇修②4倉富裕也③
 1朝川知樹③ 

福岡が両サイドを基点にFW三苫をDF裏へと走らせる場面が目立つも、
城西の統率の取れたDFラインに苦しみ、オフサイド連発。
城西もセンター松尾、左MFの有村のコンビで応戦する。
前半は1-0、後半にそれぞれ1ゴールずつあげ、福岡の勝利。
目を引いたのは、松尾。365度見れており、的確に見方に裁ける希少なタイプ。
キックの精度も高く、見た2試合、セットプレーで幾度とチャンスを作ったいた。
福岡は三苫。幾度とオフを取られたが、際での駆け引きに優れ、泥臭さが光った。
あと、1年のDF光永祐也。すらっとした姿勢から正確で伸びる球が蹴れるレフティー。
奪いにいくタイミングがよく、少ない時間だが1対1にも負けてなかった。

3試合目はサンフレッチェユース対静岡学園高校。
サンフレッチェ広島FCユース
 23大谷真史② 
17野津田岳人②10藤井貴之③
11亀島周③9石坂元気③
4平田惇②7森保圭吾③
3脇本晃成③5柳川剛輝③
 33山副晃平① 
 1大野哲煥③ 

静岡学園高校
 20山本真也③ 
 16中川雄貴③ 
13木村悠貴③8長谷川竜也③
10渡辺隼②5柴田則幸②
7瀧崎貢②6伊東幸敏③
4木本恭生③3望月大知②
 1福島春樹③ 

全国でも名を馳せる名門同士だが、まだチームとしてはいまひとつ。
広島はTMを観てても、本職がどこかまったく分からない程、試行錯誤。
DF脇本、MF野津田、平田、川辺など個々では輝きを見せるも、
約束事がないのか、攻ではチグハグ。守ではスペースを自由に荒らされる。
グループリーグ1勝2敗というのも納得の出来。
静学はMF渡辺、長谷川など中盤の技術は高いが、それを引き出す動きが少ないので、
単独での突破となり、高い位置まで運んでも、いい所で終わってしまう。
前半20分に長谷川が得た1点を守りきり、静学が勝利。

4試合目は大津対柏レイソル。
レイソルは1試合目と同じスタメン。
大津高校
10若杉拓哉③ 14豊川雄太②
17田中利浩③7佐藤寛貴③
13野田卓宏②8田辺翼③
6森山智文③3成松広大③
5植田直通②4佐々木祐介③
 1松永安彦③ 

大津は0-4だったが、守備としてはそれなりに出来ていた。
GK松永とDF植田がいなけりゃ、もっと失点してたかも。
攻撃ではMF田辺からのボールを2トップの若杉と豊川が
左右前後スペースで受け、個人技で突破を図る場面が多かった。




スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。