スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兵庫県高等学校サッカー新人大会3回戦 三田学園高校 対 琴丘高校

2012.01.28.Sat

    兵庫の新人戦は2回戦の時点で選手権の王者・市立西宮、神戸弘陵が敗退しており、混戦の模様を呈している。
    強豪、滝川第二だけでなく、今年は県立伊丹や関学の評判が良い。早めにまとめてみるには準決勝、決勝が一番良いが、観たくても会場はアスパ五色。交通弱者の私に観戦は不可能なため、行ける会場のうちにチェックにかかる。
    候補は神戸学院大学と滝川第二高校の2つのグラウンド。アクセス面を考え、神戸学院大学を選ぶ。

    三ノ宮駅からポートライナーでおよそ10分。最寄駅に到着。5分ほど歩いた場所に一面の人工芝ピッチが広がる。
    観客は保護者がちらほら。関係ない人間はまず私ぐらいだろう。ノートを取り出し、キックオフを待つ。
    三田学園高校
    9大岡龍佑② 18松下昂佑①
    7原口顕年②11中川雄太②
    10多田敬士②8黒田悠佑②
    5中嶋幸樹②3中郷拓弥②
    4中野雄介②6中尾彰吾②
     1篠崎瑛② 

    琴丘高校
    10小西亮真② 8藤原陸②
    11岸田悠佑②9鳥谷龍也②
    7島津直也②6谷口恵太②
    5牛越晶②14岡本俊②
    4渡部功基②3藤原裕大②
     1隅田庄吾② 

    三田学園のスタメンのうち、8人が附属中学の出身。アザーレア三田出身の2人を含め地元の出身者が占める。
    琴丘は過去に播戸竜二と増川隆洋を輩出した姫路の公立。こちらももちろん地元率が高い。

    序盤から試合は三田ペース。黒田と多田のボランチを基点に左の原口と右の中郷へ展開し、押し込んでいく。
    フィニッシュまでは持ち込めないものの鋭いアタックにベンチからも「いいよ。その良い流れを続けよう」との声が飛ぶ。13分、中央の黒田から大きく左へ展開。原口がトラップで勢い良く中へ切り込みシュート。GKの正面ながらも、押し込んで先制する。続く14分、左サイドから原口がドリブルでPAへ切り込んで2点目をゲット。
    15分、左サイドでのスローインから多田がドリブルでPAに侵入。
    浮き球のシュートはバーに阻まれるも中郷が押し込んでリードを広げる。
    27分、今度は琴丘。クリアボールが左サイドへ流れ、岸田がボールをキープ。中央の小西と2対3の状況。
    DF裏へ流したボールを小西が半歩抜けだし、シュートを打つも左にそれていく。
    33分、琴丘。エリア右でのFK。島津が直接狙うも大きく枠から外して、前半終了。

    後半開始、43分。三田学園の左CK。多田がゴール前に上げたボールを松下がヘッドで合わせて4点目。
    52分、三田学園。GKのキャッチから右サイドの中郷へスロー。すぐに中央の多田に預けて、彼がDF右裏にスルーパスを送る。反応したのは松下。スピードに乗ってPAからシュートを打つもGKの正面。弾いたボールには詰めれず。
    58分、三田学園。DFラインから前線へフィードが渡る。右サイドで受けた松下はチェックに入ったDFを手でうまく遠ざけながら中へドリブル突破。PA手前中央から左足でシュートを打つもDFブロック。
    59分、三田学園。またもや松下が右サイドから中へ切り込んでシュート。
    GKが弾いたボールを大岡が詰めるもGKが好反応を見せて、CKに逃れる。
    琴丘は後半に入って、足が止まっている。三田学園の攻撃に何もできず耐える時間が続く。
    60分、三田は中川雄太に代えて、MF中川竜一②を投入。サイドに入った彼が琴丘DFに追い討ちをかける。
    68分、左後方から右の中川竜へ大きな展開。受けた中川竜がドリブルで中へ抜け出し、GKとの1対1を冷静に沈めて5-0。
    終了間際の72分にも、左サイドを抜け出した原田の低いクロスを
    反対サイドから飛び込んだ中川竜がヘッドで合わせて6-0。ベスト8進出を決めた。

    一方的な展開となったため、あまり見せ場が少なかったものの三田学園で光ったのはGKの篠崎瑛。
    附属中学出身の2年生である。185cmと高さがあって、DF裏へのボールにきっちり前に出て処理が出来る。
    +しっかり声を出して、1試合を通じてDFラインにコーチングも送れる。2回戦で市立西宮に勝利した試合ではPK戦でも当たっていたとか。選手権でのプログラムにも載っていない無名ながらも、おもしろい存在だ。
    フィールドプレイヤーでは前年度から出ていた多田の左右両足で送るフィードも良し。
    原田もファーストタッチの使い方がうまく、スピードのある突破からクロスを入れて続けた。
    1年生FWの松下も高さと馬力を持った好素材。サイドへ流れてからの力強いドリブル突破はおもしろい。
    去年の市立西宮と西宮SSと同じく三田学園も中高一貫ならでは連携の良さを持つ。
    続く準々決勝でも粘り強く勝利を掴んだように、今年のダークホースとなる可能性は十分だ。
    スポンサーサイト
    コメント
    No title
    三田学園の原田は原口の間違いですね
    Re: No title
    > 三田学園の原田は原口の間違いですね
    ありがとうございます。修正します。

    管理者のみに表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。