スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滋賀県 新人戦準決勝 野洲高 対 守山高

2012.01.22.Sun

    準決勝2試合目。1年時から期待されていた選手たちが最終学年を迎えた野洲と守山の一戦。
    野洲は望月や高野、武田ら主力を温存。前年度の2バックではなく4-4-2のシステムでスタートを切った。
    野洲高校
    16菅野純① 9大園伸明②
    15関口悠太朗②22中村真輝①
    12住吉大毅②6松田恵夢②
    5尾崎正浩①25三クリストファー定①
    3馬場雅士②2山田真也②
     17横江誠① 

    守山高校
    8太田圭祐② 11田中悠平②
    7加藤由真②10山下峻平①
    4西田健吾②3田中滉大②
    14松本学志②5柴宮睦②
    2中岡友熙②6前田規孝①
     1西村勇人② 

    まずチャンスを作ったのは守山。11分、山下が右サイドを突破し。、中へパス。
    太田がトラップでPAを抜け出しシュートも枠の右へとそれていく。
    立ち上がり、守山は前線から野洲のボール保持者に対し、素早く人数をかけて囲い込む。
    余裕を失った野洲は勢いがなく距離が短いパスに終始し、ボールが思うように繋がらない。
    それでも、2列目のタメを起点に三崎、尾崎が後方から飛び出し、外からチャンスを作っていく。
    15分、中村と三崎の連携で右を崩し中へクロスもDFがクリア。これを関口が拾って20m付近からシュートもGK弾き、CKに。
    17分、左サイドからのパスをPAで大園が後方へポストプレー。PAの外で受けた関口がPA左へ動き、フリーとなった大園へスルーパス。ここからリターンをPA中央で受けるも、GKに突っ込み、イエローを受ける。
    19分、DFラインでのボール回しから、左サイドの尾崎へ早いスルーパス。
    深い位置から中へ速いゴロを送り、大園がダイレクトで合わすもミートせずに枠の上。
    押し込むも決定機を作れぬまま、迎えた32分。関口、中村、三崎と左から右へ繋ぎ、PAへ切り込んだ三崎がクロスをDFに当ててCKをゲット。このCKを菅野が頭で合わせて、先制点をあげる。

    後方に入り、野洲は一気に5人を投入。追加点を奪いに2バックに変更する。
    野洲高校
    14大本祐槻②9大園伸明②
     10望月嶺臣② 
    7武田侑也②11玉置裕大②
     6松田恵夢② 
    5尾崎正浩①15関口悠太朗②
    2山田真也②4水野隼人②
     17横江誠① 

    2バックのフォーマットがないので、これを基に説明すると山田と水野が2バック。その前にアンカーとして松田が入り、守勢時には3バックにスライドする。玉置、武田がボランチで、関口と8番はサイドアタッカーとして、上下動を繰り返す。望月は中盤と前線のクッション。絶妙なポジショニングでボールを引き出し、広い視野とアイデアで好ボールを前線に配給する役割を担う。

    42分、右サイドに開いた玉置を起点に右を突破。中へパスを送り望月に渡る。
    PAへのスルーパスに大本がフリーで抜け出し、シュートもGKの正面。
    46分、PA手前から出された望月から左サイドへのスルーパスから、尾崎が中へクロスを入れる。
    ファーーに流れたボールを大園がエリア右でキープから後方へパス。望月がエリア中央で受けて、再度、左へ送ったボールを武田がシュートも左ポスト直撃。こぼれ球を詰めれずクリアされてしまう。
    59分、大本がPA左でパスを受けて、ドリブルでカットインも相手DFに削られ、PKゲット。
    これを望月が左隅に決めて2点目をあげる。
    64分、左サイドの大本が中央へパス。受けた関口がDFを一人かわし、PA右へスルーパス。
    フリーの大園が冷静に左隅に流し込んで、3-0。
    終了間際の72分にも、右サイドでのボールカットから後方中央の尾崎へパス。
    左サイドのスペースへ送り、受けた大本がゴール前に速いボールを送る。PA中央で受けた武田がフリーでシュートもGKの正面。こぼれ球を冷静に押し込んで4-0で試合終了。野洲が決勝進出を果たした。

    メンバーを落としていたこともあるが、前後半でまったく別の野洲の姿が見れる一戦といえた。
    前半は4バックだが、右サイドの三崎が積極的に縦にチャレンジをし、左の尾崎が中に絞る変則的な3バック。
    前からコースを切って、相手のフィードを誘い出し、後方でボールを奪う機会が多かった。
    後方に入ってからは2バック。松田が実質的にCBに落ちるシステムながらも、蹴り出されるとDF裏への心配が多い。
    そこで取るのは素早い攻守の切り替え。ボールロスした瞬間に高い位置から複数人でチェックをかけて、奪いこむ。
    取れれば、そのまま攻へスイッチ。奪えなくても、プレッシャーを与えることでFWへ質の高いボールを入れさせない。

    攻を前面に出した野洲において、鍵を握るのはやはり望月嶺臣であろう。
    視野の広さと判断力の高さはピカイチ。いつ状況を見ていたの?と言うくらい素早い判断で、適切な場所へスルーパスを運ぶ。それに加えて、自身の自力だけでなく、囮となるプレーも見せれるようになってきた。
    後半にあった右サイドにボールがあるシーン。相手DFはひいて、後方でブロックを作っている。
    中央へ入ったパスに対し、望月は何の躊躇もなくそのブロックへと突っ込んでいく。
    そこで受けると確実に囲まれ奪われてしまう。守山DFも望月に注意し、持った瞬間に囲む体勢に入っていた。
    だが、彼の取った選択はスルー。彼に注視したおかげで左サイドの尾崎へのマークが薄れ、余裕を持ってPAに切り込めた。一瞬の判断で相手の逆を取る。望月の持つセンスを感じられるワンプレーであった。
    スポンサーサイト
    コメント
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    Re: No title
    あ、そうやったんですか。すみません。交代で入った選手は貰ったメンバー表のままで入れてたんで間違えました。ありがとうございます。修正しておきます。

    管理者のみに表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。