スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツラヌク ~選手権大阪予選 準決勝 興国高校 対 大阪桐蔭高校~

2011.11.06.Sun

    選手権予選は早くも準決勝。大阪では前年王者の関大一高が早々と姿を消したほか,総体に出場した桃山学院もベスト16で敗退。ベスト4に進んだのは前年の大阪桐蔭,近大附属のプリンス組,前年準優勝の阪南大高,新興の興國。
    1試合目はスコアが動かず選手権の難しさを感じる試合となったが,この試合は早々に試合が動いた。
    興國高校
     7前島聖司③ 
    10山本祥輝②6新屋晴輝②
    8和田達也②16南健哉②
     4青山晃氣③ 
    11竹本裕大②2水落絢暉②
    13宮崎修人②3北谷史孝①
     12井上優② 

    大阪桐蔭高校
    11堀口巧③ 9田中淳一③
    10中村真輔③17羽座来飛③
    6筏修造③8中尾元基③
    4眞野寛規③2紀田宰③
    5元澤槙之介③3福井秀③
     1宮崎悠平③ 

    5分,桐蔭。右サイドから田中。ドリブルでPA入って瞬間,折り返しからシュート。
    枠は捕らえなかったが,パスの形となり,堀口の傍へ渡るもボールが合わず。
    8分,桐蔭。カットから素早く右の堀口。受けてすぐに逆サイドに展開し,田中がボールキープ。
    DFの寄せが遅いとみるやいなやエリア左から強烈なシュート。GKキャッチできず,弾いてしまいCKに。
    12分,興國。右サイドでのカットから水落が中央の南へパス。
    ダイレクトで縦に送り,前島がフリーでシュートも宮崎が前に出てセーブ。
    14分,桐蔭。右サイドからパスを田中が左サイドで受けて縦へドリブル突破。PA手前でDFを振り切って中へカットイン。2人交わした所で,飛び込んできた3人目をかわすように右足をふりぬく。このシュートが決まり,桐蔭が先制。
    22分,桐蔭。右サイドからのパスは中央でDFがクリア。このボールを筏が狙うも大きく上。
    24分,桐蔭。左サイドからゴール前にボールが入り,堀口が落としたボールを田中がシュートもGK弾きCKに。
    28分,桐蔭。筏が相手に足裏を向けてスライディング。イエロー。
    31分,桐蔭。PA手前での密集から中村が足を伸ばしてDFの裏へパス。
    オフサイドぎりぎりで堀口が抜け出し,チェックに入ったDFをかわして,左隅に決める。2-0。リードを広げる。
    38分,桐蔭。ハーフウェーラインで元澤が足を伸ばしてカット。このボールが中村に渡って,素早くDFの裏へスルーパス。
    GKが飛び出すのも躊躇しているうちに田中が飛び出してGKよりも先にタッチ。無人のゴールに流し込む。3-0。

    ハーフタイム。桐蔭はイエローを貰った筏に代えて,MF俵石修造③を投入。そのままボランチに入る。
    42分,桐蔭。田中が倒されて得たFK。距離は約20m。直接狙うもDFにあたりCKに。
    44分,興國。竹本に代えて,FW古橋匡梧②がイン。DFの枚数を減らし攻めに出る。
    46分,桐蔭。右サイド開いて受けた堀口から中の俵石。DFの間へパスを通し,田中が走るも合わずGKキャッチ。
    53分,桐蔭。田中がドリブルからの急加速で左サイドを突いて中へパス。羽座がフリーで受けるもトラップ大きくGK。
    58分,桐蔭。ハーフウェーライン左の眞野からフワリとしたボールが前線の堀口へ。
    流れるボールを相手DFに身体を預けながら,PAに進入し,左足でシュート。ポストに当たってGKがキャッチ。
    59分,興國。相手のミスを山本が左の高い位置で奪って2対1のシーン。後方から相手DFが寄せにくるも,切り替えで交わして,中へパス。受けた前島囲まれながらも粘ってシュート。これが決まって1点を返す。
    60分,桐蔭。堀口に代わって,FW丹羽詩温②がイン。
    61分,桐蔭。眞野からの左クロス。PA右で田中が胸で収めて,ドリブルで中に切り込んでシュートもサイドネット。
    このプレーの後,興國は南に買えて,FW金容輔①をイン。逆転を狙い,攻撃に人員をかける。
    66分,桐蔭。自陣でのカットから紀田→中村と左を繋いで,中村がドリブルからシュート。DFにあたりCKに。
    67分,桐蔭。右CK。低く入ったボールをニアで福井がヘッド。右隅,いいコースを突くもGK井上がかき出す。
    68分,興國。左スローから前島がドリブルでPAに進入し,シュート。GK弾いたボールを詰めにいくもDFクリア。
    71分,興國は前島に代えて,FW國領美男③。72分,桐蔭は田中から,FW臼井裕弥②,中村からMF長谷佑磨③。
    77分,桐蔭。自陣左でのカットからハーフウェーライン中央の元澤へ。
    大きく右へ展開し,長谷へ。中に切り込んでシュートもDFがブロック。
    79分,桐蔭。右サイドから丹羽が中へ切り込んで,中央の臼井へパス。PAで臼井が受けてるも囲まれ打てず,傍の長谷に一旦パス。フリーの位置で臼井がリターンを受けて,シュートを打つもGKがキャッチ。
    80分,興國。國領にイエローにイエローが出て,試合終了。大阪桐蔭が決勝進出を決めた。

    桐蔭が普段とやり方を代え,中盤を飛ばしてきたのに対し,
    興國は最後まで自分らしく,後方からきっちりパスとドリブルを織り交ぜた“バルササッカー”を貫いた。
    試合後も負けたものの,内野監督は反省点を話しつつも,「なかなか勝てないですけど,こういうサッカーを貫くってのが大事な要素かなって思いますね」と最後まで興國流を通しきった。
    今日のスタメンは2年生が8人,1年生が1人。セレッソを途中で辞めて移ってきた前島など,興国スタイルに惹かれてプレーの場所を選んだ選手がほとんど。らしさを貫いて奪った1ゴール,彼らが流した涙は必ず,明日への糧になる。

    出た選手だけじゃない。それは出られなかった3年生にもいえること。
    試合後,泣きじゃくる下級生たちに声をかけ続けたのは出番をつかめなかった3年生たちだった。
    内野監督も『本当にいい三年生。出てないのに腐ることなく。本当にそれにつきますね。
    引退していった三年生たちが不満言うことなく応援に来てくれたんで。
    これだけ下の学年が出てたら文句言う奴が出てきそうなもんですけど,それが一切なかったんで。
    本当にいいチームでした。尊敬に値する選手たちです』と賞賛を送る。

    勝者がいれば敗者もいる。えてして,勝者のみにスポットライトがあたりがちになる。
    スポーツはそれが当たり前なのかもしれない。でも,高校サッカーは教育の一環でもある。
    最後まで自分らしさを貫き通した興國,支え続けた3年生。そんな彼らに私は拍手を送りたい。
    高校サッカーは今日で最後。でも,人生は続く。今日の経験は必ず次に繋がっていく。
    スポンサーサイト
    コメント

    管理者のみに表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。