スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連戦の中で得た収穫 ~同志社大学 対 阪南大学~

2011.11.05.Sat

    関西の大学サッカーも残り4試合。いよいよクライマックスに近づく中で,7日間で3試合というタフな連戦。
    この日はインカレ枠内の3位を伺う同志社と今年なかなか波に乗り切れない阪南の一戦に訪れた。
    同志社大学
    10辻智人④ 15石津令門③
    8杉山和毅④7東矢尚仁④
    20矢野亮②34宮本龍①
    4諸隈巧基④3三浦修④
    5佐川雅也④6早坂賢太④
     1安井豪④ 

    阪南大学
    11泉澤仁② 10中村雄大④
    14井上翔太④9村山拓哉④
    15香川勇気①8窪田良②
    26藤内建太③19飯尾竜太朗③
    6今村虹陽④5岩本知幸④
     1土師一将③ 

    開始3分,まずは阪南。左サイド狭いエリアを細かいパスを繋いで抜けて井上。
    深い位置からクロスを上げ中村がヘッドも枠の上。
    6分,阪南。村山の右サイドの突破を早坂が足を伸ばしてクリア。
    短かいクリアボールを飯尾が狙うもDFブロック。PAに落ちたボールを泉澤が再度狙うもDFが大きくクリア。
    開始早々は阪南がPAに迫ったが,試合を動かしたのは同志社。15分,右サイドで得たFK。
    キッカーは東矢。GKの前に入ったボールを石津が頭でコースを代えて,ネットを揺らす。先制点を奪う。
    望月慎之監督が『正直言ってあれが入ってくれてだいぶ楽になりました』と話した同志社に対し,
    阪南はこの日,出場停止が3人,体調不良で2人選手を欠き,苦しい布陣での戦い。
    『もっと相手がしっかり繋いできて,うちが走らされる状況になるのかな思ってましたけど,(いつもと選手が違うせいか)相手が縦に速く蹴ってきた』(望月監督)と話すように,後ろでのボール回しから縦を目掛けるシーンが続く。
    16分,同志社。右サイドでのスローインから三浦がダイレクトでDFの間へパス。
    受けた辻が素早く反転からシュートもサイドネット。
    29分,阪南。左サイドでのFK。PA手前で受けた香川が肩で落とし,井上がシュートもDFブロック。
    36分,同志社。今村へのファールで辻にイエロー。
    38分,阪南。左サイド井上から泉澤へと繋ぐ。中へパス入れるも相手がカット。しかし,トラップ大きい。
    素早く泉澤が奪い返し,再び中へパス。窪田が走りこんでシュートもGKがはじいてCKに。
    41分,阪南。右サイド深い位置。飯尾の縦パスが香川に渡り,中へ低いクロス。中村がヘッドも枠の右。
    43分,阪南。ハーフウェーライン右。窪田が削られながらもDF裏へパスを出す。
    泉澤がフリーで抜け出すもGK前に出てセーブ。前半が終了。

    ハーフタイム。阪南は中村に代えて,MF成田恭輔①がイン。井上が前線に上がり,成田が左MFに入る。
    50分,同志社。宮本が相手を押してイエロー。
    55分,阪南。ハーフウェーライン左から大きくPA右へ展開。
    村山が受けてドリブルでやめを作って,DFの間にスルーパス。泉澤が反応するも合わず。
    56分,同志社。石津に代えて,FW松田純也④がイン。
    64分,阪南。土師が相手FKをキャッチし,素早く右サイドへスロー。
    受けた泉澤素早く前線へクロスを上げて,ゴール前の井上が胸で合わすもトラップ大きくGKキャッチ。
    65分,同志社。杉山に代わって,MF村上慎②がイン。
    66分,同志社。ボランチから入ったパス。村上がPA手前で受けに入り,ダイレクトでDFの間。辻がフリーで抜け出し右隅に流し込む。2-0。たぶん村上はファーストタッチ。交代早々,相手を突き放すデカい仕事。
    70分,阪南の左CK。井上のキックを後方から上がった今村がヘッドで右隅に決めて,1点返す。
    73分,同志社。東矢が飯尾からボールを奪い,中へパス。村上がトラップをミスするも辻が拾ってシュート。GKはじきCK。
    74分,同志社の右CK。東矢のキックがファーに入り,これを早坂がヘッド。
    相手DFの足にあたりコースが変わったボールがネットを揺らす。3-1。
    76分,阪南。香川に代わって,DF工藤光輝②がイン。井上が中盤の中央に入り,村山が前線に。工藤は右MFに。
    81分,阪南。飯尾が宮本を引っ張りイエロー。
    このプレーの後,同志社は矢野に代え,MF堤隆裕④がイン。阪南は藤内に代わって,DF本多勇喜③が入る。
    85分,同志社。左サイド東矢からのパスを受けた辻が,松田に一旦預けてリターンからシュートを打つも右ポスト。
    86分,阪南。飯尾の縦パスを泉澤が右サイド深い位置に抜けて中へクロス。井上がヘッドで合わすもDFにあたりCK。
    87分,同志社。諸隈にイエロー。試合終了。同志社は3位に浮上する大きな勝利となった。


    阪南大学 須佐徹太郎監督
    『前節に全部(累計が)出ちゃって3人が出場停止。それだけならまだしも,追い討ちをかけるように体調不良で2人欠場してしまった。今まで良かったのは小池ってFWが出てきたから。彼がいると,スペースが出きるんですよ。五分五分のボールを何とか追いつくから,そこでポイントが出来て,その分,仁が動きやすくなってた部分があったけど,今日は出来ていなかった。
    1点目のFKもGKの目の前であわせられてしまって。恥やで。名前が“はじ”やけど。そういう意味で言うたんですよ(笑)
    ま,来週,全員が戻ってくるんでね。そんなにポゼッションは悪くなかったですし。悪いってわけでもないですし』

    同志社大学 望月慎之監督
    -残り3試合-
    『負けたくないですし,せめて引き分けですよね。ま,この3っつ引き分けても意味ないですけど。
    前期の成績が全てじゃないですけど,実力的にどのチームも気を抜いて出きる相手ではないですし。
    自分たちでチャレンジしていく。そういった姿勢を忘れずにやっていくことですよね。
    今の段階で勝ち点37。勝ち点差的にトップに近づいたんですが,負けたら意味ないんで。
    勝ち点の計算よりも,試合に向けての準備をしっかりしていきたいです』
    -連戦について-
    『正直きつかったですね。中1日ですし,連戦に入る直前の京都学園戦で自分たちらしくないゲームをしてしまった。
    そういったのが出るのが同志社なのかもしれないですけど。
    そういったところでベストな状態から離れてしまって,その中で迎えた連戦でしたので』
    -早坂のCB起用-
    『最終ラインで落ち着かせてくれる。前期でも何試合かCBで使って守備が安定したということもあって。
    DFのラインコントロールも含め,リーダーシップもあるんで,頼りになりますね』
    -スタメンの多くが4回生-
    『来年が恐いです(笑)この2試合で下級生も多少出れたんで,
    そういった意味ではチームにとってかなりプラスになりますね。
    その中で来年メインになる選手も見つかってきて,考えているわけで,そういった選手にはもっともっと
    貪欲にポジションとっていってもらいたいですね。期待してます』

    スポンサーサイト
    コメント
    中央大学の六平と慶應大学の藤田のポジションはボランチ?

    管理者のみに表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。