スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魅力的なドローゲーム ~近畿大学 対 姫路獨協大学~

2011.10.15.Sat

    後期開幕から4週間。全チーム観察という目標まで,残すはあとは近大。
    近大は今期から就任した松井清隆監督の下,チームとして纏まり,前線からしっかりプレスをかけて,ボールを奪い,
    攻撃の全権を担う三銃士,宮本,藤本,皿谷がゴールを奪うスタイル。前期から好調を維持し,後期3節を終えて,5位。
    インカレ出場を得られる3位以内を狙えるポジションにつけている。
    近畿大学
    11皿谷圭史郎④ 7宮本宗弥④
    17吉田彬哉②10藤本憲明④
    6小田原匡④19青山賢吾①
    4水谷尚貴③3桂田光④
    2橋村卓朗③5清水大輔①
     1大西勝③ 

    姫路獨協大学
    17廣利昌輝②37友成健悟①
     35伊藤将大③ 
    36小原勇人①30田村健太①
     22中坂勇貴② 
    20三代真也③40日向翼①
    5権代貴之③34 国司和弥①
     61西岡涼③ 

    上位と下位。順位に差はあるが,姫路は後期,勝ち星こそないものの,各チームの監督が警戒する好チーム。
    この日も前半,姫路が試合のペースを握った。
    10分,カットからハーフウェーライン中央の伊藤。ダイレクトでDF裏に出し,廣利が走りこむも,GK飛び出してクリア。
    13分,自陣エリア内で権代。浮き球を前線に入れて左に開いた友成が胸でポストプレー。伊藤がシュートも右にそれる。
    18分,ハーフウェーライン左の三代から中央の中坂。DF裏に素早く浮き球を送る。
    左サイドへ開いて廣利が受けて,相手DFを一人かわしてシュートもGKの正面。
    姫路は後期に入って,守備が良い。素早くリトリートして規律の整ったブロックを作って,奪いにいく。
    奪ってからは3ボランチがDF裏を狙ってパスを送り,スピードある2トップが外に開いて,飛び出す。
    中坂のシンプルかつ気の利いたクサビ。廣利への裏への抜け出しと,ドリブル突破が序盤,効いていた。
    20分,近大。左クロスを中央で宮本が受けるも打てず,右へパス。
    PA右の藤本がこれを受けて,すばやく中へマイナスのパス。青山が走りこんでシュートも枠を捕らえず。
    23分,左サイドからのアーリークロス。中で皿谷が胸で落として青山。
    PA手前から青山が右に叩いて,藤本が低いシュートを打つも,わずかに左にそれる。
    近大は奪ってから縦に入れて,2トップのポストプレーからサイド。折り返しを狙うパターンが多い。
    32分,姫路。混戦の右サイドから国司が赤へクロス。友成がファーに走りこんでヘッドで合わすも枠の外。
    37分,後方でのカットから中坂が縦に素早くクサビ。
    友成がダイレクトで左サイド,DF裏へ浮き球を送り,廣利。走りこんでシュートもGKが処理。
    前半終えてスコアレスながらも,ペースは姫路。後半に向けて期待を持てる内容。

    後半開始,近大は吉田に代えて,MF辻倫太朗④,宮本に代えて,MF大北啓介④。
    藤本,皿谷の2トップに,2列目は左から辻,小田原,大北,青山という布陣に変更する。
    52分,近大。左スローから小田原が右へ展開。青山が受けるも詰まって,一旦,後ろのパス。
    受けた桂田。低い位置からゴール前にクロス。藤本が胸トラップからシュートも枠を捕らえず。
    59分,近大。左サイドからのボールを皿谷がPA左で受ける。藤本とのワンツーで中に入りシュートも枠の上。
    64分,近大。左サイドでのカットから素早く前線へ。ラフに入ったボールを皿谷が拾って相手と3対2の数的優位。
    しかし,国司が体を張って,皿谷の突破をさえぎり,零れたボールをGKが処理する。
    近大は後半に入って,シンプルにDF裏にボールを入れて,2トップが個の力で突破を狙う。
    姫路も統率のとれたブロックが崩れているが,しっかりDFが粘って好機を作らせない。
    23分,姫路DFがボールキープも近大が前からチェックをかける。焦ったDF後ろにパスを出すも,GKがこれをキャッチ。
    西岡にイエローが出る。PA右で近大の間接FK。藤本が短く辻に渡し,リターンから左足で狙うも大きく上。
    その後,姫路は田村に代えてMF五百川雄太②,友成に代えて,FW尾花和真③を投入。1点を狙いに出る。
    終了間際の49分,姫路は自陣でのカットから素早く立てに送り,相手PA付近で数的優位に。
    パスをまわすもシュートが打てずにタイムアップ。惜しい場面を作るも1点が取れないまま試合を終えた。


    姫路獨協大学 昌子力監督

    今日の試合について
    「近大は先週負けて(関学に1-5),今日は下位の姫路相手に負けられないという難しい状況だったので,
    プレスをしっかりかけてコンパクトなサッカーで来るだろうと思っていた。
    それに対して,しっかり競ってセカンドを拾うことで対抗していこうと。
    メンタリティや技量の差を考れば,良く出来たと思います。」

    後期,姫路を注意するチームが多い。夏の間に取り組んだこと,変わった部分。
    「失点を減らすため,練習から守備にウエイトを置いた部分はある。
    また,優先順位をみんながしっかり分かっているのが大きく,走ることがしっかり出来るので,そこが出せている。
    2部から上がってきた中で残留を目指し,下級生にいい経験をさせていきたい。
    そういった中,“なぜサッカーをしているのか”などモチベーションを持って,取り組むことが明確になっているのは良い事。“苦しい状況を皆で乗り切ろう”というのがピッチの選手たちから伝わっており,頼もしさを感じる」
    スポンサーサイト
    コメント

    管理者のみに表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。