スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピンチをチャンスに ~大阪体育大学 対 京都学園大学~

2011.10.10.Mon

    本日も大学サッカー。高校サッカーが本格化する前に後期の全チームをチェック!ということで,すでに9チームを消化。
    今日は大体大,大産大がお目当てである。1節を纏めて全て観てしまうのも手ではあるが,プレミアやプリンスを挟んでしまうため,どうしても偏りが出てしまう。関大,京園大は3週連続での観戦。もう立派なファンの一人だ(笑)
    まずは1試合目の大体大と京園大

    大阪体育大学
    22渡邉俊介② 6山本大稀②
    18田上勇輝③24山口幸太①
    7廣岡太貴④16松竹貴大④
    5馬場将大③12皆口裕司④
    4濱上孝次③3菅原渉③
     31姫野昂志③ 

    京都学園大学
     21村上綾③ 
     31杉山一貴③ 
    57下栗誠矢②63新井祐輝②
    67豊永翔也②4朝比奈魁人③
    43吉良将②14外山岳③
    5池田倫太朗③45上園拓也④
     13黒岩大生④ 

    3分,京園大。左サイドを連携で崩して豊永が中へクロス。DFにクリアされるも下栗が拾って1人かわして中へゴロ。
    村上が走りこんでシュートもGKが反応し,CKに。
    4分,京園大。この右CK。ゴール前に上がったボールを上園が頭で合わすも左に逸れる。
    5分,大体大。山口の右クロス。ファーに流れたボールを反対再度の馬場が中へ落とし,廣岡がミドルを狙うもGKが弾きCKに。
    11分,京園大。ハーフライン左からフワリとしたボールが中央の杉山に渡り,
    ダイレクトで左の深い位置のスペースへ展開。村上が受けてドリブルでPAへ進入。
    素早く大体大,菅原が横から身体を入れてコースを切ったが,村上が倒れてしまう。
    判定は一発レッド。京園大がPK獲得。キッカーは村上。軽い助走で蹴ったボールは左に逸らしてしまう。
    1人少なくなった大体大は松竹がDFラインに入り,山本がボランチに。4-4-1の布陣で挑む。
    15分,京園大。下栗が左サイドから中へドリブル突破。一旦,中の村上に預けて,リターンを右サイドへ展開。
    外山が切り返しからシュートを狙うもGKが好反応でCKに逃げる。
    18分,京園大。豊永の左FK,ゴール前で,新井がヘッドも枠の外。
    立ち上がりから京園大がチャンスを作る。開幕戦で山下哲監督が話していたように
    「村上の得点力,下栗の個人技をグループで活かす」という狙いが徹底されている。
    村上が左右へ流れてタメを作りつつ,突破でゴールに迫る。
    下栗は柔らかいタッチとスピードを活かしたドリブル突破で,周囲を活かすだけでなく,
    中へ絞って相手のマークを引き寄せ,吉良や豊永の動き出しを引き出し,攻撃に厚みを加える。
    攻撃陣が空いたポジションに瞬時に飛び出したり,攻撃の連動性がうまく回っている。
    しかし,先制点を奪ったのは1人少ない大体大だった。
    23分,相手陣内左でのFK。馬場が蹴った浮き球をニアで濱上がヘッド。
    ゴール前に上がったボールを渡邉が頭で押し込み,大体大が先制する。
    28分,にも左サイドから田上がドリブルでPAへ侵入。
    「行けると思った」という自信のある状況で,GKとの1対1を右隅に決めた。
    手元集計のシュート3本で,2点。流れは京園大という中で,効率良くリードを広げて前半を終える。

    48分,大体大。左CKは中央で弾かれるも山本が拾って中へクロス。山口がヘッドも枠の外。
    55分,大体大。左サイドで田上が囲まれるも一旦,後方の山本に預けて,深い位置でリターンを受ける。
    強引にPAに入りこんで,中へマイナスのパス。松竹がシュートも右に逸れる。
    63分,大体大。クリアボールが前線に入り,山本がドリブルで左に流れて中央にマイナスのパス。廣岡がシュートも枠を捕らえず。両者,ともに交代枠を使い切り,迎えた91分。京園大の攻撃を耐えた大体大。
    大きく蹴ったクリアボールが前線に渡る。エリア右で山本が受けて,切り替えしから1人交わしてPA侵入。
    GKを寄せた所で,中央でフリーの途中出場,FW脇陸③にパス。しっかりこれを決めて,3-0。1人少ない大体大が試合を決めた。

    京園大は後期開幕から3連敗だが,展開するサッカーの質的には悪くない。前節,西政治コーチが話していたように,「負けが続く中で.自信を失くしている」前半のような攻撃を続けていれば,ゴールに繋がるはずだが,何本か止められた時点で,「これで大丈夫?」と半信半疑になってしまう。今日はそこで失点し,崩れてしまった。
    続けることで生まれるゴール,自信もあるはず。攻撃の形はいいと思うので,浮上のきっかけに期待したい。
    大体大は坂本監督が「一人減ってスペースが広くなった分,動けという指示を出した」と話したように,
    1人1人が受け持つエリアが広くなった分,動きを増やしてカバーできた。
    「2点目まではラッキーな取り方」(坂本監督)だったが,しっかり少ないチャンスを活かせたのはチームが持つ力だろう。後期,初勝利。ここまでフル出場を続けていた菅原を出場停止で欠くのは痛いが,「混戦になると思うので,喰らい付いていきたい」(坂本監督)という言葉に力強さを感じた。
    スポンサーサイト
    コメント

    管理者のみに表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。