スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山口国体2回戦 兵庫県少年男子 対 宮崎県少年男子

2011.10.03.Mon

    3試合目は兵庫対宮崎。兵庫はヴィッセルが9人にタキニが3人で最大勢力。
    CSKAモスクワの人と同姓同名の本田君はエストレラ姫路所属の選手である。
    ここまでキャプテンとしてチームを纏めていたDF伊井野克也①とU-15代表のFW藤本裕豪が登録を外れた上,
    ボランチとして献身的な動きと散らしでチームの心臓となっていたMF小西智貴①が体調不良でスタメン回避。
    宮崎は日章学園が9人。去年の高円宮杯にも出場していた附属中学で育った選手が多く,テクニカルな選手が揃う。

      兵庫県少年男子
      10表原玄太① 13星野遼河①
      11本田圭佑②9松井慎太朗①
      5李光①8堂園和馬①
      16山口真司2北野司①
      14坪井知也①3川渕裕哉①
       1吉丸絢梓① 

      宮崎県少年男子
       11吉牟田直樹① 
       10菊池禎晃① 
      8岩修人②15田口徹①
      6川崎皓章①7松田岳①
      2木橋春暁①5柏田崇走②
      3大川雄平①4岩切龍二①
       1永本康造① 

      4分,まずは兵庫。ハーフラインでのカットから堂園。
      素早く左に開いた表原に叩いてドリブルで中へ突破。PAに入った所で中へパスを送るもGKがキャッチ。
      8分,左からのスローインを受けた表原。ドリブルで中に入って,マイナスのパス。李が右足でミドルも右にそれる。
      16分,右からの中央の表原。左に叩いて,本田。エリア左からタメてシュートもGKの正面。
      立ち上がりは兵庫のペース。表原が重心の低いドリブルから,いいタイミングで左右に散らしてチャンスを作る。
      21分,宮崎。柏田が後ろからスライディングにいって、イエロー。
      24分,宮崎。川崎がハーフライン中央から左CK付近に向けて長いパス。岩が走りこんでクロスを上げる。
      中央でDFがクリアされるも,菊池がミドルシュートで終える。
      25分,兵庫。カットから素早く縦へクサビのパス。
      表原がドリブルでタメてDFの間へスルーパス。星野が走りこんでシュートもGK正面。
      28分,宮崎。右サイドを連携で崩して,PA中央へ吉牟田が潰されクリアされるも,菊池が拾ってロング。GK弾きCKに。
      30分,中央に絞った岩崎が縦とのワンツーで縦を突破。PA手前で右に叩いて田口がシュートも左にそれる。
      31分,兵庫。右サイドからのパスを中央の李。素早く左に叩いて受けた本田が素早く中へ低いクロス。
      松井がヘッドであわすもシュートは枠を捕らえず。

      立ち上がりは兵庫のペースだったが,徐々に宮崎がペースを上げていく。
      ボランチを中心にしっかり兵庫の攻撃陣を後ろからきっちり捕まえる。
      「もっと前を向いていければ」と井上誠監督が話したように,兵庫はボールが入るも攻撃陣が押さえ込まれ,ボールを失い,菊池を基点にサイドを素早く突いて攻める宮崎にやられてしまう。
      宮崎のキーマンとなっていたのはFW菊池禎晃①。ひざ下が柔らかなテクニシャン。
      ギリギリまでボールを待って,巧みなターンでかわしてタメからサイドを走らせる。
      今大会多かった“小柄でテクニシャン。かつプレースピードも速い”選手の1人である。
      菊池禎晃岩修人甲斐匠2松田岳
      兵庫でおもしろかったのは坪井。三木市立自由が丘中学からヴィッセルに進んだ選手。
      183センチという高さに左足から放たれるフィードも精度が高い。
      動きにぎこちなさが残り,まだまだ素材だが,中々いるタイプではないし,注目したい選手の一人。
      坪井知也表原玄太本田圭佑星野遼河
      ハーフタイム。宮崎は吉牟田に代えて,FW甲斐匠①を投入。そのまま1トップに入る。
      2分,宮崎。岩が左からドリブルを仕掛け,中へ突破。松田とスイッチしてシュートも,ボールは枠の上。
      17分,松田がフワリとしたボールをDF裏に送る。GKが処理に出るも対応が中途半端になり,頭上超え。
      これを甲斐が無人のゴールにヘッドで押し込んで,宮崎が先制点を奪う。
      後半になってからは完全に宮崎のペースだった。左サイドで仕掛ける岩を兵庫が捕まえられない。
      スピードに乗ってゴリゴリに運ぶドリブラーにつられて,中をあけて,中央を空けてしまう。
      得点こそ1点だが,宮崎がもう何ゴールかあげてもおかしくない場面が続く。
      残り5分,意地を見せたい兵庫。右SBに入った本田から大きく左前にサイドチェンジ。
      途中出場のMF夏目黎①が軽く刻んで中へ折り返し。このボールはポストにあたる。
      こぼれ球を堂園が詰めにいくもDFがブロック。
      32分,宮崎。左サイドの岩が中との連携で崩して縦を抜けて中の甲斐へ。
      ターンで振り向いて右サイドへパス。小原がダイレクトでシュートもポストに阻まれ,試合終了。
      「初戦の難しさが出てしまって難かった。宮崎は評判通り,しっかりした技術を持ついいチームでした」と井上監督が話したように,本領を発揮できなかった兵庫を宮崎が撃破してベスト8へと進出した。
      スポンサーサイト
      コメント

      管理者のみに表示
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。