スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山口国体2回戦 東京都少年男子 対 香川県少年男子

2011.10.03.Mon

    2日目です。昨日は試合後,下関に立ち寄り,ふぐ丼,ふぐフライ,あら煮の1,500円のセットを満喫。
    食後はサッカー馬鹿5人によるサッカー談義。関門海峡が臨める喫茶店で珈琲1杯で粘って2時間弱。
    有意義な時間だったけど,何が悲しいっておっさん5人なんだよ… ロケーションは一切どうでも良かった(笑)
    小倉の宿で睡眠をとり,この日は朝7時に出発。今日は電車で会場入り。
    昨日と違って,平日ということもあり,観客は少なめ。それでも,地元の小中学生が訪れ,選手たちに声援を送っていた。
    東京都少年男子
    11菅嶋弘希① 10高木大輔①
    9川上翔平①6安西幸輝①
    8山口陽一郎①15新里涼①
    5青山航①2青木啓輔①
    4羽賀健太①3五勝出竣仁①
     1宗仲光① 

    香川県少年男子
    10藤谷匠① 11阪本翔一朗①
    8皿谷好乃介②6川田正也①
    9安藤匡志①7金沢裕平②
    15久保秀介①2松島圭汰②
    4篠田裕一朗①5石川裕樹①
     1奥村悠大① 

    東京はFC東京が7,ヴェルディが5,横河1,養和1,成立1,横浜M1という構成。
    すでにクラブでもスタメンの座を掴む選手も多く,2年連続優勝も狙える優勝候補の筆頭だ。
    香川は中盤より前とGK,篠田が香川西。登録メンバーの9人を占めている。

    川上のミドルシュートで幕を開けたこの試合。東京が前回王者の名に相応しい一方的な試合運びを展開する。
    9分,香川の低い位置からのクサビ。ポストを受けた阪本から新里がカット。
    素早く,高木に預けて,後方の山口がDF裏へとフワリとパス。安西がフリーにで抜け出し,冷静に1対1を流し込む。
    11分,中盤でのボール回しから相手DFの隙を伺い,新里がギャップを狙うスルーパス。
    右サイドを高木が抜け出し,豪快に右足を振りぬけ,2点目をゲットする。
    22分,香川。篠田がインターセプトからドリブルで仕掛け,ハーフラインを超えた所で藤谷とスイッチ。
    再度,ドリブルで前に進み,相手DFに潰された所で,阪本に預けるもタッチが大きく,チャンスを潰してしまう。
    26分,相手のゴールキックを左サイドでカット。これを高木が受けて,ドリブルで仕掛ける。
    松島,石川をテクニックとパワーでかわして,中へパス。中央で菅嶋がDFのマークを外して受けて右隅に流し込む。

    前半を終えて,3-0。ほとんどの時間を香川のエリアで過ごすワンサイドゲーム。
    新里,安西の両ボランチを基点に難しいエリアを狙わずボールを動かし,香川DF外と裏のスペースを空けて,送り込む。
    高木は基本フラフラ前を漂い,ここぞという場面で気配を消し,DFの背後へ飛び出す。
    持ってからも球際に強くスピーディかつパワフルな突破で仕掛けるだけでなく,タメを作って後方の上がりを則す。
    新里は軽やかな身のかわしで相手のプレスをかわし,スペースへ勝負球を配給。
    山口は中盤の底でバランスを取りつつ,シンプルに散らして,機を見てはこちらもスペースを狙ってくる。
    安西はWボランチと絡んでボール回しに参加しつつ,チャンスとあらば相手を外して飛び込みを狙う。
    アクセントは左の川上。サイドをドリブルで運んで基点となりつつ,積極的に中へ入って,香川のズレを生む。
    選抜チームとは思えない程,意思の疎通が見られる。

    後半3分,DFからのパスを受けた新里が中央からゴール前にスルーパス。
    GKが前に出て処理に入るも,右サイドからダイアナゴルの動きで走りこんだ菅嶋が先にタッチ。
    そのままエリアの左に流れこんで右足で4点目をあげる。
    7分,香川。左サイドで新里からボールをカット。これを金沢が受けて,縦へ突破。
    中へ切り込み,PA左に開いた藤谷へ。抜け出した藤谷がこれを決めて,一矢を報いる。4-1。
    このプレーで新里が足を痛め,MF鴨池陽希①と交代。そのままボランチに入る。
    20分、東京。香川のパス回しを山口がカット。素早く前線の高木へパス。ドリブルで中央を揺さぶり,DFの頭を越すパスを送る。川上が左から中へ入ってフリーでシュートもGKがセーブ。
    23分,DFラインからのフィードから前線の高木。タメて左へ叩き川上が中へ速いボールを送るもGK。
    24分,左サイドの川上からゴール前に速いパス。安西が走りこんで潰れた所を高木がシュートも枠の上。
    25分,菅嶋のキープからフォローに走った高木に渡って右から中へ突破。
    フリーで抜けた高木を捕まえようと前に出たGKの脇を通し,中央で川上が合わせて,5-1。
    東京が余裕を持ってベスト8進出を決めた。
    菅嶋弘希高木大輔2山口陽一郎安西幸輝2
    五勝出竣仁青木啓輔金沢裕平阪本翔一朗
    スポンサーサイト
    コメント

    管理者のみに表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。