スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山口国体1回戦 千葉県少年男子 対 石川県少年男子

2011.10.02.Sun

    3試合目はピッチを選べきれなかった。千葉対石川,山梨対福島。四つとも捨てがたい。
    ということで,前後半でピッチを代えて,観戦することに。まずは千葉対石川。
    千葉県少年男子
    13宮澤弘① 14森永卓①
    16秋山陽介①7青木亮太①
    10小林大地②8小泉慶①
    3坂巻翔大②2宮川泰来②
    6磐瀬剛①11桜井将司②
     1佐々木祐紀② 

    石川県少年男子
    11加瀬夢三史① 14仲谷将樹①
    10寺村介①8渋谷太郎①
    13森下洋平①9稲垣拓斗①
    6太田京輔2宮田雄介①
    4寺田弓人①5松田翔平①
     1近藤大河① 

    千葉はミニ国体から選手を入れ替えてきただけでなく,プログラムに名前のない選手がちらほらいる。
    2トップはミニ国体にもプログラムにも名前がない。とある保護者いわく「補強しました」そうだ。
    特徴で言うと2年生早生まれの多さ。この日のスタメン,佐々木,宮川,坂巻,桜井,小林含め7人が各当する。
    石川は星稜が12人で最大派閥。春にプリンス北信越を観にいった際に関係者が「本田効果もあって,いい選手が集まっている」と話していたように,東は鹿島,西は広島まで強豪チームから選手が入ってきている。
    すでに近藤,寺村がチームでもスタメンの座を掴むだけでなく,すでにAチームに顔を出す選手もいる。楽しみだ。

    五部の戦いを予想していた。だが,開始から試合は終始,千葉のペースで進んでいく。
    7分,右サイドから青木が中へあげた低いクロス。多田が弾いたボールがDFにあたりオウンゴールで千葉が先制する。
    続く,8分。後方からのパスを森永が相手に身体を預けてターンで前を向く。
    ドリブルで様子を伺いつつ,DF裏にスルーパス。宮澤がフリーで抜け出し,右隅に流して千葉が2点目を決める。
    20分,またもや宮澤。中央25m付近から放った小林のミドルがバーに直撃。
    左に流れたボールを宮澤が拾ってGKと1対1に。落ち着いて,右隅に決めて,3-0。試合の流れを決定付けた。
    その後も,32分。狭いエリア,右サイドを繋いで,青木がフリーで抜ける。PAでシュートも決まらず。
    35分,青木のスルーパス。宮澤がフリーで抜け出し,GKと1対1も右隅に外してしまう。前半終了。

    前半を観る限り,2トップが入れ替わりつつも縦の関係を作り続ける。
    後方で宮澤がしっかりした体躯を活かしたポストからタメを作り,ゴールへの嗅覚の良さを活かし,穴を突く。
    森永は前で,素早い動きでチェックと裏への飛び出しを担う。
    彼らを活かすのはプレーメーカーの小林と青木。小林は高い精度とパワーを備え,散らしとセットプレーで。
    青木はギャップで受けてからスルーパスで周囲を活かす姿が目についた。
    ボロボロだった石川では仲谷。テクニックと身体の強さがあり,相手を背負える選手。
    相手に押され,バタついた石川の攻撃にタメを生み出す姿は頼もしかった。試合はトータル5-2で終了。
    宮澤弘2森永卓小林大地青木亮太2
    小泉慶仲谷将樹稲垣拓斗加瀬夢三史
    スポンサーサイト
    コメント

    管理者のみに表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。