スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山口国体1回戦 大分県少年男子 対 新潟県少年男子

2011.10.02.Sun
続いて2回戦は大分対新潟を選択。新潟が観たいというのもあったけど,セレッソカップで大分が凄いおもしろかった。
メンバーの半数以上が中学3年生。体格で上回る相手をポゼッションで崩すシーンが爽快だった。
“もう一度,観たい”そんな理由で選んだこのゲーム。判断は間違っていなかった。
大分県少年男子
 15本田兼也 
3矢内瑛義①16高田和弥
14安藤翼8合嶋雄大①
 10姫野宥弥 
5山田大貴②11岩本一紘①
7赤尾隼②4岩武克弥
 12竹中健悟 

新潟少年男子
11依田隆希② 10渡邉新太①
9石附航①8佐野弘東①
6本田航平①7三好一央①
2東晋②5須田航①
4五十田航輝①3堀圭太郎②
 1本田渉① 

大分のスタメンは6人が中3(後ろの数字なし)。カティオーラにトリニータ,HOYO,S-playと所属も様々。
「中3にタレントが揃っている。早めに選手をピックアップして,きっちりトレーニングを積んできた」(首藤謙二監督)と話す,期待のチームが開始直後から華麗なサッカーで新潟を攻め立てる。
6分,中央で赤尾→本田と繋いで崩してPAの左に開いた安藤へ。
素早く中へゴロを送りPA中央の高田が右足でネットを揺らし、大分が先制する。
20分,堀に反スポーツ行為でイエロー。
24分,大分。中盤左からのパス。待ち受ける姫野の足元からそれるも足を伸ばし、右サイドの高田へパス。
ダイレクトで中央PA手前の本田へ叩き,縦へスルーパス。安藤が後方から抜け出しGKと1対1。落ち着いて隅に沈める。
アディショナルタイムに入った36分,新潟の堀が2枚目のイエローで退場。
リードを与えた状態で,1人少ないという新潟にとっては非常に苦しい展開で前半を終える。
須田航渡邉新太2本田航平
「ボールを保持して,DFからしっかりポゼッション。相手の間に入って、相手をかわしていく」(首藤監督)。
狙い通りのプランを実行できた大分の前半は観ていて痛快だった。
体格差で劣る相手の間に入って,パスワークでかわしつつ,スピードのある両WGが仕掛けてアクセントを加える。
もちろん,1試合を通して,かわし続けられるわけではない。接触シーンも出てくるがほとんど大分が勝っていた。
原因はなんだろ?観ていて浮かんだのが姿勢の良さ。皆,背筋を伸ばしプレーをしている。
視野を確保し,その都度,適切なポジションに入るだけでなく,寄せてくる相手に対して,ちゃんと身体を当てている。
腕を当て,つま先で転がす&ダイレクトで叩く,相手に身体を預けてターンでかわす,動いている相手に対して,止まって重心を落として,ボールホールディングする。顔を上げることによって情報量を増やしているように思えた。

目を惹いたのはまず姫野。腰がしっかりしてて相手のあたりにびくともしない。
中央でしっかりボールホールディングして,前後左右へ確実にセーフティーに散らしてチームに落ち着きを与える。
そして,高田。スピードのあるウイングで相手の視界から消えるのがうまい。
相手の裏をとり,縦を抜けて右のクロス。カットインからの左足。左右難なく使えるのも武器。
姫野宥弥岩武克弥本田兼也2DSC04012.jpg
後半開始,11分,大分。左後方で山田がスローイン。貰いにいった赤尾が落としたボールをダイレクトでゴール前へ。
相手プレイヤーあたってラインを割り大分が3点目をゲットする。
しかし,大分は「1人退場となって気が抜けてしまった」(首藤監督)とここから,新潟にチャンスを作られる。
11分,新潟,三好のFK。ゴール前で五十田が頭であわすも枠の上。
16分,右サイドのスローインを受けた依田がドリブルで軽く中へ持ち込みシュートも枠を捉えず。
19分,渡邉がドリブルで強引に持ち込み,GKをかわすもDF追いつき,なんとかクリア。
岩武を中心に危ない場面をしっかり押さえ込み,相手に反撃のチャンスを与えない。
20分,ハーフラインでのカットから引いて相手DFと中盤の間で受けた本田。
ドリブルで様子を見ながら,スルーパス。これがうまかった。相手DFが足も伸ばしてもギリギリとれないコース。
そして,走りこんだ途中出場の坂井大将が勢いを殺さず打てるボール。
シュートこそ決まらなかったが,本田の巧さが感じられたシーンだった。
154cmの彼がCFに入る理由はこういったプレーにあるという。前途したように小柄ながらもしっかり相手を背負える。
試合中,ずっと動き続けて相手のギャップでボールを受ける。引いたことで相手のCBを前に引き出し,ターンの巧さで一人かわす。また,彼につられ相手CBが空けたスペースに周囲が飛びこんでフリーの場面を作り続ける。
スペインのがメッシシステムなら,大分は本田システム。小柄な彼が攻撃を引っ張る。
リードを保った大分は終了までにしっかり交代枠と使い切り,タイムアップ。2回戦で静岡と戦うことになった。
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。