スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山口国体1回戦 岡山県少年男子 対 岩手県少年男子

2011.10.02.Sun

    各県持ち回りで行われる国民体育大会。今年の開催地は山口である。
    今年はプリンスや全国大会を見て回り,関西外へと出るのは,金銭的に痛い。
    フェリーか夜行バスで北九州まで出て,小野田へ行こうか…と
    悩んでいた時に仕事でお世話になった,とある選手のお父さんから救いの手が差し伸べられた。
    「私も行くので途中,拾いましょうか?」 断る理由はない。
    土曜日の夜に同じく交通手段に悩んでいた,おじさんと合流し,京都からサッカー馬鹿4人による旅行がスタート。
    少年男子の開催地であるおのだサッカー交流公園まで6時間。最初は「寝させてくださいね~」なんて話していたものの,マニアックなサッカー談義に花が咲き,あっという間。会場到着は朝の4時。
    間違いなく一番乗りである。仮眠をと,車内で眠ってはみるものの修学旅行のようなテンションであまり眠れず。
    これまた一番乗りでプレス受付を済ませ,1回戦へと向かった。
    岡山県少年男子
    7伊東佑磨② 9大塚光一郎①
    11平岡翼①6青木大峰①
    14笹倉蓮①8永松達郎①
    5東出功①2宇田有志②
    3山本義道①3永井光②
     1太田純貴① 

    岩手県少年男子
    9城澤拓弥② 8高橋魁皇①
    11本間達耶①7大間々知輝①
    10谷村憲一②6滝村勇樹①
    2井上廉②12落合秀哉①
    5古内廉①4滝野潤①
     1須川拓也② 

    私のモットーは「なるべく多くの選手,を観戦する」。かっこよく言うと「未知なる才能,埋もれた人材」の発掘。
    そのモットーから,今回は普段観れないチームを観る。そうして選んだのがこの試合。
    埼玉対青森も悩んだが,プレミアリーグやクラセンで観ようと思えば観れる。
    何より一度,谷村が観てみたかったし,すでにチームで活躍している作陽の1年生を観たかった。

    開始早々,試合は動いた。5分,自陣の山本からハーフラインの笹倉へとパスが繋がり左へ大きく展開。
    平岡が走りこんでドリブルから中へクロス。ゴール前で大塚が合わせて,岡山が先制する。
    9分,今度は岩手。谷村がハーフラインでのカットからドリブルで前に出て右サイド深い位置にスルーパス。
    これを右に開いた城澤が走りこんで中へクロス。ファーで本間がシュートも惜しくもポストに阻まれる。
    13分,岡山。右でのスローを受けた大塚がPAへドリブルで進入し,ニアへパス。伊東がシュートも外。
    33分,岩手のCK。本間がショートで城澤に預け,中へクロス。谷村がヘッドであわせに行くもDFが先にクリア。
    国体は35分ハーフで行われるため,ここで前半終了。
    前半,岩手で目を惹いたのは谷村。まっさきに目につくのは184cmという身長に手足の長さ。
    すらっと伸びた背筋から左足で,長短のパスを前線へ配給する。右足も悪くない。
    ただ,まだまだ成長途中。身長の割りに体重が軽い。身体に動きがついて行ってない。
    一緒に観ていたおじさんも言っていたが,無駄な動きが多く,前半の終盤には肩で息をしていた。
    ただ,これはいいこと。まだ伸びるんじゃないかとも行ってた。末恐ろしい…
    谷村憲一2谷村憲一3本間達耶大間々知輝
    岡山では笹倉と平岡。笹倉はヴィッセルU-15から作陽に進んだレフティー。
    ミドルゾーンに顔を出し,シンプルかつ的確に左右へ散らし,リズムを作る。小柄ながらも球際に強い。
    平岡は奈良のポルベニル・カシハラから作陽に進んだドリブラー。一瞬の加速で抜き去り左足から好クロスを連発。
    右足の精度も高く,カットインからも惜しい場面を作っていた。コースが切り難いから,DFにとっては面倒臭い選手。
    平岡翼笹倉蓮青木大峰大塚光一郎
    後半11分,岡山。途中出場のMF加藤健人が縦にクサビ。大塚が受けて,中央に持ち込み,平岡とスイッチ。
    そのまま受けた勢いで右サイドへ流れてシュートも枠の外。
    13分,岩手。谷村がハーフラインでカットし,中をドリブルで突破。PA手前で相手と4対5.
    うち,オフサイドは左の2人。視線はこの2人を見つつ,ノールックで唯一,オフじゃない右の途中出場の菊池和樹を選択。
    シュートまで持ち込めなかったが谷村のセンスを感じさせるワンシーンだった。
    17分,岡山。中央右寄りでキープする笹倉が右のスペースへスルーパス。大塚が走りこんで中へゴロ。
    ゴール前で伊東がダイレクトで合わせて,岡山が2点目を決める。
    18分,左サイドを伊東がドリブルで抜けて,中へパス。ゴール前には大塚と青木。
    大塚がニアで潰れて,フリーの青木に渡るもシュートは大きく上。
    21分,自陣でカットした山本からハーフライン付近の大塚へ。ドリブルで前に出てロングシュート。
    GKが弾いたボールを平岡が詰めにいくもシュートは枠の右にそれていく。
    残り10分を切り,岡山はベンチにいた残り4人を全員投入。余裕を持った試合運びで2回戦へと進んだ。
    スポンサーサイト
    コメント

    管理者のみに表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。