スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覇権の行方 ~プリンスリーグ1部最終節 ガンバとヴィッセルの試合~

2011.09.24.Sat

    プリンスリーグ1部最終節。優勝の可能性を残すのが首位,ヴィッセルと2位のガンバの2つ。
    勝ち点差はわずかに1。ヴィッセルが引き分け,ガンバが勝てば逆転の目もある。
    ガンバ大阪ユース
     11西田康貴③ 
     14薮内健人② 
    24内田裕斗①18出岡大輝②
    5山千代大斗③10徳永裕大②
    2花木直人③13福田浩規②
    4稲森克尚③3西野貴治③
     1田尻健③ 

    野洲高校
    25玉置裕大②8高野登志基②
     10望月嶺臣② 
    7布施俊樹③3平山晃大③
     6松田恵夢② 
    14武田侑也③2横江惇③
    22飯田貴敬②4水野隼人②
     1細川隼人③ 

    小谷を欠く,ガンバはここ数試合SB起用が続いていた山千代をボランチに戻して,4-2-3-1の布陣を敷いてきた。
    狙いは2点かな?ポゼッションに優れる野洲に対抗するため,中盤の人数を増やす。
    相手のSBはポジションを常に高く取るから,実質2バックだから,FWは1枚で良いという判断かな?
    また,高いSBの裏を突破力のある出岡に狙わせる意味でもサイドに置いたんだと思う。
    にしても,野洲の布陣を定義するのが難しい。3バックのような気もするし,システムは参考程度までに。

    試合は前半,野洲が少ないタッチで中央を基点に左右へ揺さぶり,高い位置でボールを回して試合を支配する。
    ガンバは追いかける場面が目立つも,ヴァイタルエリアに人数をきっちりかけて,シュートまで持ち込ませない。
    ただ,ブレイクポイントが低く,押し上げも少ないので,奪った後が繋がらない。
    全体が間延びしているので,奪った後素早くサイドへ送るも西田へのフォローが遅くシュートまで持ち込めない。
    苦しい試合の中,試合を動かしたのはガンバ。16分,野洲の攻撃を耐えた田尻がキャッチから大きく前線へキック。
    サイドへ流れた西田が混戦から右を抜け出し,角度のない位置から中へシュート。これがネットを突き刺さり,先制する。
    前半のシュート本数はガンバが3,野洲が0。互いに決定機を奪えない中で貴重な1点。
    主導権が奪えない中での貴重なゴールに期待が膨らむ。
    しかし,前半が終了に近づく中,反対のピッチで歓喜があがる。ヴィッセルが内田のゴールで先制する。
    勝っても,ヴィッセルが転ばないと追い越せない。ガンバサポから不安の色が出てくる。
    ということで,後半はピッチを移動し,ヴィッセル対大阪桐蔭の試合を観戦。
    ヴィッセル神戸U-18
     22内田祐介② 
     16井上哲大② 
    11小林成豪③19松村亮②
    25宮村哲朗②15水町政哉②
    6免田朋己③3山田真己人③
    4仲島義貴③24佐古将太②
     1杉本康輔③ 

    大阪桐蔭高校
    9堀口巧③ 25丹羽詩温②
    24田中淳一③17羽座来飛③
    7俵石直哉③8中尾元基③
    2紀田宰③20田渕大貴②
    5元澤槙之介③4眞野寛規③
     1宮崎悠平③ 

    後半立ち上がりから,ヴィッセルが試合を進める。
    奪ってから素早くドリブルでサイドを突き破り,PAで素早い連携で崩しにかかる。
    51分,右サイドを抜けた小林が中央へパス。松村が潰れながら左に流して,フリーの宮村。
    落ち着いて,左隅に決めて,2-0とする。ここから膠着状態が続く中,ヴィッセルは積極的にカードを切る。
    DF阪本航也②,MF川戸大樹②,FW高見啓太③,鶴崎光②。このままでも優勝は決まるが,追加点を狙いに出る。
    78分,松村が中盤でドリブルで仕掛けてDF裏へスルーパス。鶴崎が抜け出すも潰されるも,粘って右へ展開。
    高見が受けて素早く中へ折り返し。松村が上がってダイレクトで左隅を狙うも枠の外。
    松村を中心にドリブルで仕掛けつつも,少ないタッチでの素早いパス回しを織り交ぜ,
    大阪桐蔭ゴールに迫るが後一歩及ばずタイムアップ。2-0で試合終了。
    勝ってしっかり優勝を決めたイレブンは大歓喜をあげた。
    14試合で11勝2分1敗。得点48はダントツの多さだし,失点数もガンバに次ぐ少なさだった。
    強豪揃いの関西1部の中でも頭一つ抜けた存在だったと思う。プレミア参入戦は九州1部が対戦相手。
    まだどこが出てくるか分からないが,この勢いをうまく続けて,全国への出場権を手にしてほしい。
    一方のガンバは後半に一度は追いつかれたものの,岡本のゴールで2-1で終了。
    スポンサーサイト
    コメント

    管理者のみに表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。