スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AFC U-16選手権予選グループF(9/12~23@ラオス)

2011.08.29.Mon

    監督 吉武博文【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】
    コーチ 江尻篤彦【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】
    GKコーチ 大橋昭好【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】
    No.NAME生年月日身長/体重現所属前所属
    GK1田口潤人96.09.28176/61横浜F・マリノスジュニアユースジュニオールSC
    18白岡ティモシィ96.09.08185/75サンフレッチェ広島FCジュニアユース廿日市ソレイルFC
    23長沢祐弥96.07.01180/70ACNジュビロ沼津トライアングルSC
    DF5宮本航汰96.06.19173/60清水エスパルスジュニアユース三保FC
    6佐々木渉96.07.28170/59FC東京U-15むさし富士見丘SS
    7小林岩魚96.10.17175/61ヴァンフォーレ甲府U-15Uスポーツ
    15中谷進之介96.03.24180/60柏レイソルU-18柏レイソルU-15
    24伊藤克尚97.02.24167/55サンフレッチェ広島FCジュニアユース長束FC
    43酒井高聖96.03.20180/65アルビレックス新潟ジュニアユースレザーFS
    MF4水谷拓磨96.04.24160/53清水エスパルスジュニアユース静岡城北SSS
    13高木彰人97.08.04172/62ガンバ大阪ジュニアユースSSクリエイト
    17姫野宥弥96.09.27160/58HOYO AC ELAN大分U-15大分トリニータU-12
    20手塚康平96.04.06170/57柏レイソルU-15ともぞうSC
    21杉本太郎96.02.12162/54帝京大学可児高校SC岐阜VAMOS
    28和田昌士97.04.11174/63横浜F・マリノスジュニアユース二俣川SC
    35三好康児97.03.26163/56川崎フロンターレU-15川崎フロンターレU-12
    40岡村吾朗96.09.08168/58図南SC群馬図南SC群馬
    FW2石田崚真96.06.21166/53ジュビロ磐田U-15湖西FC
    9阿部良季96.10.05169/51カティオーラFC U-15カティオーラFC U-12
    10藤本裕豪96.09.16165/63ヴィッセル神戸U-15若草少年SC
    11北川航也96.07.26176/66清水エスパルスジュニアユース静岡城北SSS
    14鎌田啓義97.04.04160/50アルビレックス新潟ジュニアユースFC Aganoジュニアユース
    27中村文哉96.11.22170/64SC岐阜VAMOSJUVEN FC898

    2013年W杯を目指す長い道のりがスタートする。9月12日のチャイニーズ・タイペイ戦を皮切りに、1次予選が開始。
    韓国、ラオス、カンボジア、ベトナムと戦い、2次予選に向けて、2位以内を目指すことになる。
    選ばれた面子を見ると、酒井、小林、杉本、手塚、姫野、中村と最終の新潟合宿で初召集された滑り込み組が目を惹く。
    逆に田口、佐々木、和田は新潟合宿に呼ばれてない。
    チームとして固めて挑むのではなく、吉武サッカーのコンセプトに合う調子の良い23人ということかと思う。
    韓国も同組で難しいグループとは思うけど、予選突破は大丈夫ではないかな。
    U-15日本代表(予想布陣)
     9阿部良季 
    2石田峻磨11北川航也
    35三好康児4水谷拓磨
     20手塚康平 
    7小林岩魚6佐々木渉
    15中谷進之介5宮本航汰
     18白岡ティモシィ 

    コンバートが多く、予想が難しいけど過去のデータなどを基にした予想布陣。たぶんアテにならない(笑)
    GKは白岡を選んだものの、3人とも甲乙つけ難い。白岡と田口の争いになると思うが、戦況次第では長沢の出番も。
    CBは宮本、中谷がリード?これに酒井と中盤での登録ながら、大分国体選抜ではCBもこなしていた姫野の起用もある。
    右は佐々木に両サイドこなす伊藤。これにチームではここを勤める石田や水谷の起用も考えられる。
    左は岩魚に伊藤、水谷。組み立てに関与できる左利きの手塚を使うのもおもしろうそう。
    アンカーは本職でいえば、手塚、和田、姫野。センターは水谷、杉本、三次、岡村か?
    ただ、アンカーより前は本当に予想がつかない。先代のU-17であったように小柄なドリブラー中島翔哉を引き気味のCFに置いたようにバルセロナスタイルの“ニセCF”を使うのであれば、CFの候補は阿部、藤本、中村。
    サイドにストライカーの北川とスピードのあるウイングタイプ石田か高木を置くのではと予想。
    ただ、北川や中村が中盤センターやってたり、蓋を開けてみないと分からない部分が多い。
    どんなサッカーをやるかと言うよりも、誰をどこで使うのかが個人的には楽しみ。
    タレントの豊富な世代がどういったサッカーを見せるのか注目してみたい。
    スポンサーサイト
    コメント
    岡村吾朗の前所属
    岡村吾朗の前所属は図南SCですよ。
    Re: 岡村吾朗の前所属
    > 岡村吾朗の前所属は図南SCですよ。
    ありがとうございます。さっそく修正させていただきました。

    管理者のみに表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。