スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デベロップカップ初日その②

2011.08.18.Thu

    2試合目の後半はスプレッド・イーグルFC函館対サンフレッチェくにびき。
    このあたりから雨が強く、眠けに追われ、メモの数が減ってくる。
    なので、各チームのスタメン、良かった選手、ゴールの流れの簡易版でお送りします。
    スプレッド・イーグルFC函館
    10鍋島周平③ 13福原昭②
    7山田匠③15蛯子遥喜③
    8本間快斗③6柿崎六郎③
    5小柄洸太③4葛西大河②
    3泉谷航輝③2藤原浩平③
     1石井滉人③ 

    サンフレッチェくにびきFC
    10中島隆司③ 11園山靖也③
    8勝部浪樹③2川端麗生③
    7荒木翔馬③6山本涼太③
    4冨谷開③19奥石海斗③
    15影山真大③5原透③
     1森広樹③ 

    この試合で目についたのは柿崎六郎。豊富な運動量でパスコースに飛び込み、チャンスの芽を摘む。
    奪った後はシンプルに叩きつつも、機を見ては重心の低いドリブルで前に運ぶ。
    後で聞いたのだが、彼は800m走でも道内トップの選手だとか。
    左サイド、山田のドリブルも光った。レフティーだけど、右足を織り交ぜたドリブルで活路を見出す。
    左右巧みに操れるので、放すタイミングが掴みづらい。カソルラみたいなタイプ。
    試合では、阿部修土監督が「うちはGKのチーム」と話していたように、GKの石井もエリアが広く
    、好判断での飛び出しや好セーブでくにびきの快足FWを抑えこむ。
    後半は両チームともにチャンスは作るも、ゴール決まらず、スコアレスドローで終了となった。

    3試合目、まずはミレニオACと帝人SS。
    ミレニオAC
    9末長隆朗③ 7岡田浩平③
    10吉村悠佑③18蔵重智③
    6山本祐雅③8渡辺諒介③
    5重田京佑③11黒石悠斗③
    4古味秀章③3三好敦斗③
     1西山涼一③ 

    帝人SS
     10池田剛③ 
     8徳井稜② 
    14高本剛③11國和恭佑③
    4雲峰啓太③7福元拓海②
    2松本智瑛③5松川謙吾③
    3中矢智之③6水本康誠③
     1佐々木俊哉③ 

    スタメン眺めていて、ふと疑問に思う蔵重ってGKじゃなかったけ?
    ナショトレにも入るぐらいの選手で、プラグラムでもしっかりGKで登録されている。
    でも、右MF。しかも普通にうまい。バスの都合で飛び出したため、聞けなかった…
    試合は9分、ミレニオ。ハーフライン左から吉村が縦へスルーパス。
    岡田がフリーで抜け出して、中へゴロ。中央末長がフリーで合わせて先制する。
    15分、帝人。右からのFK。ファーで折り返して、福本が押し込んで同点。
    16分、ミレニオ。岡田の左CK。ファーで古味がヘッドで落として、山本がボレーで再逆転。
    この試合ではミレニオの吉村と岡田が目を惹いた。
    吉村は飛び級で国体に入る突破力の光るプレーメーカー。ドリブルからパスで周囲をうまく使う。
    岡田はスピードのあるFW。キック精度も高く、外へ流れてクロスで好機を作る。

    この試合は前半の途中で移動。最後はFC東京U-15深川対ブレイズ熊本の一戦。
    FC東京U-15深川
    22小池豊② 11堀川慎仁③
    2永山慧伍③24大熊健太②
    8渡辺龍③12新井幹人③
    14沢井奏斗③3山岸瑠③
    28渡辺拓也②4大西拓真③
     1伊藤倖希③ 

    ブレイズ熊本
     7甲斐太進③ 
     10福丸遼③ 
    9岩男仁③11渡辺晋之介③
    14橘木郁弥③8田原悟③
    13山本蒼馬③3関本拓海③
    4林倖多③5西嶋建人③
     1井野太貴③ 

    深川は守備陣がおもしろい。伊東はうるさい系のGK。90分絶えず指示を送り出す。
    プレーエリアも広く、足元もたくみ。DFラインは安心してラインを上げられる。
    渡辺は空中戦に強いCB。彼が前で弾き返し、こぼれ球サイドへ流れたボールを大西が拾う。
    左の沢井も周囲との連携で前に出て、攻撃にアクセントを加える。
    中盤では左利きのボランチ、新井。低い位置でボールを引き出し、浮き球、速い球、大きな展開と種類の多いパスで深川の舵を取る。右サイドはtopの大熊清監督のご子息。
    お父さんと違ってうるさくはない(笑)。2年で出場しているように力はある。
    左利きで、迫力ある中への突破でチャンスを作り出していた。
    試合は前半は0-0で折り返し、42分に大熊の右CKをファーで沢井が折り返し、山岸が詰めて深川が先制。
    58分には途中出場のDF矢崎陸②がミドルシュートを決めて2-0で終了となった。
    試合終了間際くらいでバスの都合で会場を離脱。1時間ほどバスに揺られ帯広駅前に到着。
    おもしろい選手が何人も観れて、長距離移動の疲れも吹っ飛ぶ1日となった。
    DSC03547.jpgDSC03556.jpg
    スポンサーサイト
    コメント

    管理者のみに表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。