スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セレッソカップ 第25回大阪招待~大阪国体選抜・少年の部 対 大分国体選抜・少年の部~

2011.08.12.Fri

    大阪国体選抜・少年の部
    19大津耀誠① 11魚里直哉①
    9小川直毅①10金永洙①
    8平田翔①7丸岡満①
    5永保尭①4福川和希①
    13片岡大基①3白岩海斗①
     1棟方博文① 

    大分国体選抜・少年の部
     15本田兼也 
     9阿部良季 
    19高田和弥13池辺祐馬①
    6中井紅希①8合嶋雄大①
    5山田大貴②11岩本一紘①
    7赤尾隼②14岩武克弥
     1竹中健悟 

    2試合目は3年連続準優勝の大阪対大分の一戦。国体は高1の出場機会増を狙ったU-16の大会である。
    今年であれば、1995年1月1日生まれ以降の選手、つまり高2の早生まれ以下が出場できる。
    多くのチームが基本的には高1でほぼ占められる中、大分のスタメンは5人もの中3が並ぶ。後ろの数字なしが中3。
    今大会は登録されるも帯同してないと思われる大分U-15DF佐藤昂洋、FW戸高裕登も出る力はある。ちょっと珍しい。
    大阪は今年から大きな変更があった。少年種別の場合、(ア)居住地を示す現住所,(イ)学校教育法第1条に規定する学校の所在地という規定がある。各々の学力に応じ、通う学校が分かれていたガンバは、大阪だけでなく県をまたいで各県のメンバー入りを果たしていた。例えば、MF横谷繁、徳永裕大が兵庫、MF望月嶺臣が滋賀という具合に。
    ただ、今年の1年から寮を導入し、全員が追手門学院高校へと通う。(ア)も(イ)も大阪となり、多くがメンバー入り。
    学校側もこのようににリリースを流し、この日は校長先生も観にこられるなど、期待がかかっている。

    開始4分。大阪がまず先手を打つ。大津のポストプレーから魚里が抜け出し、GKとの1対1を流し込む。
    大分も負けてられない。相手をかわす術と正確な左足からの展開が光る中井と、膝下が柔らかく足元に吸い付くドリブルからの叩きが武器の阿部を基点に少ないタッチで細かく繋いでサイドを突く。
    15分、右サイドを突破した本田から中へマイナスのパス。阿部が右足でシュートもGKの正面。
    ここから拮抗した展開が続く。中盤での奪い合い。前へ入るのは零れたボールくらいでチャンスは少ない。
    そんな中、28分。金が一瞬の隙をついて中央からDFの間へスルーパス。小川が抜け出し、ゴールを決める。2-0。
    前半終了間際、大分はFKからゴールキックから惜しいチャンスを作るも決めきれず前半を終える。

    後半からは大分が試合を進める。前半が終わるにつれ、流動的に動く前4人が少ないタッチでボールを動かし、スピードのあるサイドがスピードで仕掛けて、勝負に出る。CFを務めるのは154cmの本田兼也。
    彼が前線を自由に流れて、足元の上手さを活かしたポスト、抜けだしで前線で基点となり続ける。
    重心が低いからぶつかってもよろけない。低い彼を1トップで使うのも納得。
    21分、大分の途中出場のMF矢内瑛義①が左サイドを突破し、中へパス。中央には高田。
    CBの手前で受けて、トラップの勢いのままGKとの1対1に。冷静に右サイドに流し込んで1点差とする。
    続く24分にも引いて受けた本田がターンから右サイドへ叩き高田がキープ。
    ドリブルでPAに進入し、飛び出したGKと1対1に。間合いズラしてGKをかわしてシュートもDF追いつきクリアされる。
    試合終了間際の35分。阿部が左サイドからドリブルで中へ入り、中でフリーの矢内へ繋ぐもシュートはGK正面。
    直後にも後方からのパスから本田がフリーで抜けるも途中出場のGK射庭康太郎?が飛び出しなんとか弾く。
    近くにこぼれたボールを阿部が拾って、狙うも大きくふかしてしまい試合終了。
    負けはしたものの、ヤング大分が試合を魅了するナイスゲームだった。中3みんないい選手。

    今日始めてみた阿部はU-15の常連選手である。170cmと高さはないけど代表ではCFで使われることが多い。
    プレーを観てみて、なるほどなと思う。上手さはもちろんだけど、相手を外す動きが目を惹く。
    自分で仕掛けれるんだけど、一番のウリは周囲を活かす技術。ドリブルで運んで、良き所で放すことが出来る。
    偽CFとして、吉武JAPANでは使われてるんだろう。サイドの高田も初見だが、持ってから速い突破も良かった。
    また、早生まれの山田も光る存在。スルスルと攻め上がり長短、使い分ける左足は脅威を与え続けた。
    実力は世代でもトップクラスの存在感。
    個々のタレントの良さを活かした魅了的なパスサッカーが全国でどこまで通用するのか。
    まずは、九州ブロック大会での突破を期待してみたい。
    DSC03459.jpg永保尭2DSC03467.jpgDSC03473.jpg
    さて、問題。この写真の中に1枚。おかしなものがあります。さてどれでしょう?
    違和感にきづいた人は立派な関西のサッカーマニア。
    スポンサーサイト
    コメント
    No title
    2枚目の写真は、兵庫vs大阪ですねv-290
    No title
    左から2番目はJグリですか?
    Re: No title
    多少、関西のサッカーマニア!さん
    正解です!というか、ユニみて兵庫って分かる時点で多少じゃないと思いますw

    いんのんさん
    はい。J-GREEN堺です。セレッソカップで大阪の写真撮り忘れたので、こっそり行ったトレセンリーグの写真を使いましたw

    管理者のみに表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。