スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前哨戦~第13回 堺市長・堺市教育長杯ジュニアユースサッカーフェスティバル①~

2011.07.28.Thu

    群馬でのクラ戦徹底を決めて、代わりになるものをと色々、探してる中で、たまたまエスパルスのHPで見つけたのがこれ。
    初めて聞くので、この大会名で検索すると、コンサ、アルビ、追浜、広島など錚々たる顔ぶれが出てきた。
    帯広には行くけど、観れるチームは限られてくる。普段観れないチームを観るにはちょうどいい。
    まずは、1試合目。コンサドーレ札幌U-15対ガンバ大阪ジュニアユース。
    コンサドーレ札幌U-15
    11佐々木北斗③ 9平川元樹③
    10鳥居翔太③7鈴木翔③
    5倉持卓史③20杉山雄太②
    8藤井慎之輔③13藤本隆雅③
    4澤口魁③2深井祐希③
     1信田貴裕③ 

    ガンバ大阪ジュニアユース
    22和田健太郎③ 20
    255
    183井手口陽介③
    1213
    1944
     29 

    フェス特有。プログラムあるけど、載ってる番号と全然違うパターン。
    コンサは合ってるけど、ガンバは全然違う。個人を見れればと思ってたんでとりあえずコンサに注目して進める。
    メモを取る間にガンバは7分に20,11分に25がゴール。
    12分には和田のポストから25が抜け出し3点目。16分にも20が決めて4-0で前半を折り返した。
    札幌はスコア的には大差やけど、個々の技術的にはそんなに差がない。
    後半に入ると、立ち上がりに5のゴールを許したものの井手口ら主力を引っ込めたガンバをDFラインからのポゼッションで押し込むシーンが出てくる。DFラインはHP上を見るとMF登録の選手がズラリ。
    守備はまだまだ慣れない部分はあったが、藤井の左足やU-18深井一希の弟,祐希のフィードは精度が高かった。
    中盤ではキャプテンの倉持が引いて良く受けてセーフティーに散らす。
    攻撃の突破口となるのが鈴木。縦への速さで右サイドを切り崩す場面が多く見られた。
    FWでおもしろかったのが途中出場の本塚聖也②。スラッとした身体付き。
    テクニックとスピードを備えたアタッカー。サイドから中への動きでチャンスメーク。
    彼らの活躍もあって後半2点を返し6-2で終了。結果はあれだけど、おもしろい選手がみれたのが収穫です。
    横浜F・マリノスジュニアユース追浜
    2遠藤翼② 12山崎脩敬③
    4大場靖也③6有馬侑希③
    11諸岡章太③8佐藤諒也③
    3岩浩平③13山田長太③
    9長倉颯③9高木聡汰②
     1白坂楓馬③ 

    徳島ヴォルティスジュニアユース
    7木内雄太③ 9辻拓也③
    19姫田耕大②17吉川航平②
    8中尾優生③10中尾慶心②
    2小田和祈③18奥田雄大②
    4佐藤庸介③3小栗龍太郎③
     1小畑太尊③ 

    追浜もプログラムと違う。後でマリサポさんから色々と教えてもらって埋めてみたものの怪しい。
    開始直後はそんなこんなでメモがバタつく。4分、追浜。
    右からマイナスのパスをPA手前で佐藤。シュートはGKに弾かれるもしっかり押し込み先制。
    立ち上がり、追浜のCBの速さに驚いた。左にカバー流れたと思いきや、次のシーンでは右にいる。
    むちゃくちゃ速い。2人いるかのような速さである。いや、本当にいた。9番が2人CBやってる。
    練習着用のシャツで挑んでるため3年の9番、2年の9番がいる。
    徳島は代表の経歴を持つのが中尾慶とこの日は出てないMF牛田敦也③の2人。
    牛田は選手数の少ないユースですっかりレギュラーに定着。この日はこっちに着てもなかったと思う。
    中尾慶に注目してたものの15分で交代したので、詳しい特徴は掴めなかったけど、捌いて動けるいい選手。
    26分、今度は徳島。辻が左サイドからドリブルで中へ抜け出し、GKとの1対1を右に流して追いついた。
    しかし、28分、追浜が右からのフィードがDFに当り、大場の足元へ落ちる。
    PA左からのシュートはGK正面も、弾いたボールをつめて2-1。30分ハーフの前半を終える。
    後半に入り、追浜は選手を4人入れ替え。その中に注目してた選手がいた。MF佐藤翔輝③だ。
    去年の冬、名古屋でみた選手。3年生ばかりの中で目立っていたスピードのあるドリブラーで、この日も左MFに入り活躍。
    3分に徳島に同点に追いつかれるも、7分には左サイドからカットインした佐藤が中央から右へパス。
    受けた佐藤が素早くゴール前に流して途中出場のMF松崎舜③がゴール。
    15分、山崎がドリブルで左から中へ入り、PA手前からのシュート。これが決まり4-2。
    16分,佐藤がドリブルで左から中へ切れ込んで、5-2。
    17分には山崎のパスを佐藤がDFの間,オフサイドギリギリで受けて、抜け出しGKとの1対1を左に流し、6-2で終了した。
    目を惹いたのは佐藤。足から離れぬドリブルで加速し、中へ切り込む。シュート意識高いのも魅力。
    後は途中で入ってきたMF花田佑②。推定150前後とちっちゃいけど豊富な運動量でビルドアップに絡み球際に強さも。
    深井祐希本塚聖也花田佑佐藤翔輝
    ということで4試合中2試合分纏めて終了。残りは次のページに。
    スポンサーサイト
    コメント

    管理者のみに表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。