スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気温を越える熱さで~クラセン2日目 サンフレッチェ広島ユース 対 アビスパ福岡U-18~

2011.07.24.Sun

    クラセン2日目。本来は観てないチームが観ておきたい。
    前橋総合なら交通費を安く抑えられ、松本、愛媛、三菱養和が観れる。
    でも、今年頭に観て良かった柏、逆に悪かった広島が4か月でどうなったかを観たかった。
    ここなら、大雨の中で観たジュビロの本来の姿、今年一番強いのでは?とみているサンガが観れる。
    2日連続であずま行に決定。と同時に2日連続で往復タクシー移動。今回、タクシーだけで1万使っている。
    使いすぎで予定よりも1日早く、この日でクラセン離脱も決まりました(笑)
    サンフレッチェ広島FCユース
     34越智大和① 
    17野津田岳人②13末廣浩暉②
    28野口翼①7森保圭吾③
    4平田惇①36川辺駿①
    11津川裕右③5柳川剛輝③
     3脇本晃成③ 
     21有賀陽平② 

    アビスパ福岡U-18
    14川上竜② 9三苫元太③
    10三島勇太②17西村俊大②
    33牛之濱容①8桑野淳史③
    34光永祐也①3増田拓也③
    2浦郷雅也③4倉富裕也③
     1朝川知樹③ 

    先日、セレッソに初めて負けはしたものの、プレミアWESTを無傷の首位で走る広島ユース。
    でも、強いかと言われれば正直疑問がつく。3月のサニックス、堺招待を観てると攻守がチグハグ。繋げない。
    それでも、前日にはきっちりセレッソにリベンジしている。
    負けてないのには、何か理由、力があるはず。そんな疑問を解くためにここにきた。
    試合前、「気温を超えるアツさで80分きっちり走りきって、倒れて、やっと勝ちがついてくる」
    森山佳郎監督の檄に押され、円陣を組んで、ピッチに繰り出した広島のイレブンだったが、
    立ち上がりは低調な入り方となってしまった。

    2分、DFラインで細かく繋いでハーフラインを越えた所で、左から光永がゴール前にロングボール。三苫がシュートも外。
    7分、ハーフライン手前での回しから西村がDFの裏へスルーパス。三苫が反応するも合わず。
    10分、中央、桑野のクサビのパスは相手にカットされるも、川上がすばやく奪い返し、DFの間へパス。
    三苫がフリーで抜け出し、アビスパが先制点を決めた。
    14分にもアビスパが自陣でのカットから川上に繋いで、PAへフワリとパス。三苫がヘッドも右に逸れていく。
    立ち上がり、アビスパはDFラインできっちり回しながら、サイドへ預けて、DF裏へ走る三苫を目掛ける。
    フィードが相手に渡ったとしても、きっちり前でプレスをかけて高い位置で奪ってチャンスに繋げる。
    サンフは、低い位置でセーフティーにボールを回して相手DFの前後に入れる。サイドチェンジで大きく揺さ振って3人目の走りこみを使う。そんな指示が飛ぶが、低い位置で回して狙い所を探してるうちに奪われてしまう。
    パススピードが弱い。つらいとこを狙って、危ない位置で奪われる場面が目につく。

    16分、サンフ。DFラインでのボール回しに平田が落ちて受け、DFの裏へ大きく。越智がフリーで飛び出しループも上。
    20分、アビスパ。ドリブルで前に出た倉富から左の三島へパス。
    カットインで中へ切り込み三苫とスイッチ。三苫がPA中央でシュートもGKの正面。
    24分、サンフ。自陣左でのFK。ボランチに預け野津田へクサビのパス。叩いたボールを受けた越智が抜けて、シュートも外。
    31分、サンフ。脇本から大きく前線へフィード。越智が抜けた所で倉富が倒されてしまいPA手前でFKをゲット。
    このFK。野津田が軽く触れて森保がシュート。GKが弾いた所を川辺が詰めるも右に逸れていく。
    立ち上がりに比べサンフは低い位置でのボールロストが減った。左右への揺さ振りも効いてきた。

    前半終えてハーフタイム。サンフのベンチに焦りは
    修正点を伝え、気持ちを入れなおし、「元気な奴を入れるぞ」と末廣に代えて、MF藤井貴之③を投入。
    野口がtop下に入り、藤井が左サイドに入った。“元気な奴”は得点には絡なかったけど、しっかり気持ちで盛り上げる。
    後半に入ってからのサンフは前半とは別のチームだった。左右への揺さ振りが効いてくる。
    まずは57分。右サイド自陣、柳川が縦パスを入れて森保。ここから大きくPAの左へフィードを送る。
    受けたのは相手のマークを外した越智。越智が落ち着いて、決めて同点とする。
    59分、津川が自陣エリア左からロング。GKはじいてCKをゲットする。
    しっかりDFで回して、ラインを上げて、相手陣内での左右への揺さ振り、DFライン裏へのフィードが生きてくる。
    その後もサンフペースは続き、有賀のゴールキックが中央、途中交代のMF重行拓也③→森保に渡りこれを決め逆転。
    79分には右サイドから前線にフィードを送り、重行へ。
    すぐに中の石坂へ落として、最後は左に渡り、駆け上がった平田がPA手前から決めて3-1。
    終了間際にも石坂が右を突破し、中へ転がし、藤井が絶好機を迎えたがシュートはサイドネットを揺らし試合を終えた。
    勝ったサンフベンチ。試合後も挨拶もそこそこにスタッフ選手が飛び出す。
    森山監督が一人一人ハイタッチ。悪いなりにもしっかり勝ったサンフはこれで2連勝となった。
    三苫元太DSC03130.jpgDSC03128.jpgDSC03150_20110727161651.jpg
    サンフレッチェ広島ユース 森山佳郎監督
    「緩く入った所を相手の気持ちに押されて、最初の15分でやられてしまった。
    向こうを動かすつもりが動かされてしまいましたね。今年はみての通り、年明けからいいサッカーじゃない。
    それでも気持ちが体を動かして、なんとか勝っている。だから、目標は優勝とかは掲げれないないです。
    目標は一戦一戦挑んでいくこと。気持ちが続く限り、果てる所までやる。果てた所が終わり。
    果てても、勝ったチームをバテさせて、次の試合で負けさせたいですね(笑)」

    アビスパ福岡U-18 財前恵一監督
    「ロングボールに対処できず、一瞬の隙にやられてしまった。
    昨日の堅さに比べて、今日はサンフレッチェ相手にいい部分、勝ちたい気持ちを見せてくれたのが良かった。
    悪いながら、勝てるサンフレッチェはさすがですね。学ぶ部分がありました」
    「今年のスタメンには1,2年生が多いけど、育てるとかではなく、練習から良いうちのベストメンバー。
    今回は中3の中島賢星がU-15代表で抜けてますが、いればスタメンで使うつもりだった」
    スポンサーサイト
    コメント

    管理者のみに表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。