スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関東ミニ国体 少年の部メンバー

2011.08.30.Tue

    栃木
    No.NAME生年月日身長/体重現所属前所属
    GK1岩元海人95.08.03181/67矢板中央高校矢板市立矢板中学
    12牧野晋也95.01.02185/75さくら清修高校下野市立河内中学
    DF2村上裕哉96.03.02173/63栃木SCユースFCスポルト宇都宮
    3川島諒太95.07.14175/62矢板中央高校ヴェルディSS小山ジュニアユース
    5佐藤駿行95.07.07168/62佐野日本大学高校ウーヴァSCジュニアユース
    6藤田大輝95.??.???/?矢板中央高校矢板市立矢板中学
    16亀山卓矢95.??.???/??ウーヴァSCジュニアユース
    MF4島田颯己95.11.05175/63栃木高校ヴェルディSS小山ジュニアユース
    7近藤裕哉95.02.06171/58栃木高校下野市立南河内第二中学
    8若山秋生95.09.06173/72栃木SCユース栃木SCジュニアユース
    10山川翔95.05.07172/65栃木SCユース栃木SCジュニアユース
    13近藤康人96.03.13166/56栃木SCユース栃木SCジュニアユース
    14押山洋介95.12.03165/57栃木SCユースヴェルディSS小山ジュニアユース
    FW9清水創矢95.??.???/?矢板中央高校川口市立在家中学
    11櫻井洋輔95.01.20171/58矢板中央高校カナリーニョ
    15黒田颯95.02.22174/61栃木高校下都賀郡野木町立野木中学

    茨城
    No.NAME生年月日身長/体重現所属前所属
    GK1小泉勇人95.09.14185/74鹿島アントラーズユース鹿島アントラーズジュニアユース
    12新妻涼95.05.09187/66鹿島アントラーズユース双葉郡楢葉町立楢葉中学
    DF2白須達也95.??.???/?鹿島学園高校FCラーゴ河口湖
    3森聖也95.11.25180/80鹿島アントラーズユース鹿島アントラーズつくばジュニアユース
    4堀之内航平95.10.30180/65鹿島アントラーズユース鹿島アントラーズジュニアユース
    5佐藤瑞貴95.07.19?/?鹿島学園高校東京ヴェルディジュニアユース
    6阿部翔95.10.31164/52鹿島アントラーズユース栃木SCユース
    MF7川上盛司95.06.20167/56鹿島アントラーズユース鹿島アントラーズジュニアユース
    8三塚春輝95.05.06180/67鹿島アントラーズユース鹿島アントラーズジュニアユース
    10大竹連95.08.11168/56鹿島アントラーズユース鹿島アントラーズジュニアユース
    14長石涼真96.03.31?/?鹿島学園高校鹿島アントラーズジュニアユース
    16東城翔也95.??.???/?水戸ホーリーホックユース1FC川越水上公園
    FW9高田雅貴95.09.18179/63鹿島アントラーズユース鹿島アントラーズジュニアユース
    11小林延哉95.06.25173/63鹿島アントラーズユースFCラーゴ河口湖
    15城玲央奈95.06.18?/?鹿島学園高校鹿島アントラーズジュニアユース

    群馬
    No.NAME生年月日身長/体重現所属前所属
    GK1荻野健人95.04.24172/68前橋育英高校前橋FC
    12蔦颯95.??.???/?前橋育英高校?
    DF2中島優佑95.02.28176/62前橋商業高校図南SC群馬
    3角田雄介95.01.05176/65高崎経済大学附属高校図南SC群馬
    4樋口慎太朗95.05.19175/66前橋育英高校横浜F・マリノスジュニアユース
    6白井克享95.05.02168/66新島学園高校新島学園中学
    13池田壮磨95.04.10?/?前橋育英高校東京ヴェルディジュニアユース
    MF6佐藤祐太95.05.13166/57前橋育英高校横浜F・マリノスジュニアユース
    7小柏裕亮95.10.05170/58前橋育英高校前橋FC
    8菅谷将人96.01.18158/50前橋育英高校鹿島アントラーズジュニアユース
    9山本将大96.01.07168/53前橋商業高校藤岡キッカーズ
    14広瀬慧95.11.20165/58前橋育英高校柏レイソルU-15
    15上田慧亮95.05.15166/58前橋育英高校横浜F・マリノスジュニアユース
    FW9小口大司95.09.08174/65前橋育英高校裾花ヴィエント
    10塩谷亮介95.07.23169/53伊勢崎商業高校前橋FC
    16坂居駿95.06.06173/62前橋育英高校FC SOUTHERN U-15

    埼玉
    No.NAME生年月日身長/体重現所属前所属
    GK1吉野雅大95.04.18177/70浦和レッドダイヤモンズユース浦和レッドダイヤモンズジュニアユース
    12関口亮助95.06.19181/74浦和レッドダイヤモンズユース浦和レッドダイヤモンズジュニアユース
    DF2細田真也96.03.09162/56浦和レッドダイヤモンズユース浦和レッドダイヤモンズジュニアユース
    3宮崎博貴95.04.06174/62大宮アルディージャユースクマガヤSC
    4齋藤一穂95.10.11176/64浦和レッドダイヤモンズユース浦和レッドダイヤモンズジュニアユース
    5川又悠史95.06.12174/63西武台高校GRANDE FC
    15森亮太96.04.10171/57浦和レッドダイヤモンズユース浦和レッドダイヤモンズジュニアユース
    MF6澤井直人95.04.03173/63東京ヴェルディユース東京ヴェルディジュニアユース
    7中家亮95.06.15166/58大宮アルディージャユース大宮アルディージャジュニアユース
    8大山啓輔95.05.07170/53大宮アルディージャユース大宮アルディージャジュニアユース
    13白川竜義96.02.15169/58大宮アルディージャユース大宮アルディージャジュニアユース
    14広瀬陸斗95.09.23169/51浦和レッドダイヤモンズユース浦和レッドダイヤモンズジュニアユース
    16須藤岳晟95.08.09168/59浦和レッドダイヤモンズユース浦和レッドダイヤモンズジュニアユース
    FW9小沢佑太95.05.30177/65大宮アルディージャユース大宮アルディージャジュニアユース
    10関根貴大95.04.19165/57浦和レッドダイヤモンズユース浦和レッドダイヤモンズジュニアユース
    11進昂平95.06.04171/57浦和レッドダイヤモンズユース浦和レッドダイヤモンズジュニアユース

    千葉
    No.NAME生年月日身長/体重現所属前所属
    GK1佐々木祐紀95.03.02178/66習志野高校FC東京U-15深川
    12齊藤駿介95.06.07175/63ジェフユナイテッド市原・千葉U-18木更津市立太田中学
    DF2宮川泰来95.02.19165/58市立船橋高校横浜ジュニオールSC
    3渡辺健斗95.02.08177/65市立船橋高校ヴィヴァイオ船橋SC
    5三嶋廉士95.05.20181/70流通経済大学附属柏高校FCクラッキス松戸
    6磐瀬剛95.06.28173/63市立船橋高校ミナトSC
    13坂巻翔大95.03.18174/66渋谷幕張高校三井千葉SC
    MF4新堀真也95.10.09174/68ジェフユナイテッド市原・千葉U-18ジェフユナイテッド市原・千葉U-15
    7青木亮太96.03.06165/52流通経済大学附属柏高校東京ヴェルディジュニアユース
    8橋本将太朗95.01.17?/?流通経済大学附属柏高校クリアージュFCジュニアユース
    9矢埜翔平95.03.03172/63流通経済大学附属柏高校WINGS U-15
    10小林大地95.03.19170/63流通経済大学附属柏高校ARTISTA FC
    16小泉慶95.04.19172/62流通経済大学附属柏高校横浜F・マリノスジュニアユース
    FW9秋山陽介95.04.13170/57流通経済大学附属柏高校ジェフユナイテッド市原・千葉U-15
    11桜井将司95.01.26183/73流通経済大学附属柏高校ジェファFC
    15石田雅俊95.05.04175/63市立船橋高校名古屋グランパスU-15

    東京
    No.NAME生年月日身長/体重現所属前所属
    GK1宗仲光95.07.23173/62横河武蔵野FCユース横河武蔵野FCジュニアユース
    12大野遥河95.04.07176/64FC東京U-18FC東京U-15むさし
    DF2青木啓輔95.04.18164/59FC東京U-18FC東京U-15むさし
    3五勝出竣仁95.04.05176/68FC東京U-18FC東京U-15むさし
    4羽賀健太95.08.29175/64東京ヴェルディユース東京ヴェルディジュニアユース
    5青山航95.12.06176/68三菱養和SCユース三菱養和SC巣鴨ジュニアユース
    MF6安西幸輝95.05.31172/62東京ヴェルディユース東京ヴェルディジュニアユース
    8山口陽一郎95.09.08168/58東京ヴェルディユース東京ヴェルディジュニアユース
    9川上翔平95.05.17163/65FC東京U-18FC東京U-15深川
    13金子拓矢95.08.16180/53成立学園高校ジェフユナイテッド市原・千葉U-15
    14伊藤裕也95.10.27163/53FC東京U-18FC東京U-15むさし
    15新里涼95.09.03176/60横浜F・マリノスユース横浜F・マリノスジュニアユース追浜
    FW10高木大輔95.10.14171/68東京ヴェルディユース東京ヴェルディジュニアユース
    11菅嶋弘希95.05.11175/62東京ヴェルディユース東京ヴェルディジュニアユース
    16岸寛太96.02.09163/56FC東京U-18FC東京U-15深川

    神奈川
    No.NAME生年月日身長/体重現所属前所属
    GK1高丘陽平96.03.16175/62横浜FCユース横浜FCジュニアユース
    12三浦和真95.08.24173/62東京ヴェルディユース東京ヴェルディジュニアユース
    DF2吉田武史95.06.11168/55川崎フロンターレU-18川崎フロンターレU-15
    3福田圭佑95.04.17164/55横浜F・マリノスユース横浜F・マリノスジュニアユース
    4畠中慎之輔95.08.25183/75東京ヴェルディユース東京ヴェルディジュニアユース
    5鈴木浩一郎95.07.22178/67横浜F・マリノスユース横浜F・マリノスジュニアユース
    13太田賢吾95.11.16177/62川崎フロンターレU-18川崎フロンターレU-15
    MF6坂口正高95.04.17174/63川崎フロンターレU-18川崎フロンターレU-15
    7中村凌95.05.04162/48横浜F・マリノスユース横浜F・マリノスジュニアユース追浜
    8早坂翔95.09.23172/63横浜F・マリノスユース横浜F・マリノスジュニアユース
    10尾身俊哉95.10.10166/61横浜F・マリノスユースクマガヤSC
    13杉本大斗95.07.02?/?桐光学園高校町田JFC
    FW9武颯95.07.17172/60横浜F・マリノスユース横浜F・マリノスジュニアユース追浜
    11田中健太95.06.03171/62横浜F・マリノスユース横浜F・マリノスジュニアユース追浜
    14汰木康也95.07.03181/59横浜F・マリノスユース横浜F・マリノスジュニアユース
    16深澤知也95.05.06167/54横浜F・マリノスユース横浜F・マリノスジュニアユース

    山梨
    No.NAME生年月日身長/体重現所属前所属
    GK1中村圭吾95.10.28193/85山梨学院大学附属高校草加ジュニアSC
    12尾崎大斗95.06.08175/62山梨学院大学附属高校エルマーノ大阪SC
    DF2小林翔之95.04.13180/72山梨学院大学附属高校FC東京U-15むさし
    3木村壮一郎94.??.???/?帝京第三高校NFC osaka U-15
    4原田信雄95.04.07181/77山梨学院大学附属高校FC ASA FUTURO
    6佐久間亮95.10.19159/55ヴァンフォーレ甲府U-18ヴァンフォーレ甲府U-15
    15加藤良真95.09.28170/63山梨学院大学附属高校名古屋グランパスU-15
    MF5大山力95.01.15175/65帝京第三高校神戸FCジュニアユース
    7山田哲也95.06.17175/63日本航空高校柏レイソルU-15
    8山口和樹95.11.13156/45日本航空高校柏レイソルU-15
    10渡辺雅樹95.03.12168/58ヴァンフォーレ甲府U-18ヴァンフォーレ甲府U-15
    13毛利駿也95.??.???/?山梨学院大学附属高校SQUARE富山FCジュニアユース
    14椚仁徳95.02.02165/55山梨学院大学附属高校トラベッソSC
    FW9太田修介96.02.23172/62ヴァンフォーレ甲府U-18ヴァンフォーレ甲府U-15
    11富田博人95.12.20163/56山梨学院大学附属高校FC東京U-15深川
    16翁長聖95.02.23173/64帝京第三高校神野SC



    公式記録は【コチラから
    スポンサーサイト

    AFC U-16選手権予選グループF(9/12~23@ラオス)

    2011.08.29.Mon

      監督 吉武博文【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】
      コーチ 江尻篤彦【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】
      GKコーチ 大橋昭好【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】
      No.NAME生年月日身長/体重現所属前所属
      GK1田口潤人96.09.28176/61横浜F・マリノスジュニアユースジュニオールSC
      18白岡ティモシィ96.09.08185/75サンフレッチェ広島FCジュニアユース廿日市ソレイルFC
      23長沢祐弥96.07.01180/70ACNジュビロ沼津トライアングルSC
      DF5宮本航汰96.06.19173/60清水エスパルスジュニアユース三保FC
      6佐々木渉96.07.28170/59FC東京U-15むさし富士見丘SS
      7小林岩魚96.10.17175/61ヴァンフォーレ甲府U-15Uスポーツ
      15中谷進之介96.03.24180/60柏レイソルU-18柏レイソルU-15
      24伊藤克尚97.02.24167/55サンフレッチェ広島FCジュニアユース長束FC
      43酒井高聖96.03.20180/65アルビレックス新潟ジュニアユースレザーFS
      MF4水谷拓磨96.04.24160/53清水エスパルスジュニアユース静岡城北SSS
      13高木彰人97.08.04172/62ガンバ大阪ジュニアユースSSクリエイト
      17姫野宥弥96.09.27160/58HOYO AC ELAN大分U-15大分トリニータU-12
      20手塚康平96.04.06170/57柏レイソルU-15ともぞうSC
      21杉本太郎96.02.12162/54帝京大学可児高校SC岐阜VAMOS
      28和田昌士97.04.11174/63横浜F・マリノスジュニアユース二俣川SC
      35三好康児97.03.26163/56川崎フロンターレU-15川崎フロンターレU-12
      40岡村吾朗96.09.08168/58図南SC群馬図南SC群馬
      FW2石田崚真96.06.21166/53ジュビロ磐田U-15湖西FC
      9阿部良季96.10.05169/51カティオーラFC U-15カティオーラFC U-12
      10藤本裕豪96.09.16165/63ヴィッセル神戸U-15若草少年SC
      11北川航也96.07.26176/66清水エスパルスジュニアユース静岡城北SSS
      14鎌田啓義97.04.04160/50アルビレックス新潟ジュニアユースFC Aganoジュニアユース
      27中村文哉96.11.22170/64SC岐阜VAMOSJUVEN FC898

      2013年W杯を目指す長い道のりがスタートする。9月12日のチャイニーズ・タイペイ戦を皮切りに、1次予選が開始。
      韓国、ラオス、カンボジア、ベトナムと戦い、2次予選に向けて、2位以内を目指すことになる。
      選ばれた面子を見ると、酒井、小林、杉本、手塚、姫野、中村と最終の新潟合宿で初召集された滑り込み組が目を惹く。
      逆に田口、佐々木、和田は新潟合宿に呼ばれてない。
      チームとして固めて挑むのではなく、吉武サッカーのコンセプトに合う調子の良い23人ということかと思う。
      韓国も同組で難しいグループとは思うけど、予選突破は大丈夫ではないかな。
      U-15日本代表(予想布陣)
       9阿部良季 
      2石田峻磨11北川航也
      35三好康児4水谷拓磨
       20手塚康平 
      7小林岩魚6佐々木渉
      15中谷進之介5宮本航汰
       18白岡ティモシィ 

      コンバートが多く、予想が難しいけど過去のデータなどを基にした予想布陣。たぶんアテにならない(笑)
      GKは白岡を選んだものの、3人とも甲乙つけ難い。白岡と田口の争いになると思うが、戦況次第では長沢の出番も。
      CBは宮本、中谷がリード?これに酒井と中盤での登録ながら、大分国体選抜ではCBもこなしていた姫野の起用もある。
      右は佐々木に両サイドこなす伊藤。これにチームではここを勤める石田や水谷の起用も考えられる。
      左は岩魚に伊藤、水谷。組み立てに関与できる左利きの手塚を使うのもおもしろうそう。
      アンカーは本職でいえば、手塚、和田、姫野。センターは水谷、杉本、三次、岡村か?
      ただ、アンカーより前は本当に予想がつかない。先代のU-17であったように小柄なドリブラー中島翔哉を引き気味のCFに置いたようにバルセロナスタイルの“ニセCF”を使うのであれば、CFの候補は阿部、藤本、中村。
      サイドにストライカーの北川とスピードのあるウイングタイプ石田か高木を置くのではと予想。
      ただ、北川や中村が中盤センターやってたり、蓋を開けてみないと分からない部分が多い。
      どんなサッカーをやるかと言うよりも、誰をどこで使うのかが個人的には楽しみ。
      タレントの豊富な世代がどういったサッカーを見せるのか注目してみたい。

      1点の重み~プリンスリーグ北海道 札幌光星高校 対 旭川実業高校~

      2011.08.20.Sat

        札幌光星高校
         9平川力樹③ 
         16若原滉毅② 
        7福本佑人③11刈谷渡②
        12原田幸志郎②3江戸勇哉③
        4木曽賢也③2藤島孝晃③
        5町田拓也③24財前優一①
         1福永浩哉② 

        旭川実業高校
        9寺林研人② 10下田速人③
        5秋林裕也③22荒木大輝①
        7石山卓哉③8阿羅功也③
        12高橋昌訓②18奈良創平②
        2大友一就③3石井源③
         25永井建次② 

        雷雨の影響で1時間遅れでの開始となった2試合目は総体出場の旭川実業と、新興勢力の札幌光星。
        試合前、光星のスタッフが「うちは下から数えた方が早いですから」と話していたが、試合は接戦のまま進む。
        旭実がU-17地域選抜のボランチ、石山、阿羅を基点にボールを動かし、試合を運ぶも、光星は1年生CB財前を中心に相手FWを自由にさせず、逆に奪ってからすばやく、スピードのある刈谷、福本へ展開し、一気にゴール前まで運ぶ。
        25分、旭実。大友から大きく左へ展開。寺林が速さで抜け出し中へゴロもDFが追いつきクリア。CKに。
        26分、光星。DFラインからのクリアボールが右サイドに渡る。若原が潰れながらも縦へ抜け出しシュートもGKの正面。
        33分、光星。自陣で得た間接FKがボールがゴール前に。DFにあたりこぼれたボールを福本が拾ってシュートも外。
        前半、放ったシュートは光星5,旭実3。ともにいいシーンを作るもフィニッシュの精度を欠き無得点。
        同点のままハーフタイム突入かと思われた44分。旭実、カットからすばやく前線に送り下田へ。
        中央でタメて、フワリと右の寺林へとパス。ヘッドで中央に入れた所を荒木が右足で合わせて先制する。

        この一点で勢いに乗った旭実。前半ボランチから縦へのパスで2top頼みだった攻撃から、細かいパス回しから左右への大きな揺さぶりを使って、試合のペースを握る。光星はベンチから揺さぶりへの注意が飛ぶも後手に回る。
        59分、右からの低いクロス。PAから寺林が引いて受けてダイレクトでパス。入ったばかりのFW山本真司②がシュートも枠の外。名前的下田速人とって言うから速いと思ってたけど、彼は技巧派のポストタイプ。
        下田のポストプレーから周囲のスペースを衛生的に動いて、スピードをいかした突破から寺林がチャンスを作る。
        73分、右サイドを駆け上がった奈良から中へクロス。ゴール前でFW須田佳樹③がヘッドで合わすも枠の外。
        74分、ハーフライン右。開いた石山から中の須田へ斜めのパス。フリーで抜け出すもシュートはGKの正面。
        85分、カットからの大きなクリアが左サイドへ。山本が抜け出し中へクロス。
        ファーに流れたボールを須田がシュートもDFがブロック。こぼれ球を秋林が打つもDFクリアし、タイムアップ。

        試合は旭実が勝ったものの、前半の光星の内容は悪くなかった。光星のスタッフが「決めるとこで決めれなかった。その差が出ましたね。そういう所だと思います」と話したように、少しの差がスコアに出て表れた。
        それでも、1年生ながら相手FWと五分五分以上の勝負を繰り広げた財前。
        スピードあふれる飛び出しでサイドからチャンスを作り続けた福本など力のある選手はいる。
        プリンスを戦う中で、そういったちょっとの大きな違いを身につければ初めての冬が見えてくるかもしれない。
        DSC03689.jpg阿羅功也財前優一

        敵はおてんとさま。~プリンスリーグ北海道8節 北星学園大学附属高校 対 室蘭大谷高校~

        2011.08.20.Sat

          クラ選ラウンド16終わりでバスに乗り込み、札幌へ移動。
          カプセルホテルで疲れた体を癒し、滞在最終日はコンサの練習場である雁来へと向った。
          今回の旅の目的はこれである。今年の目標は「プリンスリーグのプログラム完全入手」。
          すでに8地域+プレミアのプログラムは入手済み。残るは北海道だけだった。
          これだけの為に行くのもあれだなと思っていたので、クラ選の開催は遠いなと思いつつ正直、嬉しかった。

          迷子になりつつも、無事キックオフ直前に到着し、第1試合、北星大学附属対室蘭大谷高校。
          室蘭大谷高校
          10広瀬智行② 9内山北斗②
          11海藤健二②6溝口大気③
          23有働麻人③7中島陸③
          16宮下滝司③14坂本憲吾③
          5川上量也③20長屋燎②
           1中西健太③ 

          北星大学附属高校
          11北原健太郎③ 10松誉大③
          18境谷悠伽②4伊藤大知②
          21森下良亮②7富田一矢③
          14寺島怜③5佐藤功基②
          23前野翔①3秋吉涼兵③
           1児玉修平② 

          試合は開始直後に動いた。1分、ランタ。DFラインから縦へ長いボール。
          相手に渡るもクリアミス。内山が拾ってループを沈める。
          首位、ランタ対最下位の北星。大差がつきそうな出だしだったが、北星も中々良い。
          12分。秋元から縦へ浮き球。北原がスペースで受けてシュート。DFに当たったボールを富田が詰める。
          14分、右サイドで北原がカット。すぐに中の松に当てて、左へ展開。境谷がシュートも枠の外。
          19分、左でのFK。短く中へ転がし、富田がゴール前にクロス。
          クリアされるも北原が拾って、右隅を突くシュート。GK弾いてCKに。
          25分、ハーフラインの富田から縦へパス。北原が中央で受けて中から左へ流れ、中へフワリ。
          相手に渡るも、クリアは短い。混戦から富田が抜け出し、シュートで終わる。
          27分、今度はランタ。相手陣内に入ったろ所。右からのボールを中島が足を伸ばして当てて、縦にパス。
          内山がフリーで抜けGKと1対1。浮き球でゴールを狙いGKの頭上抜けるも勢いなく、戻ったDFがクリア。
          39分、相手DFのクリアを広瀬がカット。そのままシュートもわずかに上。
          先制されたものの北星そんなに悪くない。ボランチの富田が左足でDF裏へ絶妙なボールを送り込み、スピードのある北原がゴール前まで持ち込む。同点だけじゃなく逆転も狙えるリズムでハーフタイムに突入する。
          だが、とんだ邪魔者が入った。前半途中から振り出した雨が強さを増し、雷も落ち始める。
          試合は中断。ピッチは水溜りと化し、本部では中止も協議されるほど。
          選手たちは軒下に避難。待つこと約1時間、雨足が弱まってことで試合最下位が決定。
          ただ、隣の人工芝は水掃けが悪く使用は難しい。札幌創成対北海は近くのコンサグラウンドで行われることになった。

          1時間のハーフタイム。アップはしたものの冷え切った身体を再度、暖めるのは難しい。
          リードされてはいるものの、いいムードで後半に入りたかった北星にとって辛い展開となる。
          53分、中央から有働のパスは短く相手に渡るも海藤が奪い返し、ドリブルで前へ。そのまま右隅に決めて2-0。
          54分、左に流れた内山から中へパス。攻め上がった有働が受けてドリブルで軽く前に出てシュート。これが決まり3点目。
          続け様に有働がロングシュートを決めて4-0。
          61分、中央の広瀬からのパスを受けた内山がドリブルでPAへ進入。落ち着いてGKをかわして無人のゴールに流し込む。
          76分、右サイドCK付近からのスローインを溝口が中へゴロ。内山が決めて、ハットトリック達成。
          81分、左に開いた有働が深い位置から中へグラウンダーのクロス。相手DFに当たりオウンゴール。
          83分、右サイド溝口から中へパス。内山がスルーで流して反対サイドに渡る。
          受けたのは途中出場のMF佐藤紀夫③。フリーの彼が落ち着いて右隅に流し込む。
          84分、左CKがファーへ流れた所で内山が拾う。すぐさま中へ浮き球で折り返し、PA中央で川上がボレーを叩き込む。
          終わってみれば9-0というスコア。いい時間帯はあったものの中断でリズムを崩した北星が大敗を喫した。
          DSC03667.jpgDSC03674.jpgDSC03678.jpgDSC03682.jpg

          クラ選Round16 ジュビロ磐田U-15 対 ヴィッセル神戸U-15

          2011.08.19.Fri

            2試合目はジュビロ磐田U-15対ヴィッセル神戸U-15。
            ジュビロ磐田U-15
            9加藤豪③ 17松原后③
            15袴田裕太郎③10金山晃典③
            11佐藤光③14高部佳樹③
            2池谷泰典③3石田峻真③
            12鈴掛涼③8小野原和哉③
             16増田将③ 

            ヴィッセル神戸U-15
            10藤本裕豪③ 20石川慧②
            15中村菜月③11南島彰人③
            6高橋醇③8中井英人③
            13山口真司③4原田亘③
            26山川哲史②5石井佑樹③
             1吉川健太③ 

            沼津、掛川、磐田、浜松。4つのスクールを持つジュビロで中心となるチームがこのチーム。
            4年前に継続的な強化を目的に設立され、1期生が3年生となった去年、見事準優勝。
            予算の都合で本年度からは廃止だったが、この活躍を受けて、ジュビロの強化チームからは外れたが、スクールとして継続となった。そのため、2年生はおらずメンバーは3年生と1年生のみ。スタメンには3年が並ぶ。
            ヴィッセルは去年までの監督だった野田知氏がU-18へ上がり、コーチだった安部雄大氏が就任。
            過去にも山口のアミザージFC・U-15を率いて、結果を残している育成年代では定評のある人物である。
            予選ではエースの藤本を怪我で欠き、4位での出場となったが、タレントは多く力はある。

            まずは1分、磐田がキックオフのボールを素早く運び挨拶代わりのシュートを打つ。
            9分、磐田。松原が右でキープ。一旦、後ろの石田に下げて、マーク離した所でリターンを受けて中へクロス。クリアされるも加藤が拾ってシュートで終わる。
            11分、神戸。相手のドリブルを中村がカット。素早くDFの間へパスを送る。
            フリーで受けた藤本。GKとの1対1を落ち着いて流し込んで神戸が先制する。
            しかし、直後の13分、高部が相手のクリアボールを拾って、DFの間。
            加藤がフリーで抜けて左隅に決めて、すかさず同点に。
            19分にも深い位置での右スローインを受けた佐藤がドリブルで中へ持ち込んでシュート。
            これが決まってジュビロがあっさり同点とする。
            ジュビロはちょっと珍しいサッカーをする。Jのアカデミーっぽくないスタイル。
            DFラインは4.5。守備に回ると右SBの石田が中に絞って、外は金山が落ちる。
            ボランチ2枚とブロックを築いて、相手の攻撃を抑え込む。奪ったら、素早く2top。松原が後、加藤が前。
            縦の関係を作りつつ、左右のスペースへ流れてキープ,突破からチャンスを作り出す。
            特筆すべきなのは攻守の切り替え。攻撃に転じると後方が素早くラインを上げて陣形をコンパクトに保つ。2opが失敗しても、ほとんどのセカンドボールを拾えている。対する神戸は左サイドの中村から縦へのパスばかりでリズムが単調。
            守備でも安部監督から「そろそろ目を覚ませ!」と激が飛ぶように、いとも簡単に相手に先手を取られる。
            両者明暗が分かれてまま、前半を終えてハーフタイムに突入。

            リズムが悪いまま後半に入った神戸だが、45分。
            中央で藤本が左の中村とのワンツーでPA内に進出し、フリーーでシュート。
            GKが弾いたボールは磐田DFが先に触ってクリアするも、詰めに行った南島の体にあたりネットを揺らす。
            同点に追いついた神戸。前半とは別人のような動きを見せる。
            前からしっかりプレスをかけて、脅威となっていた相手FWへの配給を抑え込む。
            中盤では高橋を中心にきっちりセカンドボールに先に反応し、キープの時間を増やしていく。
            50分を過ぎてからは怒涛の攻撃。51分、右CK。高橋の巻いていれたボールを山口がヘッドもGKの正面。
            52分、相手DFのクリア。高橋が先に奪ってロングシュート。
            53分、左サイド中村からフワリとDFの間を通し、藤本。1人かわしてシュートもCK。
            55分、自陣DFから大きなクリア。小野原がカットも、大きめのトラップを高橋がカット。
            すぐさま藤本に入れて、シュートも大きく上。
            66分、今度は耐えた磐田。右サイドからのボールが中央で高部を経て左へ。池谷がロングシュートもGKの正面。
            神戸が押し込むが後一歩及ばず勝ち越し点が奪えない。会場の誰もが延長戦を覚悟した79分。
            引いて受けた藤本からPA手前、DFの間で受けた中村へパス。裏へ抜けてシュートもGK正面。
            しかし、こぼれ球を途中出場のFW松原啓介②がきっちり詰めて、逆転。
            残り時間はわずか。80分にも惜しい場面を作ったヴィッセルがベスト8進出を決めた。

            この試合、MVPを挙げるならば藤本だろう。怪我明けでこの大会はぶっつけ本番。
            動きのキレは戻ってないながらも、抜群の抜け出し、周囲を引き出す動きで3点に絡む活躍をみせた。
            決勝まで残り3試合。徐々にコンディションも戻るだろう。彼が先導する形で神戸の優勝という姿も見えてきた。
            DSC03635.jpgDSC03657.jpgDSC03659.jpg

            クラ選Round16 名古屋グランパスU-15 対 柏レイソルU-15

            2011.08.19.Fri

              帯広生活2日目。本日はクラ選ラウンド16。会場は帯広の森と帯広市グリーンパークの2か所。
              どっちにするか悩んだが、今年まだ観れていないチームが多く、駅から徒歩圏内のグリーンパークを選んだ。
              駅から歩いて約20分。広大な芝生が広がるサッカー場が見えてきた。
              今大会では2面しかピッチを取ってないが、軽く4面は取れる広さがある。
              アップで芝を使えるメリットは大きく訪れた関係者は皆、環境の良さを絶賛するほど。
              農作物の豊富さが示すように芝の生育も良い。よく見かける芝以外の雑草もほぼない。
              アクセスを抜きにすれば、帯広は最高の環境である。

              1試合目は柏レイソルU-15対名古屋グランパスU-15。
              柏レイソルU-15
               9大島康樹③ 
              22宇野木悠佑③11小山亮樹③
              8茂木駿佑③14会津雄生③
               6手塚康平③ 
              7麦倉捺木③20国本魁人③
              5張ヶ谷知樹③18鈴木哲平③
               1木村真③ 

              名古屋グランパスU-15
               11青山景昌③ 
               7森晃太② 
              12吹ヶ徳喜②17杉森考起②
              8笹沼孔明③25高橋誠二郎②
              4吉住幸一郎③13高尾瑠③
              3大橋祐太朗③5赤塚竜馬③
               21小島亨介③ 

              試合は開始直後に動いた。6分、DFラインから大きなボールが右サイドへ。
              受けたのは右サイドを上がった国本。中へ送ったクロスは相手DFにクリアされるも、
              このボールを小山が拾って、豪快なミドルを叩き込む。柏が先制。
              こっから、柏ペースで試合が進む。U-18と同じく太陽王子らしいポゼッション。
              DFラインから積極的にきっちりポゼッション。機を観て速度を上げて、中盤センター3人のフォローのもと、外で数的優位を作って、前線まで持ち込んでいく。
              9分、柏。左サイドで茂木がカット。中の会津へ入れる。1トラップで右へ体を向け、
              DFの間。小山がフリーで飛び出し中へクロスもDFが防ぐ。
              13分、柏。左CK。ゴール前で宇野木がヘッド。右に流れたボールを小山が拾って、後方へマイナスのパス。
              このボールを大島が左足でシュート。
              19分、左サイドでのカットから中へ預けて細かく繋いで縦の大島。ドリブルで持ち込んで右の小山へ展開。
              クロスを狙うもあげれず下げて再び大島。中とのワンツーで中へ入るもシュートは打てず。
              22分。中央で手塚がインターセプト。PA手前の会津にパスを送り、反転からループシュート。枠の上。
              24分、手塚からクサビのパス。PA手前で会津がが受けてダイレクトでDF裏へパス。
              大島がシュートも。ボールはサイドネット。前半は完全に柏のペース。テンポ良くボールを回して効果的に斜めのボールを入れて名古屋DFを混乱に追い込む。ただ、名古屋も負けてはいない。
              前半終了に近づくにつれ、少し動きが落ちた柏を攻め込む場面が出てくる。
              35分、ハーフラインの高橋からDFの間を通すパス。青山が受けてミドルもGKの正面。
              39分、DFラインから繋いで右サイドの杉森へ。
              フォローに入った高尾に一旦預けてリターンからクロスもDFが飛び込んでCKに。
              この右CK。中央でか赤塚がヘッドもミートせずに左に逸れていく。

              一点を追う名古屋。ハーフタイムで森川誠一監督は修正点を踏まえて、こう指示を出す。
              「良しって言うまでブロックを作ってしっかり守ろう。
              タイミングが来たら言うから、そこからは崩してでも勝ちにいこう」

              後半開始とともに、名古屋は森に代えて、MF藤島樹騎也③を投入。この策が功をなす。
              前半と同様に柏が試合を進めるも、ブロックを築いて、吊られるシーンが減少。
              逆に奪って素早くDFラインから引いて受ける2topにクサビのパスが入るようになる。
              受けてからは青山と藤島が素早いきドリブル仕掛けて、右の杉森とともにゴール前まで持ち込む。
              158cmちっちゃくて素早い藤島のドリブルに柏も手を妬き柏のファールが増える。
              53分、ハーフライン左。吹ヶの縦パス。青山がDFの前で受けてシュートも枠の上。
              65分を過ぎたあたりで名古屋ベンチは「FW下がらない」と声をかける。
              DFからFWをコンパクトに保って、高橋と赤塚を入れ替え、赤塚をFWに近い位置に置く。
              手数をかけずに前線へボールを入れようという狙いだろう。
              だが、柏が一枚上手だった。74分、右サイドから会津がドリブルで中へ進入。
              PA手前、DF引き寄せて、PAフリーの大島へパス。大島GKと1対1。
              左隅に流しこんで2点目をget。その後は2人を入れ替えて、柏が逃げ切りベスト8進出となった。

              柏はさすがの内容。個の良さをうまくチームに取り組めている。
              中でもボール奪取に秀でる手倉。左サイドをパワフルに駆け上がる麦倉。
              トップ下に良く顔を出し、パスとタメでチャンスを作り続けた会津などが光った。
              名古屋は怪我人などもあって苦しい人繰りとなった。ベンチ入りの選手をカメラ係に回さざるえないほど。
              2列目は4/5が2年生。まだ体が出来てない選手ばかりで柏DFにいなされる場面もあったが、みせた技術は本物。
              冬に期待できる試合となったと思う。
              DSC03602.jpgDSC03614.jpgDSC03629.jpg

              デベロップカップ初日その②

              2011.08.18.Thu

                2試合目の後半はスプレッド・イーグルFC函館対サンフレッチェくにびき。
                このあたりから雨が強く、眠けに追われ、メモの数が減ってくる。
                なので、各チームのスタメン、良かった選手、ゴールの流れの簡易版でお送りします。
                スプレッド・イーグルFC函館
                10鍋島周平③ 13福原昭②
                7山田匠③15蛯子遥喜③
                8本間快斗③6柿崎六郎③
                5小柄洸太③4葛西大河②
                3泉谷航輝③2藤原浩平③
                 1石井滉人③ 

                サンフレッチェくにびきFC
                10中島隆司③ 11園山靖也③
                8勝部浪樹③2川端麗生③
                7荒木翔馬③6山本涼太③
                4冨谷開③19奥石海斗③
                15影山真大③5原透③
                 1森広樹③ 

                この試合で目についたのは柿崎六郎。豊富な運動量でパスコースに飛び込み、チャンスの芽を摘む。
                奪った後はシンプルに叩きつつも、機を見ては重心の低いドリブルで前に運ぶ。
                後で聞いたのだが、彼は800m走でも道内トップの選手だとか。
                左サイド、山田のドリブルも光った。レフティーだけど、右足を織り交ぜたドリブルで活路を見出す。
                左右巧みに操れるので、放すタイミングが掴みづらい。カソルラみたいなタイプ。
                試合では、阿部修土監督が「うちはGKのチーム」と話していたように、GKの石井もエリアが広く
                、好判断での飛び出しや好セーブでくにびきの快足FWを抑えこむ。
                後半は両チームともにチャンスは作るも、ゴール決まらず、スコアレスドローで終了となった。

                3試合目、まずはミレニオACと帝人SS。
                ミレニオAC
                9末長隆朗③ 7岡田浩平③
                10吉村悠佑③18蔵重智③
                6山本祐雅③8渡辺諒介③
                5重田京佑③11黒石悠斗③
                4古味秀章③3三好敦斗③
                 1西山涼一③ 

                帝人SS
                 10池田剛③ 
                 8徳井稜② 
                14高本剛③11國和恭佑③
                4雲峰啓太③7福元拓海②
                2松本智瑛③5松川謙吾③
                3中矢智之③6水本康誠③
                 1佐々木俊哉③ 

                スタメン眺めていて、ふと疑問に思う蔵重ってGKじゃなかったけ?
                ナショトレにも入るぐらいの選手で、プラグラムでもしっかりGKで登録されている。
                でも、右MF。しかも普通にうまい。バスの都合で飛び出したため、聞けなかった…
                試合は9分、ミレニオ。ハーフライン左から吉村が縦へスルーパス。
                岡田がフリーで抜け出して、中へゴロ。中央末長がフリーで合わせて先制する。
                15分、帝人。右からのFK。ファーで折り返して、福本が押し込んで同点。
                16分、ミレニオ。岡田の左CK。ファーで古味がヘッドで落として、山本がボレーで再逆転。
                この試合ではミレニオの吉村と岡田が目を惹いた。
                吉村は飛び級で国体に入る突破力の光るプレーメーカー。ドリブルからパスで周囲をうまく使う。
                岡田はスピードのあるFW。キック精度も高く、外へ流れてクロスで好機を作る。

                この試合は前半の途中で移動。最後はFC東京U-15深川対ブレイズ熊本の一戦。
                FC東京U-15深川
                22小池豊② 11堀川慎仁③
                2永山慧伍③24大熊健太②
                8渡辺龍③12新井幹人③
                14沢井奏斗③3山岸瑠③
                28渡辺拓也②4大西拓真③
                 1伊藤倖希③ 

                ブレイズ熊本
                 7甲斐太進③ 
                 10福丸遼③ 
                9岩男仁③11渡辺晋之介③
                14橘木郁弥③8田原悟③
                13山本蒼馬③3関本拓海③
                4林倖多③5西嶋建人③
                 1井野太貴③ 

                深川は守備陣がおもしろい。伊東はうるさい系のGK。90分絶えず指示を送り出す。
                プレーエリアも広く、足元もたくみ。DFラインは安心してラインを上げられる。
                渡辺は空中戦に強いCB。彼が前で弾き返し、こぼれ球サイドへ流れたボールを大西が拾う。
                左の沢井も周囲との連携で前に出て、攻撃にアクセントを加える。
                中盤では左利きのボランチ、新井。低い位置でボールを引き出し、浮き球、速い球、大きな展開と種類の多いパスで深川の舵を取る。右サイドはtopの大熊清監督のご子息。
                お父さんと違ってうるさくはない(笑)。2年で出場しているように力はある。
                左利きで、迫力ある中への突破でチャンスを作り出していた。
                試合は前半は0-0で折り返し、42分に大熊の右CKをファーで沢井が折り返し、山岸が詰めて深川が先制。
                58分には途中出場のDF矢崎陸②がミドルシュートを決めて2-0で終了となった。
                試合終了間際くらいでバスの都合で会場を離脱。1時間ほどバスに揺られ帯広駅前に到着。
                おもしろい選手が何人も観れて、長距離移動の疲れも吹っ飛ぶ1日となった。
                DSC03547.jpgDSC03556.jpg

                デベロップカップ初日その①

                2011.08.18.Thu

                  今年の全国大会は我々、観戦者にとっては非常辛い。
                  クラ戦U-18前橋、総体が秋田と交通に少し難があり、お財布にきつい。
                  中でも一番きついのがクラ選U-15。帯広である。北海道の中心地、札幌から車で約4時間。
                  シーズンということもあって飛行機はどれも高い。安くで行く手を探った結果、フェリーが浮かぶ。
                  17日0時30分に舞鶴を出て、20時過ぎに小樽に到着。着くなり、今度は2時間JRに乗車。
                  この日の目的地である滝川に到着したのはちょうど18日に変わったころ。
                  唯一、朝まで営業していたガストで夜を明かし、始発を待つ。
                  6時前の始発に乗り込み、山道を走ること4時間。丸1日半の移動を終え、無事に帯広到着。
                  駅前で待っていてくださったセレッソサポさんの車に乗り込み、初日の目的地・中札内に辿りついた。

                  この日はすでにクラ選U-15のグループリーグは終えており、デベロップカップの開幕日であった。
                  各地方の予選でクラ選組の次に成績が良かった16チームが戦う、いわば中学生版のEL。
                  割と観る機会のある全国の常連ではなく、街クラブやJの後発組を観るいいチャンスである。

                  第1試合はすでに少し始まっていたので、メモを取らず、横浜FCジュニアユース対岩田FCを観戦。
                  横浜FCジュニアユース
                  10林勇太③ 9松木駿之介③
                  7濱崎友希③3飯原健斗③
                  6重永駿佑③5岸星斗③
                  8石川太一③14小出悠介③
                  4藺藤子龍③11戸田寛大③
                   12秋山直也③ 

                  岩田FC
                  11中浜諄③ 9東海林圭太③
                  10保坂尚哉③6松野雄樹③
                  8大田凌③7山室修平③
                  5藤田涼③2中内勇希③
                  4山田拓未③12中條風人③
                   1小林隆人③ 

                  観初めた時点ですでに2-0で岩田がリード。ボランチの山室修平③からのボールをFW中浜諄③がスピードのある突破から前線へと運び、強烈なシュートでゴールを狙う。
                  対する横浜FCはDFラインからきっちり繋ごうとするも前半はボールロストが多く、運べない。
                  終わってみればスコアは5-2。それでもFW登録ながらもCBに入った181cmの戸田寛大③、
                  引いた位置から積極的にドリブルで仕掛け、チャンスを作ったFW林勇太③など光るタレントがいた。

                  第2試合、まずはFCみやぎバルセロナジュニアユース対ヴァンフォーレ甲府U-15。
                  メッシの後継者、香川真司を生み出したバルサと、ここ数年、着実に成長を遂げている甲府との一戦。
                  堀米勇輝、渡辺雅樹、そして今年の小林岩魚。2年周期で表れるというレフティーにも期待が膨らむ。
                  FCみやぎバルセロナジュニアユース
                   9丹野裕司③ 
                   11荒井友希③ 
                  12中島昂海③10太田将成③
                  6高橋心③8北畠寛之③
                  5浦上廉③3千葉飛宇我③
                  13関裕之③2薄葉大亮③
                   15佐藤和幸③ 

                  ヴァンフォーレ甲府U-15
                   20内藤流成③ 
                  7小林岩魚③18清水康平③
                  9伊藤駿③10遠山拓民③
                   8酒井大樹③ 
                  3河西柾季③19伊藤大祐③
                  2樋口優輝③5中山永斗③
                   1古屋俊樹③ 


                  最初に動いたのは甲府だった。3分、右クロス。DFにクリアされるもボールが遠山の足元へ入り
                  PA手前からシュート。惜しくもDFに当りながらもネットを揺らし甲府が先制する。出先のいい入り方。
                  5分、PA手前でのFK。酒井が狙うも枠の上。13分、今度はFCみやぎ。ハーフラインで持った太田がドリブルで突破。
                  バイタルに入った所で、DFに防がれるも粘って右へ叩き、サイドフリーの丹野へ渡る。
                  すかさず、中へ折り返し、太田がゴール前でこのクロスをヘッド。GKが弾き、CKを獲得。
                  15分にもFCみやぎ。丹野が中央でボールキープから縦の太田へパス。
                  受ける動きで相手をかわして、素早くゴール前に持ち込み、GKと1対1になるもGK足で好セーブ。
                  FCみやぎは前線が流動的でそれぞれがまずは仕掛けることを狙う。香川の上手さの所以を感じる。
                  キーとなっていたのが太田。左右に流れて、きっちり足元に納めてポストで周囲を活かす。
                  スピードとしっかりした腰もあり、単独突破もできる。おもしろい。きっかけあれば、上も狙える選手。
                  17分、ハーフラインでのカットから中央の遠山。ドリブルで軽く前に出て左へ展開。
                  フリーで受けた小林、左サイドから持ち込んでシュートも、右に逸れる。
                  22分、右サイドから中へのパス小林が敵を引き寄せスルー。遠山が中でシュートもDFにあたりCK。
                  23分、酒井から縦へくさびのパス。DF前で遠山が受けて右へパス。小林がシュート。
                  29分、左CK。遠山のキックを中央で樋口が頭で合わせ2-0で前半終了。前後半のトータルスコアは3-1となった。
                  甲府で目だったのは小林。上半身をうまく使ってボールを守り、スピードを活かして、縦をすり抜けていく。
                  クロスの精度高く、キックの使い分けも出来ている。前の2人とは違う左のスペシャリストとして期待できそう。
                  それに加えて、遠山。シュート意識の強いパサー。ボランチからトップ下を上下動してボールを引き出す。
                  1stチョイスはシュート。2ndは人の間。しっかりゴールを意識した選択が出来ていたように思う。
                  小林岩魚太田将成

                  望み繋ぐ~東海ミニ国体 岐阜国体選抜・少年の部 対 愛知国体選抜・少年の部~

                  2011.08.13.Sat

                    愛知国体選抜・少年の部
                    11森勇人① 10北川柊斗①
                    16宮市剛①15加藤優汰①
                    7石川大貴①8金来遠①
                    2大森史裕①5若園敦貴①
                    4中島康輔①13後藤弘樹①
                     1板倉徹汰① 

                    岐阜国体選抜・少年の部
                     10中村文哉 
                    14古市拓巳6熊谷翔太郎①
                    11杉本太郎①9藤橋弘貴②
                     8三島頌平① 
                    5長尾圭祐①3井畑光貴①
                    13森京次②4森下廉太郎①
                     1臼井健一郎② 

                    続いて2試合目。愛知はこれまで4試合全て大量得点で勝利し、本大会への出場をすでに手にした状態。
                    対する岐阜は1試合目で静岡が負けたため、勝てば本大会への望みが繋がる。
                    試合が動いたのは15分。右サイドで熊谷。奪いに来る選手からボール粘って守り、フォローにきた藤橋に。
                    受けた藤橋がドリブルで中に入ってシュート。GKが弾いたボールを中村が押し込んで、岐阜が先制点をあげる。
                    20分にも岐阜。左サイドから中央の中村にボールが入る。これを中村が受ける動きで1人かわして、右の熊谷にパス。
                    中村は叩くと同時に縦へと走り、リターンを受けてシュートを打つ。ゴールにはならなかったが惜しい場面。
                    24分、左サイドでのカット。古市がが中に入れて三島がミドル。勢いなく左に逸れていく。
                    25分、自陣の森下から左サイドへ大きくサイドチェンジ。若園の足元に渡るも中村が奪ってドリブルからシュート。
                    28分、右サイドで井畑が相手のパスをカット。中央の杉本に預ける。杉本がドリブルで一旦右に流れ再び中へパス。
                    藤橋がこのパスをダイレクトで右の深い位置に陣取る熊谷に入れて、ドリブルから熊谷がシュート。
                    前半は完全に岐阜ペース。スキルフルな中盤の真ん中3人が素早く細かくボールを動かし、サイドを効果的に使う。
                    豊田国際で光った三島はこの日も出色の存在感。豊富な運動量と読みの良さでボールを刈り取り、シンプルに預ける。
                    前が空いてるとみるやいなや持ち込むドリブルもアクセントになっていた。
                    センター2人。杉本はちょっと引き気味な位置で受けて、小柄な体格を活かしたドリブルですり抜け、前線と中盤の接着剤に。藤橋はスペースを求め、激しく外へ流れる中村の穴を埋めるべく、幾度も前線に顔を出しタメを作る。
                    右の熊谷も素早いドリブルが武器で、流動的なパスサッカーのアクセントになっていた。観ていておもしろい。

                    後半開始直後も岐阜が押し込んだ。キックオフのボールを繋いでDFの間を通し右サイドへ展開。
                    受けた熊谷。一瞬のスピードで敵をかわしてPAへ進入。中へ転がすも追いついたDFがクリアし、CKに逃げる。
                    後半も岐阜ペース。だが、失点は突如やってきた。
                    37分、左CK。DFがクリアしたボールがネットに突き刺さり、オウンゴール。1-1の振り出しに戻る。
                    この1点で少し元気がでた愛知。59分、左サイドからDFと中盤の間にフワリとしたパスが入る。
                    宮市が中に入って飛び込んでループシュートを狙うも枠の外。
                    61分、ハーフラインでのカットから石川が縦へするどいパス。北川がフリーで抜け出しGKと1対1に。
                    右隅を狙うもGKがかろうじで弾きCKに逃げ込む。
                    64分、左からのクロス。クリアされたボールをダイレクトで金がシュートも大きく上。
                    本大会へ駒へ進めるためには引き分けでは終われない岐阜。最後までボールを追い、ゴールを狙う。
                    65分、岐阜。相手ゴール前にルーズに入ったボール。相手DFが体を切り、GKが余裕を持って捕球に入る。
                    そこに飛び込んだのは1topの中村。捕球の瞬間にボールをかっさらい、無人のゴールに転がした。
                    土壇場での最リードをしっかり残り5分、守りきり岐阜が勝利。
                    静岡が1試合目で負けたため、最終節の結果、次第では本大会出場が可能になる。
                    岐阜の選手たちは歓喜をあげ、翌日の最終節に挑むことになった。
                    DSC03511.jpgDSC03516.jpgDSC03517.jpg
                    続きを読む "望み繋ぐ~東海ミニ国体 岐阜国体選抜・少年の部 対 愛知国体選抜・少年の部~"

                    最下位がみせたプライド~東海ミニ国体 三重国体選抜・少年の部 対 静岡国体選抜・少年の部~

                    2011.08.13.Sat

                      今日は三重・鈴鹿。東海ミニ国体にやってきた。今年の東海地区の1年にずっと興味があった。
                      三重ではGK中村,DF坂の2人が名門、四中工のレギュラーを獲得。
                      岐阜ではこれまで県外に流れていた県内の有力選手が大挙して帝京大学可児高校に入学。
                      豊田国際ユースで確認できた愛知の良さ、三島頌平の巧さも確認してみたい。静岡もいわずもがな。
                      ただ、問題は開催場所。鈴鹿スポーツガーデンのアクセスの悪さ。最寄駅から、距離がありバスも少ない。
                      ネットを眺めながら、頭を捻る。アッシー君を探そう!すぐに浮かんだのが関西在住のジュビロサポさん。
                      16人中8人をジュビロが占める選手リストを提示すると、意外にもあっさりOK。
                      待ち合わせ場所から1時間ほどでグラウンドに到着することができた。
                      三重国体選抜・少年の部
                      11竹岡拓未① 10田村翔太②
                      14松岡龍成②8木戸口大介①
                      6森本翔太②13中村怜央①
                      5中川拓弥①4亀山智勝②
                      2坂圭祐①3栗田一兵①
                       1中村研吾① 

                      静岡国体選抜・少年の部
                      9中野誠也① 10梅村晴貴①
                      13金原唯斗①11北川滉平①
                      7佐藤飛天②15鈴木拳士郎①
                      2檜原悠佑①8柳沢拓弥①
                      3山本新太郎①4鈴木準弥①
                       12成田敏彬② 

                      ミニ国体は地域によってレギュレーションが違うのでややこしい。関西の場合、全国への切符は3枚。
                      各府県1巡のリーグを行い、1,2位にはシードを獲得。6チームによるトーナメントによって切符を獲得する。
                      東海は各県総当りの2巡のリーグを実施し、上位2チームが全国へと進む。
                      4試合を終えて三重は全敗での最下位。すでに予選敗退は決まっている。静岡は2位。勝てば出場が決まる。

                      ここまで3得点、16失点と苦しい試合が続く三重だったが、この試合は違った。
                      3分、三重。右CKをニアで合わせたボール。GKが弾いたものの松岡がきっちり押し込み三重が先制する。
                      静岡も負けていられない。11分。同じく右CK。佐藤の左足から上がったボールを山本が頭で合わせ同点とする。
                      静岡は2topの動き出しが良い。常に裏に外とスペースを狙っている。
                      そんな2topを活かすべくDFとボランチで細かく動かし、隙を見つけて、縦に入れる。
                      2topが納めた所でサイドハーフがフォローに入り、数的優位を作り、ゴール前へ進む。
                      ただ、この日はその一歩目がちょっとまずい。インターセプトを狙われたりパスミスがあったり。
                      三重はきっちりミスを活かして、田村を基点にゴール前まで運ぶ。
                      25分、三重。GKからのボールをハーフライン越えた所で森本に渡る。チェックが遅れ自由になった森本が相手DFの裏へフワリとパス。田村が抜け出し、GKとの1対1を沈めて再度リードを奪い、前半を終えた。

                      ハーフタイム静岡は中野に代えてMF土居柊太①を投入。左に入り、金原をトップ下に入れた4-2-3-1に。
                      後半、開始直後の40分。今度は静岡。左サイドからでたクサビのパス。反応した?がPAで倒されPK獲得。
                      これを北川がしっかり決めて、静岡が同点に追いつく。ただ、今日の静岡は得点直後が今一つ。
                      41分、鈴木が自陣PA手前で出したパスを佐藤に当って、田村の足元へすぐさま右に流し、MF木戸口が決めて、三重が3度目のリードを奪う。静岡は直後にMF石井大輝②,FW田口史也①を投入。反撃に出る。
                      51分、左サイドで土居がカット。素早く中に当てて、リターンから左を突破。中へ狙うも体を切られCKに。
                      その左CK。GKのパンチングしたボールを佐藤がミドルもDFにあたり、再度CKに。
                      中村を中心にしっかり耐えた三重は52分。右サイド木戸口が深い位置でタメて中へパス。
                      竹岡が中で落としたボールを今度も途中出場のMF榊原大貴②が押し込んで三重がリードを広げる。
                      途中出場選手の活躍でリズムに乗る三重。残り5分でベンチを全員出場させ時間稼ぎに出つつも攻撃の手を緩めない。
                      終了間際に田口に1点を返されたものの、スコアは4-3。最下位での敗退が決まっていた三重がプライドをみせた。
                      DSC03500.jpgDSC03495.jpgDSC03490.jpg

                      セレッソカップ 第25回大阪招待~大阪国体選抜・少年の部 対 大分国体選抜・少年の部~

                      2011.08.12.Fri

                        大阪国体選抜・少年の部
                        19大津耀誠① 11魚里直哉①
                        9小川直毅①10金永洙①
                        8平田翔①7丸岡満①
                        5永保尭①4福川和希①
                        13片岡大基①3白岩海斗①
                         1棟方博文① 

                        大分国体選抜・少年の部
                         15本田兼也 
                         9阿部良季 
                        19高田和弥13池辺祐馬①
                        6中井紅希①8合嶋雄大①
                        5山田大貴②11岩本一紘①
                        7赤尾隼②14岩武克弥
                         1竹中健悟 

                        2試合目は3年連続準優勝の大阪対大分の一戦。国体は高1の出場機会増を狙ったU-16の大会である。
                        今年であれば、1995年1月1日生まれ以降の選手、つまり高2の早生まれ以下が出場できる。
                        多くのチームが基本的には高1でほぼ占められる中、大分のスタメンは5人もの中3が並ぶ。後ろの数字なしが中3。
                        今大会は登録されるも帯同してないと思われる大分U-15DF佐藤昂洋、FW戸高裕登も出る力はある。ちょっと珍しい。
                        大阪は今年から大きな変更があった。少年種別の場合、(ア)居住地を示す現住所,(イ)学校教育法第1条に規定する学校の所在地という規定がある。各々の学力に応じ、通う学校が分かれていたガンバは、大阪だけでなく県をまたいで各県のメンバー入りを果たしていた。例えば、MF横谷繁、徳永裕大が兵庫、MF望月嶺臣が滋賀という具合に。
                        ただ、今年の1年から寮を導入し、全員が追手門学院高校へと通う。(ア)も(イ)も大阪となり、多くがメンバー入り。
                        学校側もこのようににリリースを流し、この日は校長先生も観にこられるなど、期待がかかっている。

                        開始4分。大阪がまず先手を打つ。大津のポストプレーから魚里が抜け出し、GKとの1対1を流し込む。
                        大分も負けてられない。相手をかわす術と正確な左足からの展開が光る中井と、膝下が柔らかく足元に吸い付くドリブルからの叩きが武器の阿部を基点に少ないタッチで細かく繋いでサイドを突く。
                        15分、右サイドを突破した本田から中へマイナスのパス。阿部が右足でシュートもGKの正面。
                        ここから拮抗した展開が続く。中盤での奪い合い。前へ入るのは零れたボールくらいでチャンスは少ない。
                        そんな中、28分。金が一瞬の隙をついて中央からDFの間へスルーパス。小川が抜け出し、ゴールを決める。2-0。
                        前半終了間際、大分はFKからゴールキックから惜しいチャンスを作るも決めきれず前半を終える。

                        後半からは大分が試合を進める。前半が終わるにつれ、流動的に動く前4人が少ないタッチでボールを動かし、スピードのあるサイドがスピードで仕掛けて、勝負に出る。CFを務めるのは154cmの本田兼也。
                        彼が前線を自由に流れて、足元の上手さを活かしたポスト、抜けだしで前線で基点となり続ける。
                        重心が低いからぶつかってもよろけない。低い彼を1トップで使うのも納得。
                        21分、大分の途中出場のMF矢内瑛義①が左サイドを突破し、中へパス。中央には高田。
                        CBの手前で受けて、トラップの勢いのままGKとの1対1に。冷静に右サイドに流し込んで1点差とする。
                        続く24分にも引いて受けた本田がターンから右サイドへ叩き高田がキープ。
                        ドリブルでPAに進入し、飛び出したGKと1対1に。間合いズラしてGKをかわしてシュートもDF追いつきクリアされる。
                        試合終了間際の35分。阿部が左サイドからドリブルで中へ入り、中でフリーの矢内へ繋ぐもシュートはGK正面。
                        直後にも後方からのパスから本田がフリーで抜けるも途中出場のGK射庭康太郎?が飛び出しなんとか弾く。
                        近くにこぼれたボールを阿部が拾って、狙うも大きくふかしてしまい試合終了。
                        負けはしたものの、ヤング大分が試合を魅了するナイスゲームだった。中3みんないい選手。

                        今日始めてみた阿部はU-15の常連選手である。170cmと高さはないけど代表ではCFで使われることが多い。
                        プレーを観てみて、なるほどなと思う。上手さはもちろんだけど、相手を外す動きが目を惹く。
                        自分で仕掛けれるんだけど、一番のウリは周囲を活かす技術。ドリブルで運んで、良き所で放すことが出来る。
                        偽CFとして、吉武JAPANでは使われてるんだろう。サイドの高田も初見だが、持ってから速い突破も良かった。
                        また、早生まれの山田も光る存在。スルスルと攻め上がり長短、使い分ける左足は脅威を与え続けた。
                        実力は世代でもトップクラスの存在感。
                        個々のタレントの良さを活かした魅了的なパスサッカーが全国でどこまで通用するのか。
                        まずは、九州ブロック大会での突破を期待してみたい。
                        DSC03459.jpg永保尭2DSC03467.jpgDSC03473.jpg
                        さて、問題。この写真の中に1枚。おかしなものがあります。さてどれでしょう?
                        違和感にきづいた人は立派な関西のサッカーマニア。

                        セレッソカップ 第25回大阪招待~山口国体選抜・少年の部 対 広島国体選抜・少年の部~

                        2011.08.12.Fri

                          夏休みに入り、各地でフェスティバルが開催されている。有名所でいえば世代代表を招待するSBS,豊田国際など。
                          交通費が嵩むそれらに比べ、助かるのが毎年、この時期になると開催される「セレッソカップ」。
                          今年で第25回を迎えるこの大会。国体の前週に開催されており、大阪選抜・少年の部を含む総当りで戦う。
                          これまでは一昨年までは海外勢が参加していたが、去年からは国内のチームのみ。
                          今年は広島、山口、大分の少年の部が参加する。育成マニアとしてはなんともたまらん大会だ。
                          でも、海外勢がいないのはちょっと寂しいよな… 思い出すのは6年前。
                          最終試合を終えたウェストハムの選手たち。ユニをねだる子どもたちに選手みんなで投げ入れる。
                          投げても投げても欲しがる子どもたち。しまいにはサッカーパンツ、ストッキングも投げ入れる選手も表れ、中にはパンツ一丁でロッカールームへ戻る選手もチラホラ。日本人じゃ考えられない(笑)

                          山口国体選抜・少年の部
                          16波田野順平① 3三原涼太①
                          10須子大輔①8竹本慶斗①
                          11栢原雄己②13福田修平①
                          6中谷航大①7小川稜②
                          4野上太雅①2新本晃之①
                           12永石拓海① 

                          広島国体選抜・少年の部
                           17安部誠太郎① 
                          15清水智貴①6高岡大翼①
                          16中野匠①9清谷陸①
                          7浜下瑛①10北川貴大②
                          4井上裕登①3大谷尚輝①
                           5山副晃平① 
                           1倉本晃司① 


                          第1試合は本年度の国体開催県の山口と広島の試合。大阪で試合を観るのが何か変な感じの一戦。
                          通常、開催県は大会での躍進を狙い、数年かけてU-15を強化し、進学の際も、あの手この手で地元に引き止める。
                          山口でも同じくこれまで県外に大量に流れていたトレセンクラスの選手が、今年は割と県内に留まっている。
                          高川の野上、波田野のようにすでに出場を重ねる選手もおり、注目して試合を眺める。

                          先に動いたのは広島だった。12分、ハーフライン中央から大きく左へ展開。
                          受けた清水が素早く中へ折り返し、PA内で高岡がどフリーもダイレクトでのパスを選択。DFにクリアされてしまう。
                          広島のサッカーは監督が広島ユースのコーチである山崎真さんというだけあって同じサッカーを展開する。
                          DFラインでボールを回しながら機を見つけ、外を基点に中との素早いパス回しでスピード上げていく。
                          21分、広島。浜下がドリブルで前まで運びPA中央の安部へパス。フリーでシュートも枠を捉えられず。
                          22分、広島。DFラインでのパス回し。プレスが甘いとみるや、大谷がドリブルで前に出てハーフライン越えた所で中の北川へ。すぐさま縦に当てて、前線の安部がすぐさま右に叩く。フリーの高岡がシュートも枠の上。
                          27分、広島。北川が中央をドリブルで抜けて、縦の安部に預け、前線へ上がる。
                          PA手前でリターンを受けてシュートも枠を捉えることはできない。
                          29分、山口。須子が左サイドを突破し、中へパス。ニアで波田野→中央の三原と繋いで福田がシュートも枠の上。
                          DFラインで厳しいパスを狙い、カットされる場面もあったが、連携で凌いだ広島ペースで前半を終える。

                          ハーフタイム。広島は安部に代えてFW越智大和①。山口は須子に代えて、DF河村一宏を投入。中谷を一列前に出す。
                          開始0分、広島。キックオフのボールを後ろに下げて大谷が前線へロングフィード。
                          越智が右サイド裏へ抜けて、GKと1対1に。GKの左隅を転がすも惜しくもポストに拒まれてしまう。
                          直後に広島は中野に代えて、MF宮原和也②を投入ボランチに入り、浜下と清水がシャドーに。高岡が左に移る。
                          この交代が功を奏す。足元のボールを好み周囲を活かす安部に対し、越智はスペースへの嗅覚が売りである。
                          何度もDFの前後へフリーで飛び出し、ボールを引き込む動きを繰り返す。
                          後ろから回すが基本だったDFラインに縦への大きなボールという選択肢が増える。
                          この効果は中盤にも波及する。長いボールを狙うDF陣へのケアが必要になることでボランチへのケアが緩む。
                          宮原、北川がフリーで受けて、前を向いてプレーする時間が増えてきた。
                          49分、広島。中で細かく繋いでPAまで運び、PA左に位置する清谷へ。
                          ダイレクトで中へ折り返し、高岡が左隅に決め、広島が先制点を奪った。
                          直後の51分にも左サイド浜下のスルーパスから越智がフリーで抜け出し。2-0。
                          63分にもハーフライン。宮原からのスルーパスを越智が抜け出しGKとの1対1に。落ち着いて決めて3-0。
                          その後も最後まで広島が落ち込んで、試合終了となった。

                          山口は波田野順が小柄ながらも足元の上手さと粘り強さを活かし、前線でタメを作る動きが目を惹いた。
                          だが、全体的にはちょっと小粒。開催県のため、本大会出場は決まっているが、どうなるだろうか…
                          広島では井上と北川。井上は身長180cm,78kgという巨体を活かし、相手の全てをほぼ鎮圧。
                          攻撃面でも正確な左足から前線にフィードを送り、チャンスを作り出していた。チームでも早めにチャンスありそう。
                          DSC03446.jpgDSC03449.jpgDSC03457.jpg

                          U-15日本代表候補トレーニングキャンプ(8/22~29@新潟)メンバー

                          2011.08.11.Thu

                            監督 吉武博文 【(財)日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ】     
                            コーチ 江尻篤彦 【(財)日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ】
                            GKコーチ 大橋昭好【(財)日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ】
                            NAME生年月日身長/体重現所属前所属
                            GK田口潤人96.09.28176/61横浜F・マリノスジュニアユースジュニオールSC
                            長沢祐弥96.07.01180/70ACNジュビロ沼津トライアングルSC
                            白岡ティモシィ96.09.08185/75サンフレッチェ広島FCジュニアユース廿日市ソレイルFC
                            DF大西拓真96.04.30175/66FC東京U-15深川バディーSC江東
                            宮本航汰96.06.19173/60清水エスパルスジュニアユース三保FC
                            石田崚真96.06.21166/53ジュビロ磐田U-15湖西FC
                            大西勇輝96.07.30173/58京都サンガFC U-15ディアブロッサ高田FC
                            伊藤克尚97.02.24167/55サンフレッチェ広島FCジュニアユース長束FC
                            山口慶希96.12.16165/55太陽SC熊本玉名U-15?
                            MF杉本太郎96.02.12162/54帝京大学可児高校SC岐阜VAMOS
                            三好康児97.03.26163/56川崎フロンターレU-15川崎フロンターレU-12
                            小林岩魚96.10.17175/61ヴァンフォーレ甲府U-15Uスポーツ
                            水谷拓磨96.04.24160/53清水エスパルスジュニアユース静岡城北SSS
                            北川航也96.07.26176/66清水エスパルスジュニアユース静岡城北SSS
                            高木彰人97.08.04172/62ガンバ大阪ジュニアユースSSクリエイト
                            中原輝96.07.08163/53ルーテル学院中学山鹿FCジュニア
                            FW岸寛太96.02.09163/56FC東京U-18FC東京U-15深川
                            鎌田啓義97.04.04160/50アルビレックス新潟ジュニアユースFC Aganoジュニアユース
                            藤本裕豪96.09.16165/63ヴィッセル神戸U-15若草少年SC
                            阿部良季96.10.05169/51カティオーラFC U-15カティオーラFC U-12

                            8月18日 下記5人を追加招集
                            NAME生年月日身長/体重現所属前所属
                            DF中谷進之介96.03.24180/60柏レイソルU-18柏レイソルU-15
                            斎藤海96.04.26176/66横浜F・マリノスジュニアユース横浜F・マリノスプライマリー
                            MF中村文哉96.11.22170/64SC岐阜VAMOSJUVEN FC898
                            手塚康平96.04.06170/57柏レイソルU-15ともぞうSC
                            姫野宥弥96.09.27160/58HOYO AC ELAN大分U-15大分トリニータU-12

                            8月19日 斎藤海が怪我のため参加辞退 下記3人を追加召集
                            NAME生年月日身長/体重現所属前所属
                            DF中島賢星96.09.23176/65アビスパ福岡U-15BUDDY FC
                            MF岡村吾朗96.09.08168/58図南SC群馬?
                            会津雄生96.08.01166/59柏レイソルU-15柏レイソルU-12

                            8月24日 高木彰人、岸寛太が怪我のため参加辞退 下記3人を追加招集
                            NAME生年月日身長/体重現所属前所属
                            DF酒井高聖96.03.20180/65アルビレックス新潟ジュニアユースレザーFS
                            MF宮原和也96.03.22169/57サンフレッチェ広島FCユースサンフレッチェ広島FCジュニアユース

                            2013年開催のU-17W杯のアジア予選1次予選まで後1か月。
                            初選出は山口、杉本、小林、中原、岸の5人。小林は堀米勇輝、渡辺雅樹と2年周期で出てくる甲府期待の左利き。
                            みたことはなんだけど、知人の評価は高いので、アンチにも選んでいた選手。北海道でチェックしよう。
                            熊本の2人は良く分からない。けど、面子見てみると山口は左SBかな?
                            早生まれの杉本は名古屋→岐阜VAMOS出身。小柄ながらも、守備に長け、前への突進力のあるボランチ。
                            豊田国際で出色の活躍を見せた三島など今年の岐阜の1年は他府県に逃げずに揃って帝京大可児に進んでいる。
                            岸寛太はスピード抜群のFW。っていっても、観たの3年前ですけど(笑)。
                            ここまで76人ものメンバーを呼んでいるが、ここ数回の面子を見てみると軸となる選手は固めてきたように思う。
                            今回で言うとCB宮本、中盤3枚のうち2人は水谷と北川。3topのサイドは阿部と高木。
                            外れているものの、CB中島、中盤真ん中とFWを務める手塚、FWの戸高あたりも有力候補だろう。

                            アンチ吉武JAPAN
                            NAME生年月日身長/体重現所属前所属
                            GK伊東倖希96.05.17180/60FC東京U-15深川大島シェルズ
                            山川卓己96.11.04175/61清水エスパルスジュニアユース広見SSS
                            若原大志97.03.30177/74京都サンガFC U-15矢倉FC
                            DF石井幹人96.05.15180/70JFAアカデミー福島ウイングスFC
                            麦倉捺木96.05.22176/62柏レイソルU-15柏レイソルU-12
                            太田京輔97.03.12178/58エスポワール白山FCジュニアユース?
                            杉山祐人96.04.28182/70千里丘FC野畑JFC
                            高橋醇96.04.09172/57ヴィッセル神戸U-15ヴィッセル神戸U-12
                            柄脇雅伸96.07.23180/60サンフレッチェ広島FCジュニアユース中山SC
                            MF丸岡満96.01.06169/61セレッソ大阪U-18徳島市立川内中学
                            倉持卓史96.07.11167/54コンサドーレ札幌U-15コンサドーレ札幌U-12
                            佐藤翔輝96.06.01160/53横浜F・マリノスジュニアユース追浜横浜F・マリノスプライマリー追浜
                            森晃太97.06.13156/50名古屋グランパスU-15名古屋グランパスU-12
                            渡辺柊斗97.01.28?/?名古屋FC名古屋FC
                            古市拓巳96.06.30175/58SC岐阜VAMOS岐阜JFC
                            西本雅崇96.06.11171/51セレッソ大阪U-15セレッソ大阪U-12
                            FW表原玄太96.02.28164/65ヴィッセル神戸U-18阿南FC
                            本塚聖也97.05.20170/61コンサドーレ札幌U-15札幌大谷地SSS
                            小島良太96.06.24172/64浦和レッドダイヤモンズジュニアユースはくつるFC
                            松原后96.04.02176/61ジュビロ磐田U-15FCエストレージャ

                            打ってて気づく。22,23日はクラ選U-15,全中の勝ち進んだチームが被ってしまう。
                            それに加えて、Jリーグ選抜のブラジルキャンプも入ってくる。このキャンプのメンバーは除外。
                            クラ選組も外そうと思ったけど、デベロップもあるよなぁとか長々と考えてあきらめた。
                            もう選びたいメンバーを選んじゃえと。初めて選ぶのは杉山、渡辺と本塚。
                            杉山は空中戦の強さと俊敏性を感じた選手。前に出てヘッドだけでなく左右に動いてのヘッドも目についた。
                            渡辺は運動量の豊富な左利き。前への飛び出しもしっかり出来、吉武さんのコンセプトにも合いそう。
                            本塚は堺でみて気に入った左利き。スラっと身長から繰り出すスピードある突破が目を惹いた。
                            彼はまだ2年。細さはあるけど、体重がついてくればもっとおもしろい選手になってそう。

                            U-14日本選抜・CFA国際ジュニアフットボールリーグ&フェスティバル(8/14~27)

                            2011.08.09.Tue

                              監督 木村康彦 【(財)日本サッカー協会ナショナルトレセンコーチ】
                              コーチ 宮川真一 【JFAアカデミー熊本宇城】
                              GKコーチ 岸本浩右 【(財)日本サッカー協会ナショナルトレセンコーチ/JFAアカデミー熊本宇城】 
                              NAME生年月日身長/体重現所属前所属
                              GK山口康平97.10.19180/69前橋FC高崎FC滝川
                              杉本広貴97.01.05183/74知多SC東浦キッズ
                              FP前田海97.04.27177/66FC DENOVA?
                              斉藤宏太97.04.10164/46山形FCジュニアユース山形FCジュニア
                              牧野潤97.08.25160/56JFAアカデミー福島加納西SSS
                              鈴木徳真97.03.12162/51FC古河ジュニアユース大谷東FC
                              横澤航平97.06.01154/48前橋FC榛東南FC
                              大場飛明97.10.25146/37川崎フロンターレU-15川崎フロンターレU-12
                              菅原俊平97.07.09154/48湘南ベルマーレU-15平塚厚木VAMOS FC
                              長沼洋一97.04.14170/56UスポーツクラブUスポーツクラブ
                              佐久間理央97.04.14176/56アルビレックス新潟ジュニアユースセントヴィゴーレ
                              高嶋由哉97.05.04170/59ALPHARD FC?
                              松澤彰97.09.18184/70名古屋FC EAST名古屋FC EAST
                              松岡秀平97.07.17170/56ガンバ大阪ジュニアユースAVANTI KANSAI FC
                              藤井陸97.05.31162/67サンフレッチェ広島FCジュニアユース?
                              田中虎之介97.08.20154/44FCリフォルマ丸亀城東SS
                              門司康成97.08.09162/48VALENTIA FCFCソレイユ
                              津留卓磨97.07.19173/57V・ファーレン長崎U-15長崎FC

                              JFAのHPに何も載ってない…とりあえず、中国に行くみたいです…
                              日本代表ではなく、あくまで日本選抜。各地域から1人以上、バランス良く選考している。
                              同時期にクラ選U-15とデベロップカップがあるので出てるとこ
                              こういった試合では本職関係なくプレーをさすので、ほとんど中盤だったり偏りが激しいイメージだけど、今回は分かりうる限りでチームでもDFを務める選手が前田、牧野、菅原、高嶋、松岡と5人もいるのが印象的。
                              でも、実際どこで使われるか今後どう育っていくか分からないですけど、参考までに。
                              観たことあるのは佐久間と松岡くらい?藤井もこないだ陸って呼ばれている選手がいたような…
                              U-14以下は皆さんからの情報お待ちしております(笑)

                              狭間の世代が得たもの~豊田国際ユースサッカー大会 U-16日本代表 対 U-16オーストラリア代表~

                              2011.08.07.Sun

                                続いて、2試合目。この大会に挑む世代は2015年のU-20W杯まで大きな大会がない。
                                アジア予選が始まる2013年まで代表という形を通しての強化は難しい。いわゆる狭間の世代だ。
                                U-16日本代表
                                7森勇人 16武颯
                                15北川柊斗11川上翔平
                                13三島頌平12早坂翔
                                6光永祐也4鴨池陽希
                                3ハーフナー・ニッキ5内山裕貴
                                 18田口潤人 

                                U-16オーストラリア代表
                                 9ベヤン 
                                 16オニール 
                                11トレビデス7デシルバ
                                6リ14パパディミトリオス
                                5マッデン2オーチェング
                                4ワーランド3カルバー
                                 12ジャネス 

                                オージーはU-16ながらも、登録選手全員を96年組,U-15代表で挑んできた。
                                来月から始まるU-17W杯アジア予選を睨んでだろう。ただ、1歳下というのは差が大きい。
                                1点も取れずに2連敗。せめてこの試合でゴールをあげて、次に繋げたいところだ。

                                日本は初戦、2戦目と出来のふがいなさから池内監督が激怒したと報道があった。
                                2戦目を観戦してた知人も辛らつな評価だった。ただ、この日は序盤から日本ペースで試合は進む。
                                3分、右スローインを受けた森がダイレクトで後方に落として、早坂がミドル。わずかに右に逸れる。
                                8分、左CK付近で北川がDFの裏へパス。武が抜け出し、GKと1対1になるも、GKが前に出て対処する。
                                12分、三島がDFの裏へスルーパス。武が再び抜け出し、GKと1対1になるもシュートは正面。
                                立ち上がりから日本が攻め込む。奪取能力の高い早坂、三島のボランチからサイドを経由して、topに入れる。
                                2topの役割も明確。DFとボランチの間で受ける森、スペースへ抜ける武。2人にボールが入ってチャンスを産む。
                                16分、カットから前出た三島がPA手前でDF裏へスルーパス。森がDF裏で受けて流し込む。日本が先制。
                                このプレーでもそうだったが、三島が凄くいい。武器は豊富な運動量と戦術眼。
                                相手が持った瞬間にパスコースに走り込んでボールを刈り取り、的確かつシンプルに散らす。
                                30分、右に流れた北川がキープしていた所をカットされるが、三島がすぐさま奪い返しそのままドリブル。
                                3人抜いてシュートを放つもDFにあたりCKに。
                                36分、相手DFでのボール回しを武がカット。シュートを打つもGKの正面に終わる。
                                僕が見てる限りはそんな悪くなかった。でも池内監督は何度もコーチングエリアに飛び出し、位置取りの指示を出す。自陣が持ってからと持ってない時の動き。特にサイドハーフに「開く、搾る」の注文が飛ぶ。

                                前半を終え、ハーフタイム。日本は川上に代えて、MF安東輝を投入する。
                                4分には北川のパスを武がぬけだし、日本が2点目をget。後半入ってから、日本の調子が良い。
                                5分、三島のパスを北川がDFの前で受けて、振り向きざまにシュート。
                                8分、右サイドから中央の北川へ。ダイレクトで縦に入れて武。左隅を狙うもGK好反応でCKに。
                                17分、光永が中とのワンツーで左の深い位置へ進入し、中へ低いボール。
                                武がニアでダビングヘッドであわすもGKの正面。弾いたボールを再度、狙うもDFがブロック。
                                18分、右サイド安東のパスをDF裏で武。GKと1対1になるも、隅を狙ったシュートはわずかに外を流れていく。
                                21分、左を上がった光永から中央の北川。タメてシュートも枠の上。
                                31分、25m付近中央でのFK。森が直接狙うも大きく上に外す。
                                35分、光永が上がって、途中出場のMF田村亮介へパス。中で詰った所で光永へ戻し中へクロスもDFがカット。
                                前半に比べて後半は中盤のサイドが効果的に開く搾るが出来ている。
                                光永が積極的に上がれるのも北川が中に入って、相手を引きつれ、スペースを作ってるのが大きい。
                                3点目も取れるような内容で日本が押し込んだが、試合はタイムアップ。2勝1敗,3位で大会を終えた。
                                DSC03363.jpgDSC03397.jpgDSC03415.jpgDSC03436.jpg
                                池内豊監督
                                「勝つ負けるは問わないけど、選手が育つためには勝つことも大事。
                                細かい部分までポジションを動かしてパスを回せた今日は非常に良かったです。
                                選手たちはここまで力はあるけど、代表という名前に浮き足だったプレーをしてしまっていた
                                でも、今日はハーフタイムでこちらからの指示がいらない位、皆が声を出して修正をしてくれたのが良かった」

                                Q.この世代は国際大会が少なくそういった面での難しさはありましたか?
                                「狭間の世代だから難しさは確かにあった。これからも召集の機会は限られてくる。
                                リーグも始まったし、チームで全国を挙げて、育てて欲しい。そしてたまにこういう大会で刺激を与えてね」

                                Q.そういった中、この3試合を終えての収穫は?
                                「そうですね。全体を通して、収穫は多かったです。いい選手がいました。
                                個人名は挙げないんで皆さんでお考えください(笑)」

                                で、こっからは僕の推察。試合前から声でチームを鼓舞し続けていたのが唯一の早生まれであるニッキ。
                                ハーフタイムを終え、ピッチへ向う途中、最年少の田口が「ニッキさん、俺の指示聴こえてますか?」と声をかけた。これに対して、ニッキは「おぅ大丈夫!聞こえんでもわぁわぁわぁ言うといたらいいねん」って返した。
                                思わず笑みが零れた田口。ロッカールームでの姿は見れてないけど、彼が中心となって修正した姿が目に浮かんだ。

                                地域代表が得た大きな収穫~豊田国際ユースサッカー大会 U-16韓国代表 対 U-16名古屋グランパス・愛知県・豊田市選抜~

                                2011.08.07.Sun

                                  久々に電車に揺られての遠出。今日は18切符での「豊田国際ユース」を観にきた。
                                  今年で12回を数えるこの大会は、過去にはメッシ、ネイマール、宇佐美貴史らも出場した伝統のある大会だ。
                                  注目度は年々高まっており、木曜の初戦の客入りは良かったそうだが、トヨタの関連会社が節電で木曜、金曜を休みにしている影響かこの日は少なめ。それでも、多くのチビっ子たちが明日のスターを眺めにやってきた。
                                  U-16韓国代表
                                   10ソ・ミョンウォン 
                                  7カン・ギフン9ソル・テス
                                  6キム・ジョンミン16ユン・ヒョンオ
                                   4イム・グンヨン 
                                  2キム・サングン8ソン・ギウン
                                  14イム・スンギョム5キム・ドンス
                                   1イ・スンウォン 

                                  U-16名古屋グランパス・愛知県・豊田市選抜
                                  12速水聖矢 14宮市剛
                                  11伊藤昌記9加藤優汰
                                  10石川大貴8金来遠
                                  2大森史裕5若園敦貴
                                  4中島康輔3後藤弘樹
                                   1板倉徹汰 

                                  第1試合は初戦PK戦で日本に敗れたものの2戦目にオーストラリア代表に勝利し、2位につける韓国代表と、2連勝で首位を走るU-16名古屋グランパス・愛知県・豊田市選抜。って長いな。愛知選抜と呼びます。
                                  メンバー表を眺めると韓国に特徴が浮かぶ。登録18名中12名がKリーグのユースチームに所属し、高校勢は5名。
                                  ベンチスタートのFWキム・ウホンはスペインのアルメリアに所属している。
                                  KリーグはJをお手本にし、ユース組織を急速な勢いで整備。
                                  これまでの高校サッカーを下部組織に組み込み、予算の15%以上をユース組織に充てることが義務付けられている。
                                  誰だったかは失念したが、確かA代表にも選ばれる選手を出すなど早くも成果をあげている。

                                  愛知は登録18名中、グランパスU-18が8名、U-15が5名、中京大中京3名。
                                  ただ、高体連での若園敦貴、宮市剛もクラ選、高円宮杯と連覇したグランパスの出身である。
                                  このまま、国体のメンバーも担う彼らへの期待値は大きく、日本代表にもDFニッキ、MF森、FW北川が取られている。

                                  両者ともにDFラインで回しつつ、機をみて攻撃のスイッチを入れてスピードをあげる序盤。先手を取ったのは韓国だった。
                                  12分、相手陣内左CK付近でのスローイン。投げるのはキム・サングン。勢い良くボールがPAに入り、板倉がジャンプして捕球に入るもファンブル。落下点には中島。クリアしたボールがネットを揺らし、オウンゴールで先制する。
                                  リードを奪われた日本だが、直後の15分。ハーフラインで金がインターセプトから左へ展開。
                                  受けた速水。キープするも出し所がなく詰った所へ中の石川がフォローに入り、すぐさま右へ叩く。
                                  そこへ若園が走り込み、受けた勢いそのまま右サイドを突破し、中へクロス。
                                  GKを越えてファーへ流れたボールを速水がスライディングであわせて、同点に追いついた。
                                  しかし、ここからは韓国ペース。足元の巧みCBを中心に素早く後ろでボールを回し、機を見てサイドに入れる。
                                  そこからサイドで数的を優位を作り、前へ運んで、積極的にスペースを探すソ・ミョンウォンを目掛ける。
                                  時折、見せるSB裏への大きなサイドチェンジも効果的に利き、優位に試合を進める。
                                  愛知は「CKフラッグを目掛けてボールを入れろ」とベンチから指示が飛ぶ。
                                  ただ、DFラインから狙おうにも、ボールが効率的に回らない。受けても、前を向いてボールを次に運べない
                                  「DF前を向け」そんな指示も同時に飛び出す。
                                  次の試合でも感じたが、ここでDFがキープして前に出る、前へパスを出せるという差が意外と大きい。
                                  前にドリブルすることで相手FWはチェックをかけに前に出る。相手2列目がパスコースに入る。
                                  それによって中盤にかかるマークの人数が減って、繋ぎやすくなる。
                                  フィールド内の過密化が進む現代サッカーにおいて、攻守は表裏一体。DFの上手さが攻撃に繋がっていく。
                                  ただ、韓国も前まで運ぶも、粘り強く耐える愛知DFを崩しきれず、追加点を奪えぬまま前半を終える。

                                  後半、開始直後も韓国のペース。7分、左の深い位置から入ったばかりのFWキム・ウホンが中へクロス。
                                  グラウンダーのボールがゴール前に流れ、ソ・ミョンウォンがDF赤塚竜馬と競りながら、シュートを打つも板倉の好セーブで何とかCKに。このCK。PA中央でユン・ヒョンオが頭であわすもまたも板倉が好セーブでCKに逃げる。
                                  2本目。右からのボールを今度はキム・ジョンミンがヘッドで合わせて2点目を奪った。
                                  ここから愛知もスイッチが入る。低い位置でどっしり構えサイドへ展開する石川とそこを衛星的に左右に動く金。
                                  2人を中心にボールを回し、後半からFWに入った加藤がスピードとパワーでゴールに向う。
                                  それでもゴールは奪えず、ただ時間が過ぎていく。終了間際、前線へ飛び出した石川が惜しいシュートを放つも決まらず試合終了。2試合目を残し、韓国が優勝を決めた。
                                  DSC03305.jpgDSC03310.jpgDSC03314.jpgDSC03321.jpg
                                  濱崎芳己監督
                                  『失点してからのリスタートの悪さが班員。韓国とフィジカルの差は感じなかったけど、体力面で後一歩が足りなかった。今日は負けたけど2勝したし、国際経験もつめたし、収穫が多い大会でした』

                                  来る前に騒げ

                                  2011.08.06.Sat

                                    このサイトはいろんな方の要素を色濃く影響されて出来ている。
                                    タイトルの由来となったのは「WSS」というサイト。現在は多忙により休止されているが、ブラジルリーグにとても詳しく、J入りが噂される選手の特徴を詳しく上げ、ランク付されているのが特徴だった。
                                    サイトの再開を祈願し、リスペクトしたのがその高校版。『来る前に騒げ=ブレイクする前に騒げ』というプチ企画。
                                    今年、入学したばかりの高1の中から今年、代表に選ばれていない金の卵をピックアップ。
                                    2015年に行われるFIFA W杯U-20に向けて一足も二足も早く唾をつけておき、誇らしげになれるのを期待するもの。
                                    この間4年間に向けてのいわばアンチJAPANのラージグループ、拡大版だ。では、選手だけの羅列を一気にどうぞ。
                                    NAME生年月日背/体重現所属前所属
                                    GK小泉勇人95.06.17183/78鹿島アントラーズユース鹿島アントラーズジュニアユース
                                    宗仲光95.07.23173/62横河武蔵野FCユース横河武蔵野FCジュニアユース
                                    近藤大河95.07.18180/73星稜高校名古屋グランパスU-15
                                    板倉徹汰95.04.26177/82名古屋グランパスU-18名古屋グランパスU-15
                                    中村研吾95.06.16179/64四日市中央工業高校伊勢ソシエタSC
                                    永井建成95.07.07183/75京都橘高校京都FC長岡京
                                    棟方博文95.04.18179/68ガンバ大阪ユースガンバ大阪ジュニアユース
                                    射庭康太郎95.12.07180/70セレッソ大阪U-18千里丘FC
                                    岡田滉平95.05.02?/?済美高校松山市立三津浜中学
                                    DF飯塚郁仁95.04.19172/61ベガルタ仙台ユースヴェルディSS小山ジュニアユース
                                    堀之内航平95.10.30180/65鹿島アントラーズユース鹿島アントラーズジュニアユース
                                    阿部翔95.10.31164/52鹿島アントラーズユース栃木SCジュニアユース
                                    池田壮磨95.04.10?/?前橋育英高校東京ヴェルディジュニアユース
                                    鳥海晃司95.05.09177/75ジェフユナイテッド市原・千葉U-18ジェフユナイテッド市原・千葉U-15
                                    三嶋廉士95.05.20181/70流通経済大学附属柏高校FCクラッキス松戸
                                    五勝出竣仁95.04.05176/68FC東京U-18FC東京U-15むさし
                                    青木啓輔95.04.18164/61FC東京U-18FC東京U-15むさし
                                    畠中慎之輔95.08.25183/75東京ヴェルディユース東京ヴェルディジュニアユース
                                    坂口正高95.04.17174/63川崎フロンターレU-18川崎フロンターレU-15
                                    太田賢吾95.11.16177/62川崎フロンターレU-18川崎フロンターレU-15
                                    原田信雄95.04.07181/77山梨学院大学附属高校FC ASA FUTURO
                                    石塚紀貴95.05.22163/60山梨学院大学附属高校FC東京U-15むさし
                                    五十田航輝95.06.04175/61アルビレックス新潟ユースアルビレックス新潟ジュニアユース
                                    松田翔平95.05.19171/59星稜高校名古屋グランパスU-15
                                    鈴木準弥96.01.07171/67清水エスパルスユースACNジュビロ沼津
                                    手塚朋克95.08.20176/61静岡学園高校ヴァンフォーレ甲府U-15
                                    山本新太郎95.04.04180/62ジュビロ磐田U-18ジュビロ磐田U-15
                                    森下廉太郎95.05.27181/63帝京大学可児高校帝京大学可児中学
                                    坂圭祐95.05.07173/67四日市中央工業高校?
                                    内田裕斗95.04.29168/58ガンバ大阪ユースガンバ大阪ジュニアユース
                                    永保尭95.10.23173/66ガンバ大阪ユースガンバ大阪ジュニアユース
                                    片岡大基95.12.22175/66桃山学院高校セレッソ大阪西U-15
                                    永田来樹95.08.27180/65セレッソ大阪U-18FC雲仙エスティオール
                                    坪井知也95.09.08183/52ヴィッセル神戸U-18三木市立自由が丘中学
                                    上川一樹95.11.16168/59滝川第二高校?
                                    山本義道95.07.25182/68作陽高校FC NEO
                                    山副晃平95.08.28178/69サンフレッチェ広島FCユースFCクラッキス松戸
                                    井上裕登95.07.29180/73広島皆実高校サンフレッチェ常石FC
                                    清水智貴95.10.24171/55広島観音高校サンフレッチェ広島FCジュニアユース
                                    篠田裕一朗95.06.17179/66香川西高校FCフレスカ神戸
                                    中井虹希95.07.29165/57大分トリニータU-18長崎ドリームFC
                                    MF前寛之95.08.01172/61コンサドーレ札幌U-18コンサドーレ札幌U-15
                                    白井永地95.09.26175/63柏レイソルU-18柏レイソルU-15
                                    赤松謙95.04.27167/63三菱養和SCユース三菱養和SC巣鴨ジュニアユース
                                    秋本和希95.08.26162/55三菱養和SCユース三菱養和SC調布ジュニアユース
                                    澤井直人95.04.03173/63東京ヴェルディユース東京ヴェルディジュニアユース
                                    安西幸輝95.05.31172/62東京ヴェルディユース東京ヴェルディジュニアユース
                                    山口陽一郎95.09.08168/58東京ヴェルディユース東京ヴェルディジュニアユース
                                    新里涼95.09.03176/60横浜F・マリノスユース横浜F・マリノスジュニアユース追浜
                                    尾身俊哉95.10.10166/61横浜F・マリノスユースクマガヤSC
                                    石井圭太95.06.22172/62横浜FCユース横浜FCジュニアユース
                                    金原唯斗95.04.23165/50ジュビロ磐田U-18ジュビロ磐田U-15
                                    伊藤昌記95.05.11164/55名古屋グランパスU-18名古屋グランパスU-15
                                    北村明信96.01.01168/57東山高校ASラランジャ京都U-15
                                    今野隆平95.04.02163/57京都橘高校SAGAWA SHIGA FA
                                    小屋松知哉95.04.24168/57京都橘高校宇治FCジュニアユース
                                    清水航輔95.04.18173/62京都サンガFC U-18京都サンガFC U-15
                                    道満奏太95.06.25166/57奈良育英高校SOLESTRELLA NARA 2002
                                    川井翔太95.06.15169/58ガンバ大阪ユース千里丘FC
                                    小西智貴95.04.18169/59ヴィッセル神戸U-18ヴィッセル神戸U-15
                                    夏目黎95.11.23170/59ヴィッセル神戸U-18アレックスジュニアユース
                                    平岡翼96.02.23164/59作陽高校ポルベニル・カシハラ
                                    上村佳祐95.04.09173/63サンフレッチェ広島FCユースサンフレッチェ広島FCジュニアユース
                                    野口翼95.06.03177/69サンフレッチェ広島FCユースFC古河ジュニアユース
                                    栗林倫也95.12.05161/56松山工業高校松山市立三津浜中学
                                    松田天馬95.06.11164/57東福岡高校熊本ユナイテッドFC
                                    山口晃大95.05.30166/52アビスパ福岡U-18アビスパ福岡U-15
                                    牛之濱容95.11.15167/60アビスパ福岡U-18アビスパ福岡U-15
                                    植田涼吾95.08.02172/70サガン鳥栖U-15MUNE広島FC
                                    上村周平95.10.15?/?ロアッソ熊本ユースロアッソ熊本ジュニアユース
                                    小原裕哉95.06.05168/58鵬翔高校都城市立都城西中学
                                    菊池禎晃95.07.22160/56日章学園高校日章学園中学
                                    吉田隼涼95.11.29174/63鹿児島城西高校姶良郡加治木町立加治木中学
                                    FW松尾雄斗95.11.13164/50コンサドーレ札幌U-18プログレッソ十勝FC U-15
                                    関根貴大95.04.19165/57浦和レッドダイヤモンズユース浦和レッドダイヤモンズジュニアユース
                                    進昂平95.06.04171/57浦和レッドダイヤモンズユース浦和レッドダイヤモンズジュニアユース
                                    小沢佑太95.05.30177/65大宮アルディージャユース大宮アルディージャジュニアユース
                                    森永卓95.05.18176/68流通経済大学附属柏高校小倉南FCジュニアユース
                                    宮澤弘95.05.07166/56柏レイソルU-18柏レイソルU-15
                                    和田凌95.07.05169/66ジェフユナイテッド市原・千葉U-18ジェフユナイテッド市原・千葉U-15
                                    石田雅俊95.05.04175/63市立船橋高校名古屋グランパスU-15
                                    木村陸人95.06.14175/70三菱養和SCユース府ロクジュニアユース
                                    相馬健一朗95.04.11170/64川崎フロンターレU-18川崎フロンターレU-15
                                    渡邉新太95.08.05164/63アルビレックス新潟ユースFC五十嵐ジュニアユース
                                    山本啓介95.04.29178/69静岡学園高校FC四日市
                                    田口史也95.05.03174/64藤枝東高校HondaFC U-15
                                    中野誠也95.07.23168/58ジュビロ磐田U-18ジュビロ磐田U-15
                                    加藤優汰95.07.21177/60中京大学附属中京高校名古屋FC
                                    樋口総95.08.15179/66京都サンガFC U-18京都サンガFC U-15
                                    小川直毅95.07.03168/59ガンバ大阪ユースガンバ大阪ジュニアユース
                                    勝田一秀95.07.27186/76セレッソ大阪U-18天草郡苓北町立苓北中学
                                    魚里直哉95.08.03165/54セレッソ大阪U-18洲本市立青雲中学
                                    松井慎太朗95.09.22180/65ヴィッセル神戸U-18ヴィッセル神戸U-15
                                    星野遼河95.05.19174/60滝川第二高校西宮SS
                                    越智大和95.05.12171/51サンフレッチェ広島FCユース四国中央市立土居中学
                                    林壮太95.05.11177/72徳島ヴォルティスユース徳島ヴォルティスジュニアユース
                                    久米秀人96.01.10173/56明徳義塾高校明徳義塾中学
                                    木戸皓貴95.06.28175/65東福岡高校熊本ユナイテッドFC
                                    嶋田慎太郎95.12.05?/?ロアッソ熊本ユースロアッソ熊本ジュニアユース
                                    林龍聖95.07.16176/66鹿児島城西高校鹿児島育英館中学

                                    ユース、高体連から約半分ずつ総勢100名。出番を掴みつつある、トレセンリーグで活躍する選手をピックアップ。
                                    こういうサイトをやってるいると、良し悪しがある。観れてない選手がなんとくバレるので知ったかができない(笑)。
                                    サイトを始めるまでの潜伏期間7年の間に観察してきた選手を含めても5~6割くらいしかチェックできていない。
                                    正直にいいます。色んな人の意見や公式記録、プログラムから引っ張ってきてます。
                                    身長・体重は今年のもののみを使用しており、国体に向けて個人的に観たい選手リストでもある。
                                    それにしても、ラージすぎる… 入力に4時間近くかかったから、全然プチ企画じゃない(笑)

                                    ※国体も終わったので,観たことある選手と入れ替えたり,選手データを加えたり,こっそり色々,随時更新中。

                                    U-18日本代表 カタール遠征(8/22~29)

                                    2011.08.05.Fri

                                      監督 吉田靖【(財)日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ】     
                                      コーチ 山橋貴史【(財)日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ】
                                      GKコーチ 慶越雄二【(財)日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ】
                                      NAME生年月日身長/体重現所属前所属
                                      GK池村彰太93.06.17183/78JFAアカデミー福島古河電池FC
                                      杉本大地93.07.15186/79京都サンガFC U-18ヤマハジュビロSS浜松
                                      DF櫛引一紀93.02.12178/72コンサドーレ札幌室蘭大谷高校
                                      松原健93.02.16177/66大分トリニータ大分トリニータU-18
                                      工藤将太朗93.06.20181/66大宮アルディージャユース大宮アルディージャジュニアユース
                                      山中亮輔93.04.20171/65柏レイソルU-18柏レイソルU-15
                                      川口尚紀94.05.24176/68アルビレックス新潟ユース長岡ビルボードFCジュニアユース
                                      佐藤和樹93.05.18174/65名古屋グランパスU-18名古屋グランパスU-15
                                      高橋祐治93.04.11185/75京都サンガFC U-18京都サンガFC U-15
                                      岩波拓也94.06.18185/71ヴィッセル神戸U-18ヴィッセル神戸U-15
                                      MF相馬大士93.02.02173/72柏レイソル柏レイソルU-18
                                      幸野志有人93.05.04179/66大分トリニータFC東京
                                      榊翔太93.08.03164/58コンサドーレ札幌U-18上川郡清水町立清水中学
                                      田鍋陵太93.04.10176/64三菱養和SCユース三菱養和SC巣鴨ジュニアユース
                                      熊谷アンドリュー93.06.06181/67横浜F・マリノスユース横浜F・マリノスジュニアユース追浜
                                      原川力93.08.18175/67京都サンガFC U-18レオーネ山口U-15
                                      廣田隆治93.07.16170/55ヴィッセル神戸U-18ヴィッセル神戸U-15
                                      野津田岳人94.06.06175/66サンフレッチェ広島FCユースサンフレッチェ広島FCジュニアユース
                                      為田大貴93.08.24175/66大分トリニータU-18ナガサキアシストサッカーユニオン
                                      FW南秀仁93.05.05176/67東京ヴェルディユースヴェルディSS相模原ジュニアユース
                                      高原幹93.05.28166/54名古屋グランパスU-18名古屋グランパスU-15
                                      三根和起93.04.18190/77京都サンガFC U-18ガンバ大阪ジュニアユース
                                      近藤貫太93.08.11160/58愛媛FCユース愛媛FCジュニアユース

                                      アンチJAPAN
                                      NAME生年月日身長/体重現所属前所属
                                      GK田尻健93.04.22181/70ガンバ大阪ユースガンバ大阪ジュニアユース
                                      月成大輝93.10.03178/74サガン鳥栖U-18サガン鳥栖U-15
                                      DF今瀬淳也93.01.03184/80国士舘大学市立船橋高校
                                      鈴木隆雅94.02.28174/62鹿島アントラーズユースFCみやぎバルセロナユース
                                      寄特直人94.05.12176/67浦和レッドダイヤモンズユースフォルトゥナSC
                                      萩間大樹93.05.14175/67川崎フロンターレU-18川崎フロンターレU-15
                                      國領一平93.07.31177/71京都サンガFC U-18京都サンガFC U-15
                                      西野貴治93.09.14185/72ガンバ大阪ユースガンバ大阪ジュニアユース
                                      牧内將悟93.07.09175/63広島皆実高校広島市立大塚中学
                                      玉城嵐士93.09.11180/70日章学園高校日章学園中学
                                      MF越後雄太93.04.27176/67ベガルタ仙台ユースベガルタ仙台ジュニアユース
                                      佐々木龍93.09.16164/56モンテディオ山形ユースモンテディオ山形ジュニアユース庄内
                                      野崎雅也93.08.03176/65浦和レッドダイヤモンズユース浦和レッドダイヤモンズジュニアユース
                                      菅佑也93.08.26174/70都立駒場高校東京ヴェルディジュニアユース
                                      鈴木雄斗93.12.07176/60横浜F・マリノスユース横浜F・マリノスジュニアユース
                                      松村亮94.06.15165/60ヴィッセル神戸U-18宇治FCジュニアユース
                                      稲葉修土93.06.29173/62立正大学淞南高校大阪セントラルFC
                                      白井優登93.05.15170/64東福岡高校アビスパ福岡U-15
                                      松尾純也93.04.28171/62鹿児島城西高校アミーゴス鹿児島U-15
                                      FW京佳吾93.11.06177/65ベガルタ仙台ユースベガルタ仙台ジュニアユース
                                      高田拓弥93.07.20173/66浦和レッドダイヤモンズユース幸手市立幸手西中学
                                      齋藤恭志93.12.25171/64アルビレックス新潟ユースアルビレックス新潟ジュニアユース
                                      若杉拓哉93.11.24180/68熊本大津高校山鹿市立山鹿中学

                                      簡易版。後日、もろもろ文章を足します。

                                      U-18日本代表〔SBSカップ(8/13~21)〕メンバー

                                      2011.08.05.Fri

                                        監督 吉田靖【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】
                                        コーチ 山橋貴史【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】
                                        GKコーチ 慶越雄二【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】
                                        NAME生年月日身長/体重現所属前所属
                                        GK櫛引政敏93.01.29182/68清水エスパルス青森山田高校
                                        中村航輔95.02.27179/67柏レイソルU-18柏レイソルU-15
                                        DF相馬大士93.02.02173/72柏レイソル柏レイソルU-18
                                        遠藤航93.02.09176/73湘南ベルマーレ湘南ベルマーレユース
                                        松原健93.02.16177/66大分トリニータ大分トリニータU-18
                                        山中亮輔93.04.20171/65柏レイソルU-18柏レイソルU-15
                                        川口尚紀94.05.24176/68アルビレックス新潟ユース長岡ビルボードFCジュニアユース
                                        岩波拓也94.06.18185/71ヴィッセル神戸U-18ヴィッセル神戸U-15
                                        植田直通94.10.24185/73熊本大津高校宇土市立住吉中学
                                        MF大島僚太93.01.23168/64川崎フロンターレ静岡学園高校
                                        荒野拓馬93.04.20178/62コンサドーレ札幌U-18コンサドーレ札幌U-15
                                        榊翔太93.08.03164/58コンサドーレ札幌U-18上川郡清水町立清水中学
                                        深井一希95.03.11175/61コンサドーレ札幌U-18コンサドーレ札幌U-15
                                        橋本拳人93.08.16178/68FC東京U-18FC東京U-15深川
                                        熊谷アンドリュー93.06.06181/67横浜F・マリノスユース横浜F・マリノスジュニアユース追浜
                                        為田大貴93.08.24175/66大分トリニータU-18ナガサキアシストサッカーユニオン
                                        FW南秀仁93.05.05176/67東京ヴェルディユースヴェルディSS相模原ジュニアユース
                                        高原幹93.05.28166/54名古屋グランパスU-18名古屋グランパスU-15
                                        久保裕也93.12.24177/70京都サンガFC U-18山口市立鴻南中学
                                        近藤貫太93.08.11160/58愛媛FCユース愛媛FCジュニアユース

                                        FIFA U-20ワールドカップ2013出場を目標としたチーム。10月に行われる1次予選に向けて仕上げといったところ。
                                        U-18オーストリア代表、U-18メキシコ代表、静岡ユースと戦う。
                                        ベスト8に輝いたU-17組からGK中村,DF川口,岩波,植田,MF深井が昇格。
                                        注目したいのが川口。彼が務めるであろう右SBはここまで本命不在で、継続的に呼ばれているのは松原健くらい。
                                        為田、相馬などのコンバートで穴を埋めてきた中で、クラブではFWながらも対人の強さとスピードを活かし、SBとしてU-17で活躍した彼に期待する部分は多いと思う。一個上でどんだけ出来るのか期待している。

                                        ちなみに、静岡ユースの面々は
                                        NAME生年月日身長/体重現所属前所属
                                        GK福島春樹93.04.08181/75静岡学園高校カワムラFC
                                        岩脇力哉94.03.19182/71ジュビロ磐田U-18FC四日市
                                        DF犬飼智也93.05.12179/70清水エスパルスユース清水エスパルスジュニアユース
                                        新井一耀93.11.08???/??清水商業高校フッチSC
                                        木本恭生93.08.06180/68静岡学園高校静岡学園中学
                                        山崎省吾94.02.06173/67藤枝明誠高校ヴァーディアFC
                                        望月健伍93.10.31172/66ジュビロ磐田U-18ヤマハジュビロSS磐田
                                        木下高彰93.06.11181/72浜松開誠館高校浜松開誠館中学
                                        MF石毛秀樹94.09.21169/56清水エスパルスユース清水エスパルスジュニアユース
                                        風間宏矢93.04.16172/60清水商業高校清水FCジュニアユース
                                        青木翼93.11.17???/??清水商業高校清水FCジュニアユース
                                        高嶋知広93.08.03???/??藤枝東高校ヤマハジュビロSS磐田
                                        荒木慎平93.08.05???/??藤枝東高校ACNジュビロ沼津
                                        森川龍乃介93.08.12170/61藤枝明誠高校RAYOS FC
                                        FW澤上竜二93.10.08180/73飛龍高校桜FC
                                        柏瀬暁93.06.01182/73清水エスパルスユースフッチSC
                                        加賀美翔94.04.22173/64清水エスパルスユースACNジュビロ沼津
                                        新村陸94.03.24170/65ジュビロ磐田ユースヤマハジュビロSS浜松

                                        最多はエスパルスの4人。続いて清水商業の3人。木下、風間、柏と縦のラインにU-18経験者が揃う。
                                        高さに左足のフィード備えた新井などおもしろいタレントはいるだけにアップセットもありえそう。

                                        続いて、アンチ吉田JAPAN。今回も本家と同じくU-17組を各ポジション同じだけ、カタール遠征と分けて選んでみた。
                                        NAME生年月日身長/体重現所属前所属
                                        GK鈴木椋大94.02.10191/82横浜F・マリノスユース名古屋グランパス三好FC
                                        山田修平93.04.22188/77山梨学院大学附属高校川上FC
                                        DF今瀬淳也93.01.03184/80国士舘大学市立船橋高校
                                        小山内貴哉93.06.15176/67コンサドーレ札幌U-18コンサドーレ札幌U-15
                                        奈良竜樹93.09.19180/70コンサドーレ札幌U-18北見市立小泉中学
                                        秋野央樹94.10.08174/62柏レイソルU-18柏レイソルU-15
                                        菊池翔94.10.08168/63大宮アルディージャユース大宮アルディージャジュニアユース
                                        早川史哉94.01.12170/68アルビレックス新潟ユースアルビレックス新潟ジュニアユース
                                        仲島義貴93.08.18184/72ヴィッセル神戸U-18ヴィッセル神戸U-15
                                        MF小川雄生94.11.03181/70前橋育英高校前橋FC
                                        平野篤志93.05.28171/58大宮アルディージャユース大宮アルディージャジュニアユース
                                        古波津辰希93.09.11173/57流通経済大学附属柏高校那覇市立小禄中学
                                        杉本竜士93.06.01166/59東京ヴェルディユース東京ヴェルディジュニアユース
                                        小野瀬康介93.04.22176/65横浜FCユース横浜FCジュニアユース
                                        水野泰輔93.05.04170/59名古屋グランパスU-18名古屋グランパスU-15
                                        久永翼93.05.13167/69京都サンガFC U-18レオーネ山口U-15
                                        FW中川義貴93.07.14176/70鹿島アントラーズユース鹿島アントラーズジュニアユース
                                        和泉竜司93.11.06172/66市立船橋高校FC四日市
                                        白崎凌兵93.05.18178/60山梨学院大学附属高校FC東京U-15むさし
                                        田中淳一93.10.23173/70大阪桐蔭高校サルパFC

                                        えーい!なんだなんだこの選手リストの多さは!打ってるだけで疲れてしまった。
                                        クラセンで良かった選手を中心に選んでみた。初選出は仲島、平野、小川。
                                        仲島は高さと組み立てに優れたCB。岩波とのコンビで高い壁を築き、ヴィッセルの準優勝に貢献。そーいや、過去になんで選んでなかったんだろ?平野はスペースへの抜け出しと周囲の使い方がうまいマルチなMF。チームではサイドとセンターをこなしていた。小川は2年ながら名門で軸を担う選手。中盤でボールを持て、散らしにセンスを感じる。来年はエース番号である14番を背負うであろう選手だ。
                                         | HOME | 
                                        上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。