スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バロンボーイ2015

2016.02.19.Fri
去年一年、ユース年代で活躍した選手の中から、
twitter投票によって、ベスト11、MVPなどの各賞を選出する企画が「バロンボーイ」。
古くからユースマニアの間で行われてきた企画で、2011年からこのブログが主宰に。
年々、参加者が増えて今年は過去最多となる27名に投票して頂きました。
2015年のユース世代を彩った選手たちはいったい誰なのか?
さっそく、ベスト11から振り返ってみます。

GK
廣末陸(青森山田)10票
脇野敦至(東福岡)9票
矢田貝壮貴(京都橘)3票
田中勘太(仙台ユース)
辻周吾(千葉U-18)
上田朝都(横浜FMユース)
阿部航斗(新潟U-18)
大西聖哉(磐田U-18)

DF
町田浩樹(鹿島ユース)7票
橋岡大樹(浦和ユース)6票
本村武揚(流経大柏)6票
原山海里(青森山田)5票
小田逸稀(東福岡)5票

常田克人(青森山田)5票
北城俊幸(青森山田)4票
杉岡大暉(市立船橋)4票
柳貴博(FC東京U-18)4票
星キョーワァン(矢板中央)3票
大里優斗(鹿島ユース)3票
朝妻祐斗(大宮ユース)3票
古屋誠志郎(市立船橋)3票
坂本寛之(横浜FMユース)3票
品田竜之介(東京Vユース)2票
庄司朋乃也(C大阪U-18) 2票
冨安健洋(福岡U-18)2票
林雄都(東福岡)2票
野田裕喜(大津)2票
按田頼(札幌U-18)
ソ・ヨハン(駒大苫小牧)
小島雅也(仙台ユース)
丹野裕太(聖和学園)
茂木星也(尚志)
真下瑞都(矢板中央)
岡野旬(千葉U-18)
齋藤拓海(千葉U-18)
城和隼颯(柏U-18)
白井達也(市立船橋)
西村慧祐(習志野)
岡庭愁人(FC東京U-18)
田代雄大(横河武蔵野)
渡辺将矢(横河武蔵野)
宮原直央(國學院久我山)
山本研(國學院久我山)
黒石川瑛(実践学園)
常本佳吾(横浜FMユース)
鶴田雄佑(湘南工科大附属)
入間川景太(甲府U-18)
早川雄貴(富山一)
村松航太(清水ユース)
森下龍矢(磐田U-18)
上林聖矢(草津東)
吹ヶ徳喜(名古屋U18)
麻田将吾(京都U-18)
初瀬亮(G大阪ユース)
藤谷壮(神戸U-18)
眞鍋旭輝(大津)
徳永敦弘(ルーテル学院)
宮原太一(大分U-18)

MF
中村健人(東福岡)12票
遠藤渓太(横浜FMユース)7票
市丸瑞希(G大阪ユース)7票


神谷優太(青森山田)4票
渡辺皓太(東京Vユース)4票
岩田智輝(大分U-18)4票
山田陸(大宮ユース)3票
椎橋慧也(市立船橋)3票
工藤友暉(市立船橋)3票
太田翔(横河武蔵野)3票
旗手怜央(静岡学園)3票
山本蓮(久御山)3票
平戸太貴(鹿島ユース)2票
千葉健太(鹿島ユース)2票
瀬古樹(三菱養和)2票
名倉巧(國學院久我山)2票
三苫薫(川崎F U-18)2票
イサカ・ゼイン(桐光学園)2票
鍬先祐弥(東福岡)2票
山本悠樹(草津東)
高橋壱成(青森山田)
佐々木匠(仙台ユース)
高梨起生(尚志)
佐藤凌輔(尚志)
斎藤亮輔(矢板中央)
新井瑞希(浦和ユース)
安西海斗(柏U-18)
大熊健太(FC東京U-18)
井上潮音(東京Vユース)
佐藤瑠己安(東京Vユース)
松井輝純(三菱養和)
見木友哉(横河武蔵野)
梁賢柱(東京朝鮮)
田中碧(川崎F U-18)
和田昌士(横浜FMユース)
小松駿太(横浜FMユース)
河原田湧(横浜FMユース)
石山雄悟(横浜FCユース)
興津利弥(磐田U-18)
池庭諒耶(名古屋U18)
川崎健太郎(名古屋U18)
森島司(四中工)
荻野広大(京都U-18)
堂安律(G大阪ユース)
大原俊輔(G大阪ユース)
食野亮太郎(G大阪ユース)
川畑隼人(履正社)
中坂勇哉(神戸U-18)
平谷充矢(センアーノ神戸)
野中優之介(福岡U-18)
三宅海斗(東福岡)
藤川虎太朗(東福岡)
吉武莉央(大津)
原岡翼(大津)

FW
小川航基(桐光学園)13票
垣田裕暉(鹿島ユース)7票


森晃太(名古屋U18)6票
佐藤亮(FC東京U-18)3票
本吉佑多(仙台ユース)2票
澁谷雅也(國學院久我山)2票
岸晃司(川崎F U-18)2票
岩崎悠人(京都橘)2票
岸本武流(C大阪U-18)2票
谷田光(聖和学園)
小野寛之(尚志)
柳原隆二(尚志)
藤沼拓夢(大宮ユース)
浮田健誠(柏U-18)
郡大夢 (東京Vユース)
中杉雄貴(横浜FMユース)
山口佳晃(横浜市立東)
前田大然(山梨学院)
立川嶺(磐田U-18)
杉森考起(名古屋U18)
向井章人(神戸U-18)

投票数でベスト11と並ぶ票を受けたのがDF常田克人(青森山田)とFW垣田裕暉(鹿島ユース)だが、
常田はより票を集めたCBが3名いたため、ポジションバランスを考慮し、原山と小田に。
垣田は森と同数を獲得したものの、チームメイトの町田がDF部門で選出されており、
より多くのチームから選びたいということで、今回はサブに回ってもらいました。
前半は森、後半は垣田という起用法で行ければと。
フォーメーションはこんな感じでしょうか?
LINEUP111455894811014.png

例年以上に中盤の選手の票が割れて、DFの選手に票が集まったため、彼らを活かす3バックにしてみました。
中村と市丸のプレミアWESTコンビをダブルボランチにしてみたけど、
実際は市丸のワンボランチで、中村と遠藤がトップ下という感じかなと。

MVP

中村健人(東福岡)6票
垣田裕暉(鹿島ユース)2票
遠藤渓太(横浜FMユース)2票
佐々木匠(仙台ユース)
千葉健太(鹿島ユース)
見木友哉(横河武蔵野)
坂本寛之(横浜FMユース)
中杉雄貴(横浜FMユース)
小川航基(桐光学園)
山本蓮(久御山)
脇野敦至(東福岡)
該当者なし

ベスト11で最も票を集めた中村がここでも独走し、2015年度のMVPに。
高校総体と選手権の2冠をキャプテンとして、支えたのはもちろん、
プレミアWESTでも2位に入ったことももっと評価されても良いはず。

新人王

DF橋岡大樹(浦和ユース)5
GK平田周(國學院久我山)2
GK沖悠哉(鹿島ユース)
MF大久保智明(東京Vユース)
MF堀研太(横浜FMユース)
FW岩城大助(横浜FMユース)
DF入間川景太(甲府U-18)
MF山原怜音(アカ福)
GK大迫敬介(広島ユース)
MF川村拓夢(広島ユース)
FW満田誠(広島ユース)
FW藤原志龍(徳島ユース)
MF江崎巧朗(ルーテル学院)
該当者なし

新人王はJユースカップを制した浦和ユースで不動の座を掴んだ橋岡が受賞。

最優秀監督賞
森重潤也(東福岡)7
藤吉信次(東京Vユース)2
松橋力蔵(横浜FMユース)2
黒田剛(青森山田)
熊谷浩二(鹿島ユース)
竹中穣(町田ユース)
松本悟(久御山)
山崎哲也(大分U-18)

最優秀監督は全国総体と選手権の2冠を達成した東福岡の森重潤也監督に。

ベストバウト
選手権3回戦 桐光学園×青森山田 4
プレミア参入戦2回戦 静岡学園×大津 3
選手権2回戦   前橋育英×大津 2
クラ選準々決勝 仙台ユース×名古屋U18
選手権準決勝  青森山田×國學院久我山
選手権1回戦   聖和学園×野洲
選手権3回戦   東福岡×市立船橋
選手権滋賀予選準々決勝 立命館守山×草津東
クラ選関東予選2次L 横河武蔵野×横浜FMユース
クラ選1回戦   千葉U-18×鹿島ユース
九州新人準決勝  国見×東福岡
総体2回戦    青森山田×久御山
総体3回戦    関東第一×大津
JユースカップPOプレーオフ 塩釜FCユース×FCトリプレッタ

ベストバウトは桐光学園が2点リードという状況から、後半アディショナルタイムに同点に追いつき、PK戦で逆転勝利を掴んだ青森山田の試合に。続いて票を集めたのがプレミア参入。この試合も前後半で決着がつかず、延長戦までもつれた一戦で、やはり最後まで目が離せなかった試合が上位入りを果たした。
スポンサーサイト

バロンボーイ2014

2015.02.09.Mon
2014年度のユース年代で活躍した選手の中から、
ライター、マニア、サポらによる投票によって、
ベスト11、MVPなどの各賞を選出する企画、それが「バロンボーイ」。
古くからユースマニアの間で行われてきた企画でしたが、
2011年からTwitterによる投票を取り入れ、門戸を広く開放。
年々、参加者が集まり今年は22人の方に投票して頂きました。
2014年のユース世代を彩った選手たちはいったい誰なのか?
さっそく、ベスト11から振り返ってみます。

GK
志村滉(市船橋) 5票
林瑞輝(G大阪ユース) 4票
似鳥康太(アカ福) 3票
吉田舜(前橋育英) 2票
高橋若葉(塩釜FCユース)
中島尚人(聖和学園)
木村真(柏U-18)
矢田貝壮貴(京都橘)
齋藤和希(C大阪U-18)
川島大輝(福岡U-18)
脇野敦至(東福岡)

GK部門の1位となったのは磐田入団の志村。守備範囲の広さと
安定感のあるセービングといった守備の上手さはもちろん、キック精度もピカイチ。
初参戦したプレミアリーグEASTでの残留に大きく貢献するなど、世代屈指の名に恥じぬ働きを披露。
同じく、G大阪入りを果たした林、岡山入りの似鳥とプロ入り組が上位を占めた。

DF
小川諒也(流経柏) 10票
中山雄太(柏U-18) 8票
安在達弥(東京Vユース) 5票

鈴木大誠(星稜) 4票
髙山和真(大宮ユース) 3票
上夷克典(鹿児島城西) 3票
小島雅也(仙台ユース) 2票 
町田浩樹(鹿島ユース) 2票
藤井拓(市立船橋) 2票
池田樹雷人(三菱養和) 2票
杉山耕二(三菱養和) 2票
小野寺健也(日大藤沢) 2票
石渡旭(静岡学園) 2票
水谷拓磨(清水ユース) 2票
吉村弦(G大阪ユース) 2票
藤谷壮(神戸U-18) 2票
末永巧(東福岡) 2票
岩崎湧治(仙台ユース)
熊谷駿(仙台育英)
山城廉(尚志)
慶野雄大(尚志)
寺門宥斗(鹿島ユース)
水書祐季(矢板中央)
橋岡大樹(浦和ユース)
長里竜成(昌平)
手塚康平(柏U-18)
上島拓巳(柏U-18)
浦田樹(千葉U-18)
打越大樹(市立船橋)
佐古大輔(習志野)
三竿健斗(東京Vユース)
大桃海斗(帝京長岡)
石田崚真(磐田U-18)
松原后(浜松開誠館)
温井駿斗(C大阪U-18)
庄司朋乃也(C大阪U-18)
中村健人(立正大淞南)
吉村悠佑(福岡U-18)
冨安健洋(福岡U-18)
峰泰斗(佐賀東)
野田裕喜(大津)
川上康平(熊本国府)

DF部門のトップに立ったのは流経大柏からFC東京に進んだ小川。
俊足と正確な左足キックがウリの左SBとして、2年時から高円宮杯を制したチームで出場機会を掴んでいたが、
最終学年を迎えた昨季は本職はもちろん、CB、左SH、FWでもプレーするなどポリバレントぶりを発揮。
選手権での4強進出を力強く牽引した。
2番手につけたのは柏の中山。ポゼッションを重視する柏らしく足下の技術に長けたセンターCBで、
今年は中盤での起用も多く見られた。トップチームでの活躍はもちろん、早生まれとあり、
今後は東京五輪世代のリーダー格としても期待したい。
プロに進んだ2人に続いたのは東京Vの安在。
豊富な運動量を活かしたアップダウンから放たれるクロスがウリの右SBで、
個人的にはプロ入りも十分"アリ"だと思っていた選手。
進学先の中央大での活躍を楽しみにしたい。
その他、選手権制覇の立役者となった星稜の鈴木、
プレミア昇格を支えた髙山、初戦敗退となったが選手権で大きなインパクトを残した上夷が上位に入った。

MF
奥川雅也(京都U-18) 11票
鈴木徳真(前橋育英) 10票
増山朝陽(東福岡) 8票
姫野宥弥(大分U-18) 7票
久保和己(流経柏) 5票
蓮川雄大(F東京U-18) 5票

相馬勇紀(三菱養和) 4票
平田健人(星稜) 3票
伊藤達哉(柏U-18) 2票
相澤祥太(流経柏) 2票
小林岩魚(甲府U-18) 2票
杉原啓太(星稜) 2票
宮本航汰(清水ユース) 2票
中坂勇哉 (神戸U-18) 2票
坂井大将(大分U-18) 2票
高嶺朋樹(札幌U-18)
山下優人(青森山田)
茂木駿佑(仙台ユース)
佐々木匠(仙台ユース)
稲村知大(尚志)
渡邊凌磨(前橋育英)
大橋尚志(鹿島ユース)
熊川翔(柏U-18)
下田悠哉(三菱養和)
高橋宏季(F東京U-18)
伊藤大祐(山梨学院)
前川優太(星稜)
草野侑己(アカ福)
望月大(清水ユース)
上原力也(磐田U-18)
杉森考起(名古屋U18)
麻田将吾(京都U-18)
鎌田大地(東山)
堂安律(G大阪ユース)
阪本将基(C大阪U-18)
高田和弥(C大阪U-18)
久保田和音(大阪桐蔭)
中井英人(神戸U-18)
近藤大貴(東福岡)
中島賢星(東福岡)
崎村祐丞(福岡U-18)
中原輝(ルーテル学院)
山口慶希(熊本国府)

中盤部門のトップはベスト11投票最多となる11票を集めた奥川。
どうしても観る地域に偏りがある中で、2人に1人の割合で票を集めたのは凄いと言える。
吸い付くタッチと緩急を活かしたドリブルが持ち味で、能力の高さはAFC U-19選手権でも実証済み。
海外からのオファーも噂されるなど、昨年の活躍は多くの人を惹きつけるものだった。
彼に続いたのは鈴木、増山の高体連2人。
前者は選手権準優勝、後者はインターハイ優勝とタイトル争いを力強く引っ張る活躍を見せた。
増山だけでなく、九州からもう一人入賞したのは姫野。
豊富な運動量と激しいボール奪取がウリの闘犬タイプのボランチで、
ピンチを幾度となく潰す姿が印象的。プレミア昇格への貢献度は絶大だった。
中盤での投票が例年以上に多く、流経柏のサイドを彩った左利きの久保、
Jユースカップ4強をプレミア昇格果たしたF東京の大型アタッカー蓮川も入賞した。

FW
鈴木優磨(鹿島) 4票
渡邊凌磨(前橋育英) 3票
野村祐一朗(昌平) 3票
大橋祐紀(八千代) 3票
ディサロ燦シルヴァーノ(三菱養和) 3票
坂本和雅(聖和学園) 2票
岩崎悠人(京都橘) 2票
米澤令衣(神戸U-18) 2票
丹代藍人(青森山田)
林純平(尚志)
橋本七斗(栃木ユース)
関岡亮太(矢板中央)
安藤丈(駒澤大学高)
田場ディエゴ(日大藤沢)
浜田力(アカ福)
北川航也(清水ユース)
名古新太郎(静岡学園)
平尾壮(G大阪ユース)
高木彰人(G大阪ユース)
畑中槙人(鳥取U-18)
木藤舜介(東福岡)
前田翔吾(鹿児島実)

中盤の選手に票が集まった煽りを受けた形となったのがFW部門。
1トップを採用する投票が多かったことに加え、票が割れたこともあり、最多でも4票のみという結果となった。
だが、票の伸び悩みと能力の高さは比例しないのも、こういう企画である。
トップ投票となった鈴木も多分に漏れず、この世代屈指のストライカー。
大柄かつ野性味溢れる選手で、強引にゴール前に切れ込む動きで何度も決定機を作れるタイプの選手だ。
また、運動量も多く守備で貢献も期待できる存在。トップチームに馴染めば面白い存在となるのは間違いない。
割れたFW部門だが、彼の他にも渡邊、野村、大橋、ディサロという関東の実力派たちが票を集めた。

LINEUP111423593319754.png
フォーメーションを組なら、こんな感じだろうか?サイドアタッカーが多く守備が少し不安だが、戦えなくはないはず。
久保を左SBに落として、増山を右サイドハーフに上げる4-2-3-1もありかもしれない。
なかなか、良いチームなのではないだろうか。

MVP
増山朝陽(東福岡) 4票
奥川雅也(京都U-18) 2票
茂木駿佑(仙台ユース)
鈴木優磨(鹿島ユース)
鈴木徳真(前橋育英)
小川諒也(流経柏)
久保和己(流経柏)
安在達弥(東京Vユース)
鈴木大誠(星稜)
前川優太(星稜)
中井英人(神戸U-18)
近藤大貴(東福岡)
姫野宥弥(大分U-18)
該当者なし

MVPに輝いたのは"ヒガシのクリロナ"こと増山。
"○○二世"とか"和製○○"という呼び名には首をひねるケースも多々あるが、
この選手は見た目だけでなく、プレーもクリロナそっくり。異名にも納得がいく、
バネとスピードを活かしたドリブル突破でサイドを何度も切り裂く姿が印象的。
インターハイに続く2冠を目指した選手権では惜しくもベスト16で涙を飲んだが、
試合後の表情はやりきった感も見られたように、彼とチームともに充実した一年だったはずだ。

新人王
岩崎悠人(京都橘) 4票
堂安律(G大阪ユース) 3票
山田陸(大宮ユース) 2票
矢田貝壮貴(京都橘) 2票
橋岡大樹(浦和ユース)
古賀太陽(柏U-18)
高宇洋(市立船橋)
杉山耕二(三菱養和)
澁谷雅也(國學院久我山)
山ノ井拓己(静岡学園)
梶山幹太(名古屋U18)
伊藤涼太郎(作陽)
冨安健洋(福岡U-18)
該当者なし

新人王は京都橘の1年生エース、岩崎が受賞。Jのアカデミーからも声がかかった選手だが、
高体連ならでは土のグラウンドや部全体で一丸となる姿に憧れ、京都の新興校への入部を決意。
3月から出場機会を掴むと、ボディバランスに長けた仕掛けや献身的な動きでチームに貢献。
プレミア残留と選手権ベスト8進出の立役者となった。
余談ではあるが、米澤一成監督が「ケータイの絵文字に出てくる"笑顔の絵文字"みたいなやつ」と話すように
常に笑顔なのも特徴の一つ。 →(^-^) こんな感じの表情にまた注目してもらえれば。

ベストバウト
総体決勝          東福岡 vs 大津 3票
選手権準決勝          流経柏 vs 前橋育英 2票
総体大阪予選5回戦       槻の木 vs 興国 2票
クラ選準々決勝          G大阪ユース vs アカ福
総体3回戦             東福岡 vs 山梨学院
Jユースカップ準々決勝     F東京U-18 vs 大分U-18
選手権熊本予選準決勝     大津 vs 東海大熊本星翔
Jユースカップ2回戦       G大阪ユース vs 仙台ユース
選手権1回戦           流通経済柏 vs 作陽
選手権神奈川2次予選3回戦 日大藤沢 vs 桐光学園
東京都高校総体予選2回戦  早稲田実業 vs 帝京
Jユースカップ1回戦、      塩釜FCユース vs 新潟U-18
クラ選関東予選11決       鹿島ユース vs 柏U-18

ベストバウトに選ばれたのはインターハイ決勝の大津vs東福岡。
これまで破竹の勢いで勝ち上がってきた東福岡を大津が粘り強く耐え凌ぎ、
前半23分にFW古庄壱成のゴールで先制に成功。後半もスコアは動かず試合が進み、逃げ切りモードに入ったが、
後半32分にMF赤木翼の左クロスがGKの頭上を超えてネットに刺さると、試合は延長戦に突入。
勢いに乗った東福岡がDF末永巧のスーパーロングシュートを含む3得点を奪い、逆転優勝を遂げた。
一昨年の選手権決勝、星稜vs富山一を彷彿させる試合展開はサッカーが持つ醍醐味が存分に詰まっていたと言える。
また、印象的だったのは2票を集めた 槻の木vs興國の一戦。
J SPORTSの土屋さんのレポートを参照して頂ければと思うが↓
http://www.jsports.co.jp/football/jleague/blog/game-report/22-j-green-1/
大阪府の2次予選2回戦と決して陽の目の浴びないゲームではあるが、
見せた質、展開ともに観衆を魅了させるには十分な一戦だった。

最優秀監督 
佐藤輝勝(日大藤沢) 5票
河崎護(星稜) 3票
伊藤彰(大宮ユース) 2票
山田耕介(前橋育英)
熊谷浩二(鹿島ユース)
佐藤一樹(F東京U-18)
平野直樹(履正社)
野田知(神戸U-18)
山崎哲也監督(大分U-18)
該当者なし

最優秀監督で票を伸ばしたのは日大藤沢の佐藤監督。
36歳という若さながらも、選手権で見せたチームマネージメント力は秀逸。
夏から大会直前までエースであるFW田場ディエゴを試合から干すなど荒療治を施し、
チームプレーを徹底させつつ、競争を活性化。
インフルエンザで主力が多く離れるピンチで選手権に挑んだが、
試合ごとに日替わりヒーローが生みだし、ベスト4へと導いた。

毎年恒例、高1を100人選んでみた

2014.05.01.Thu
代表に入っていない選手をピックアップし、“こんな良い選手もいるんだよ!”というのを紹介するアンチ○○JAPANという企画をこのブログでやっていましたが(元々は川端暁彦先生がひしゃく時代にやっていたのをパクったものですが…)、今回は年に1度の拡大版。注目の高校1年生100人を選んでしまおうという企画です。

資格は1998年4月2日~1999年4月1日までの間に生まれたサッカー選手。昨年は帯広のクラブユース選手権には行けなかったため、春のNIKEプレミア、冬の高円宮杯U-15、U-15代表や過去のトレセンなどで目にして良いなと思った選手に加え、知人からお薦めされた選手、ルーキーながら出場機会を掴んだり、ベンチ入りしている選手を選んでいます。
なお、身長・体重は手元にあるデータの中からなるべく最新のデータを使用しています。

ただし、アンチJAPANの拡大版ということで、今年、代表に一度でも入ったことのある選手は除外ですが、能力のある選手が多いだけに、来年のU-17代表はもちろん2020年の東京五輪に入る選手もこの中にいるかもしれません。それでは、名前と数字だけがズラズラと並ぶリストをどうぞ!

 NAME  生年月日 背/体重現所属前所属
GK廣末陸98.07.06180/78青森山田高FC東京U-15深川
渡辺優三98.05.24173/69矢板中央高川崎U-15
田桑龍輝98.06.04184/79浦和ユースGRANDE FC
塚田匡壮98.04.08183/76三菱養和SCユース三菱養和SC巣鴨ジュニアユース
波多野豪98.05.25194/75FC東京U-18FC東京U-15むさし
杉本将哉98.08.11181/69横浜FCユース横浜FCジュニアユース
田渕佑98.05.11188/74名古屋U18名古屋U15
矢田貝壮貴98.06.11182/79京都橘高FC平野
坂本大地98.04.08178/69阪南大高C大阪U-15
西本圭斗97.04.19180/73作陽高G大阪ジュニアユース
DF堀江勇輝98.06.06177/69尚志高福島U-15
阿部龍之介99.01.21164/60仙台ユースウインズFC U-15
井村瞭介98.04.15189/75鹿島ユース鹿島つくばジュニアユース
鈴木海都98.07.05174/60浦和ユース沼津U-15
谷村大和98.08.10158/54大宮ユース大宮ジュニアユース
河内渉真98.06.05164/55流通経済大学付属柏高浦和ジュニアユース
東山航大98.09.27180/68柏U-18柏U-15
古賀太陽98.10.28179/62柏U-18柏U-15
菊池俊吾98.05.28168/58千葉U-18千葉U-15
岡崎慎98.10.10176/64FC東京U-15FC東京U-15深川
深澤大輝98.08.21172/60東京Vユース東京Vジュニアユース
星野智博98.04.05?/?桐光学園高横河武蔵野FCジュニアユース
坂本寛之98.04.29175/64横浜FMユース横浜FMジュニアユース追浜
長谷川巧98.10.06176/61新潟U-18新潟U-15
立田悠悟98.06.21185/68清水ユース清水ジュニアユース
佐野良伍98.11.30182/67静岡学園高宇治FCジュニアユース
久松真之98.08.07172/61藤枝東高磐田U-15
森岡陸98.11.20178/60磐田U-18ヤマハジュビロSS磐田
田中洸太朗98.04.09173/58名古屋U18名古屋U-15
池畠弘陸99.01.29175/64東山高ALTAS若狭小浜FC
渡邉優樹98.04.22185/70京都U-18スマイス・セレソン
森下怜哉98.11.01175/60C大阪U-18長野FC
村瀬悠介98.04.09184/69阪南大高C大阪U-15
上田駿斗98.04.14176/57神戸U-15神戸U-15
野田隆史98.?.?180/64作陽高FCヴィパルテ
野嶋晃98.08.11177/69鳥取U-18鳥取U-15
小林拓真98.07.26173/68広島皆実高広島ジュニアユース
東野広太郎98.06.10183/73広島ユースエスポワール白山FCジュニアユース
長野諒太98.11.02180/76立正大淞南高大阪セントラルFC
小田逸稀98.07.16170/60東福岡高鳥栖U-15唐津
戸高航汰98.07.06175/63大分U-18大分U-15
杉山直宏98.09.07169/55大津高福岡U-15
西元耀誠98.08.05178/69神村学園高神村学園中
MF岩崎航太98.06.02168/55札幌U-18札幌U-15
高橋壱晟98.04.20173/65青森山田高青森山田中
嵯峨理久98.05.27173/65栃木YウインズFC U-15
鎌田聖央98.08.26173/61秋田U-18秋田U-15
大竹海斗98.12.20166/63仙台育英高新潟U-15
植村隼人99.03.16?/?尚志高ラッセル郡山FC
川上エドオジョン智慧98.04.21164/59浦和ユース浦和ジュニアユース
山田陸98.04.15174/58大宮ユース大宮ジュニアユース
中村陸98.05.26165/57柏U-18柏U-15
鈴木喜丈98.07.06180/70FC東京U-18FC東京U-15むさし
関口正大98.04.21169/59新潟明訓高FC五十嵐ジュニアユース
楜澤健太98.05.19169/56帝京長岡高長野ジュニアユース
片山浩98.05.01170/60星稜高M.SERIO FCジュニアユース
飛鷹啓介98.08.21174/62JFAアカデミー福島ソレッソ熊本
梅村豪98.04.27165/54清水ユース清水ジュニアユース
上原玲也98.10.01162/48磐田U-18沼津U-15
杉浦弘明98.04.13162/56中京大中京高SC豊田
山元壮太郎98.07.05166/57野洲高セゾンFC
島村拓弥99.03.06164/51京都U-18サウーディFC
堂安律98.06.16171/66G大阪ユースG大阪ジュニアユース
食野亮太郎98.06.18170/63G大阪ユースG大阪ジュニアユース
舩木翔98.04.13172/55C大阪U-18C大阪U-15
松岡大智99.01.23170/59C大阪U-18富山U-15
永澤竜亮98.09.25161/54神戸U-18G大阪門真ジュニアユース
安井拓也98.11.21170/57神戸U-18神戸U-15
持井響太99.01.20163/50滝川第二高イルソーレ小野FC
宮本一貴98.04.11177/66広島ユースFCリフォルマ
坂本一真99.03.12175/54鳴門高徳島ジュニアユース
蟹田悠平98.07.23168/53香川西高愛媛FC新居浜ジュニアユース
川野泰河98.05.31166/55東海大五高フォルトゥナ延岡FC
冨安健洋98.11.05182/61福岡U-18福岡U-15
田川亨介99.02.11174/63鳥栖U-18雲仙アルディート
伊原虎之介98.04.17174/64長崎総合科学大附高鳥栖U-15
FW下田友也98.06.03?/?札幌U-18FCユーベル
馬場拓哉98.04.25180/68前橋育英高横浜FMジュニアユース
高山大智98.08.11169/58浦和ユース浦和ジュニアユース
小柏剛98.07.09162/58大宮ユース大宮ジュニアユース
高宇洋98.04.20170/58市立船橋高川崎U-15
平山駿98.10.06180/65三菱養和SCユース三菱養和SC巣鴨ジュニアユース
梁賢柱98.05.31172/65東京朝鮮高大宮ジュニアユース
町田ジェフリー98.08.04181/75成立学園高浦和ジュニアユース
澁谷雅也98.05.04161/55國學院久我山高ジェファFC
西田優太98.05.18179/71横浜FMユース横浜FMジュニアユース
宮川瑞希98.07.05?/?甲府U-18フォルトゥナSC
西晃佑98.04.08179/63富山U-18富山U-15
窪田翔98.10.17175/52星稜高SQUARE富山FC U-15
久米皓次郎98.04.08172/55磐田U-18磐田U-15
窪野涼98.06.09162/45磐田東高ヤマハジュビロSS磐田
世古拓摩98.06.22173/65三重高ソシエタ伊勢SC
岩崎悠人98.06.11170/64京都橘高彦根中央中
三田尻和哉98.08.12168/68京都U-18京都U-15
松浦享宏98.05.15170/62大阪桐蔭高神戸・伊丹U-15
向井章人98.11.17165/50神戸U-15柏田SC
三郎丸瑞基98.11.28176/66東福岡高福岡U-15
崎村祐丞98.06.27174/61福岡U-18福岡U-15
石川啓人98.07.16167/52鳥栖U-18鳥栖U-15
津守翔太98.05.30174/65大分U-18大分U-15


なるべく、Jユースばかりや同じ地域ばかりにならないようにバランスも考慮しています。
今年の特徴は秋田U-18や富山U-18など、いわゆる新興勢力にタレントがいる事でしょうか。
JリーグU-16チャレンジで10チームほど、チェックしてみたけど、力のある選手が多いです。
彼らのほとんどが小学校時代の有力選手で、U-15、U-18とエレベーター式に昇格した選手たち。
進路の選択肢として、秋田商業高や富山第一高が絶対的な地位にいた時代から変化が伺えます。
選手権への憧れが強く、U-15からの進路選択の際、高校を選ぶ選手が多いですが、
今後の飛躍に期待出来るチームだと思います。

そして、プレミアWESTとJユースカップの2冠を達成した神戸、柿谷を筆頭に優秀な人材を輩出するC大阪など
結果が出始めた関西のJアカデミーの人気が高まり、外部から有力なタレントが多く流れているのもトレンドの一つです。
一方で、彼らが入ることで、弾かれた内部組の選手も多くいます。すでにベンチ入りしている選手も多いように、潜在能力の高い選手が多いのは間違いありません。“見返してやる!”というリバウンドメンタリティの下、高校3年間みっちり試合経験を積めば、逆転も可能でしょう。そういった選手もピックアップしています。

もちろん、そうしたリバウンドメンタリティを持つ選手はここに挙げた選手だけではないはずだし、埋もれている選手も多くいる。今回のリストは代表やトレセンなどに入る選手が多くなってしまったが、まだまだ良い選手は必ずいる。数年後、「期待していた通り、来たな」と思えると同時に「あのリスト役に立たんかったな」と思えるような選手の登場も期待したい。

バロンボーイ2013

2014.02.14.Fri
今年もやります!バロンボーイ!

去年一年、ユース年代で活躍した選手を表彰するイベントで、
元々はエルゴラッソの前編集長がひしゃくさんという名前だった頃から続く伝統のあるモノ。
厳正なる入札の結果、我がblogが開催権を獲得。一昨年から僕のあだ名である
バロン(男爵)にかけて、バロンボーイとして開催しております。

年々、少しずつ参加者が増えており、今年は18名に投票してもらいました。
2013年のユース世代を彩ったのは誰でしょうか? それでは投票結果の発表です。 

GK永井建成(京都橘高)6
高丘陽平(横浜Cユース)6


 3票
 髙木和徹(清水ユース)

 1票
 志村滉(市立船橋高)
 古島圭太(帝京高)
 田子真太郎(富山第一高)

GK部門で票を集めたのは京都橘の永井と、横浜FCの高丘。
どちらかを選ばなければとは思うだが、同数だったため、今回は同時受賞とした。
永井は本人も話していたように、「動物からキーパーになった」一年だった。
DF裏へのボールは何でもかんでも飛び出し、“なぜかキャッチしている”状態が多く、
ハラハラが多いGKだったが、今年はスタッフから、“待て”を教わり、判断力が向上。
本人の自覚も生まれ、世代屈指のGKへと大きく羽ばたいた。
高丘は181cmとGKとしてはそれ程身長は高くないが、GKの基本技術に優れたタイプ。
加えて、1対1にも強いく、左右両足から正確なキックも蹴れる。
熊本から南雄太という大きな壁が移籍してきたが、能力は間違いないだけに、
コツコツ経験を積んで、トップでも飛躍してもらいたい。

DF内山裕貴(札幌U-18)9
 磐瀬剛(市立船橋高)7
 内田裕斗(G大阪ユース)8
 石田和希(流経大柏高)6
 藤谷壮(神戸U-18)6

 
 4票
 中谷進之介(柏U-18)
 三竿健斗(東京Vユース)
 福田圭祐(横浜FMユース)
 宮原和也(広島ユース)

 3票
 柴戸海(市立船橋高)

 2票
 進藤亮佑(札幌U-18)
 竹澤昂樹(富山第一高)
 高橋壮也(立正大淞南高)
 庄司朋乃也(C大阪U-18)

 1票
 藤澤恭史朗(仙台ユース)
 鳥海晃司(千葉U-18)
 麦倉捺木(柏U-18)
 篠原良介(市立船橋高)
 柳下大樹(帝京高)
 飯泉涼矢(三菱養和SC)
 池田樹雷人(三菱養和SC)
 安西幸輝(東京Vユース)
 松野崇紀(横河武蔵野)
 水谷拓磨(清水ユース)
 長尾悠平(履正社高)
 魚里直哉(C大阪U-18)
 山口真司(神戸U-18)
 宮原和也(広島ユース)
 光永祐也(福岡U-18)

DF部門は今回、攻撃陣に比べて、一定の選手に固まる傾向があった。
特にハイレベルな選手が多く揃った左SBは票が割れつつも、
石田と内田の2人に人気が高まり、2人が入賞。
状況次第で中盤でもプレーしていた石田を前に上げる形で落ち着いた。
トップは内山。他の部門の投票があったため、ベスト11入りはならなかったが、
昨年もDF部門で2位になっていた選手だ。高い、強いが目立つタイプではないが、
非常にクレバーなDFという印象が強い。相手FWの後ろにそっと着き、
ボールが入った瞬間にすっと前に出て、掠め取るというプレーが印象に強い。
足下の技術も悪くないだけにプロでは一列前、ボランチもあるのではと見ている。
足下の技術でいえば、磐瀬も負けていない。というよりも、「本来はボランチ選手」
と朝岡隆蔵監督が評していたように、本来はこの位置の選手ではない。
強靭な下半身を生かしたボール奪取と左右両足での正確な展開を
最後尾から発揮し、攻撃的な今年のイチフナスタイルを後方から牽引した。
1年時から活躍してきた内田はラストイヤーの今年度、人皮向けたと選手の一人。
これまで果敢に攻め上がるのはいいが、「今じゃないでしょ!」というタイミングで
仕掛け、攻め上がったスペースを突かれる事も多かった。
だが、プロへの意識が高まった今年はきっちりタイミングを伺った上がりへと変化。
縦への仕掛けだけでなく、相手を引き寄せ、大きく展開するパターンも増えるなど芸達者になった。


MF金子翔太(アカ福)11
 野口翼(広島ユース)8
 表原玄太(神戸U-18)5


 4票
 小泉慶(流経大柏高)
 脇坂泰斗(川崎U-18)

 3票 
 青木亮太(流経大柏高)
 三好康児(川崎U-18)
 川辺駿(広島ユース)

 2票
 前寛之(札幌U-18)
 鈴木徳真(前橋育英高)

 1票
 安東輝(アカ福)
 大山啓輔(大宮ユース)
 蓮川雄大(F東京U-18)
 渡辺悠雅(横河武蔵野FCユース)
 板倉滉(川崎U-18)
 汰木康也(横浜Mユース)
 早坂翔(横浜Mユース)
 金島遼(桐蔭学園高)
 若杉好輝(甲府U-18)
 大塚翔(富山第一高)
 前川優太(星稜高)
 宮本航汰(清水ユース)
 梅村晴貴(磐田U-18)
 久保田和音(大阪桐蔭高)
 丸岡満(C大阪U-18)
 長谷川覚之(神戸弘陵高)
 中井英人(神戸U-18)
 山下敬大(九国大附高)

中盤で票を伸ばしたのは金子翔太。FW投票が多かったのも彼の特徴。
FW、攻撃的な中盤ならどこでもこなせる彼は
昨年から動き出しのセンス、ゴール前での嗅覚には光るものがあった。
ただ、初めて見た試合もそうだが、いかんせんシュートが枠に飛ばない。
彼だからシュートになった攻撃も多く、彼の特徴でもあったのだが、昨年は大きく改善。
プレミアリーグEASTで16得点を奪って、得点王に輝いた。
2盤手の野口は僕も投票した一人。パスセンスの高さが光る選手だが、特筆すべきはチームへの貢献度。
春先に見た試合ではDFラインに落ちて組み立てに関与しながら、機を見てフィニッシュに絡む。
運動量の多さという貢献度もだが、宮原和也、川辺駿の2人がトップに合流し、
不安定だったチームを年間通して支えた点も評価したいところ。
そして、MF最後の枠には表原が入賞。春先からドリブルよし、パスよしの"いい選手だった"。
ただ、彼も「フィニッシュまでは完ぺき」という野田知監督の評価通り、足りない部分も明確だったが、
プレミア優勝が見え始めたあたりから、美味しい所を持っていこうと「俺がやらなきゃ」という意思が芽生えた。
強い気持ちと共に、ゴールを揺らす回数も増え、
フィニッシュ“も”完ぺきになった男がJユース制覇の原動力となったのは必然だった。


FW北川航也(清水ユース)11
 小屋松知哉(京都橘高)7


 3票
 木村陸人(三菱養和SC)
 奥川雅也(京都U-18)
 木戸皓貴(東福岡高)

 2票
 森永卓(流経大柏高)

 1票
 石田雅俊(市立船橋高)
 和田凌(千葉U-18)
 鈴木優磨(鹿島ユース)
 富樫佑太(國學院久我山高)
 菅嶋弘希(東京Vユース)
 北野智貴(エスペランサ)
 渡邉新太(新潟ユース)
 諸岡祐輔(広島ユース)
 清川流石(愛媛ユース)

FW部門のトップは清水の2年生エース北川航也。全体を通しても金子と並ぶ11票を集めた。
彼の持ち味は得点力。ゴール前に出たボールに対する反応の鋭さもだが、
落ち着き払った正確なフィニッシュワークは天性の物。
中学時代に僕が見た試合では前半3本のシュートでハットトリックを記録した事もあった。
クラブユース選手権で得点王、プレミアリーグEASTでは14得点で3位にランクイン。
2年生ながらも票が集まったのも納得である。
FW部門のもう一人は小屋松。京都橘を選手権準優勝(2年時)とベスト4(3年時)まで導いたストライカーだ。
その速さと正確なシュートは得点王に輝いた昨年度に証明済みだが、今年度より光ったのが周囲を使う力。
毎試合、小さな怪我は当たり前という厳しいマークをかわすために、
パスという武器を身につけた彼は手のつけられない程の存在だった。


バロンボーイ2013
小屋松知哉
北川航也
表原玄太
金子翔太
野口翼
石田和希
藤谷壮
内山裕貴
磐瀬剛
内田裕斗
高丘陽平(永井建成)





MVP:石田和希(流経大柏高)4

 1票
 内山裕貴(札幌U-18)
 金子翔太(アカ福)
 磐瀬剛(市立船橋高)
 森永卓(流経大柏高)
 三竿健斗(東京Vユース)
 三好康児(川崎U-18)
 大塚翔(富山第一高)
 北川航也(清水ユース)
 小屋松知哉(京都橘高)

MVPに輝いたのは流経大柏の左SB、石田。正確な左足キックが武器で、
左MF、ボランチをこなせるユーティリティなタイプという評価はもちろんだが、
今年、流経大柏がプレミアEASTを制す事が出来たのも彼の存在があったからだろう。
スカウティングに力を入れる高校らしく、門を叩くのは街クラブのキングばかり。
個性派かつ、ちょっとヤンチャなタレント集団が機能したのは彼がいたから。
圧倒的なチーム力を持つ今年だったが、総体後、選手権を逃した後など、
空中分解してもおかしくない危機が何度かあったというが、
それでも持ちこたえたのは彼のキャプテンシーの賜物だったといえる。

新人王:藤谷壮(神戸U-18)7

 2票
 庄司朋乃也(C大阪U-18)

 1票
 本吉佑多(仙台ユース)
 瀬古樹(三菱養和SC)
 安部柊斗(F東U-18)
 津島孝至(磐田U-18)
 加納澪(静岡学園)
 森島司(四日市中央工業高)

新人王に輝いたのはルーキーながら、神戸U-18のスタメンに定着した右SBの藤谷。
ベスト11にもバロンボーイ史上初めて、1年生で受賞している。
U-18代表でも広瀬陸斗、安東輝と専門外の二人がポジションを争うように、
正直に言えば、今年、タレントが少ないポジションだった。
そこに表れたのが彼。サブ組で挑んだクラブユース選手権の
関西予選初戦、G大阪ユース戦にスタメン出場すると、いきなり頭部を負傷。
流血を防ぐために包帯グルグルの状態で90分間プレーを続けた。
この試合がアピールになったのか、そのままスタメンに定着。
「試合に出るからにはフィニッシュに絡みたい」と口にする通り、
全身のバネを活かした突破で右サイドを果敢に仕掛け続けた。
彼を観た人で褒めなかった人がいなかったのも印象的。


ベストバウト 富山第一対星稜(選手権決勝)4票


ベストバウトの選定に誰も口を挟む者はいないはず。
説明は不要かもしれない。
実況アナウンサーが「This is 選手権」と絶叫したように、
選手権らしいドラマがあった一戦だった。
星稜が2点リードで迎えた後半42分、富山第一が一点を返すと、
これまで星稜ムードだった国立が一点し、
会場全体が富山第一を応援するかのようなムードに変わった。
大きな応援に後押しされたトミイチは終了間際に大塚のPKで
追いつくと、延長で逆転に成功。
試合終了後に、出くわした顔馴染みの指導者が
「サッカーの技術や交代策がなんてこの試合で語れない。
こんなドラマがあるから、高校サッカーが注目され、
人が集まり、“俺も頑張ろう”と努力して上手くなる。
日本サッカーへの貢献は今でも大きい」と話していたのが印象的だった。

 1票
 清水ユース×流通経済大柏高(プレミアリーグEAST 12節)
 履正社高×四日市中央工業高(選手権準々決勝)
 旭川実業高×札幌大谷高(プリンスリーグ北海道)
 F東京U-18×新潟ユース(Jユースカップ)
 東京Vユース×札幌U-18(クラブユース選手権準々決勝)
 三菱養和SC×静岡学園高(プレミアリーグEAST 13節)
 東福岡高×広島ユース(プレミアリーグWEST 8節)
 川崎U-18×浦和ユース(Jユースカップ準々決勝)
 三菱養和SC×静岡学園高@養和調布(プレミアリーグEAST )
 成立学園高×修徳高(選手権東京決勝)


最優秀監督:
本田裕一郎(流経大柏高)
朝岡隆三監督(市立船橋高)3票



河崎護監督(星稜高)
岩本慎二郎監督(修徳高)
今野章監督(川崎U-18)
太田昌宏監督(成立学園)

最優秀監督賞は高円宮杯を制した流経大柏高の本田裕一郎監督。
インターハイを制した朝岡隆蔵監督が千葉の二人がダブル受賞。
本田監督は日本一に導いただけでなく、スタメン、サブだけでなく、
メンバー入り出来なかった選手まできっちり伸ばせる指導力を評価する声があった。
朝岡監督も成績はもちろん、通常の4-2-2-2だけでなく、流経大柏対策として
取り入れた3-4-2-1をオプションとしてだけでなく、高いレベルにまで引き上げたのは見事だった。

来る前に騒げ 2013

2013.04.11.Thu

    このブログを始めた際に、何となくで始めた『来る前に騒げ』という小ネタ企画。
    当初はU-16代表のアンチJAPANを選ぼうとしたら絞りきれなくなって膨らんでしまったため、
    こうなりゃ100人選んじゃえ!という安易な発想のもとで生まれた企画ではあるが、
    どうやらマニアがいるようで、アクセスが意外に大きい。
    ただ、高1でこの時期に出ている選手は限られている。
    それこそいいなと思っていても進路が分からない選手も多い。
    各種、公式記録が出てくるまで待つ必要があるし、調べなきゃいけないし、
    100人もデータを打ち込むのはちょーめんどいよ!という地味に手間暇がかかる企画でもある。

    でも、思ったよりも早く集まったのでやっちゃいますよ!
    だいたい今年の場合は、実際に一度でも見ことのある選手は大体70人くらい。
    残りは周りの評判であったり、すでに試合に出ている。または、ベンチに入っている選手を選んでいます。
    データはなるべく最新のものを使用していますが、一部古いものもチラホラ。
    そして、所属も伝え聞きで怪しいものがあるかもしれない…
    (今年は分かってない選手も数名入れているので、ご存知の方はご一報を)
    なので、あくまでも参考程度に肩肘張らずに見てもらえれば。

    ではでは、ただ名前とデータだけがズラズラと並ぶグダグダ企画スタートです。

     NAME  生年月日 背/体重現所属前所属
    GK三森哲太97.06.24184/70札幌U-18札幌U-15
    阿部翔太97.07.23176/63盛岡商業高校レノヴェンスオガサFC
    加藤有輝97.09.20185/70大宮Y大宮JY
    山口康平97.10.19184/68FC東京U-18前橋FC
    坂口璃久97.08.07178/62星稜高校星稜中学
    後藤勇太97.06.08185/72清水Y大宮FC
    羽野匡哉97.04.16194/72G大阪Y兵庫FC
    長坂恭樹97.04.19185/73広島YセントラルFC豊橋
    堀口皓平97.04.21184/67徳島Y徳島JY
    松村優太郎97.05.15184/78長崎総合科学大学附属高校雲仙市立国見中学
    DF前田海97.04.27180/65札幌U-18FC DENOVA
    本塚聖也97.05.20175/62札幌U-18札幌U-15
    小島雅也97.11.09169/58仙台YクマガヤSC
    大里優斗97.06.28171/62鹿島鹿島つくばJY
    小木曽佑太97.06.22177/61浦和Y浦和JY
    菅原俊平97.07.09167/65流通経済大学附属柏高校湘南U-15平塚
    玉井裕貴97.05.17176/64市立船橋高校ドルフィンFC
    岡野洵97.12.09184/67千葉U-18千葉U-15
    水上真97.04.10165/58國學院大學久我山高校浦和JY
    相原克哉97.06.12161/56FC東京U-18FC東京U-15むさし
    東山亮97.06.29176/64東京V Y東京V JY
    小山和人97.05.23177/60桐光学園高校FC多摩JY
    前嶋洋太97.08.12175/62横浜FC Y横浜FC JY
    佐久間理央97.04.14179/67新潟Y新潟JY
    吉田直矢97.12.17164/53JFAアカデミー福島JFAアカデミー福島
    小池佑97.10.02175/56浜松開誠館高校HondaFC U-15
    加藤陸97.07.12182/68名古屋U18知多SC
    吹ヶ徳喜97.07.22173/65名古屋U18名古屋U15
    水口豪97.08.17???/??中京大学附属中京高校名古屋グランパス三好FC
    沼大希97.04.22174/60京都U-18京都U-15
    宅野海里97.12.28178/67京都U-18益田市立益田中学
    吉岡裕貴97.07.07174/65G大阪YG大阪JY
    實井理音97.??.?????/??大阪桐蔭高校柏田SC
    高嶋由哉97.05.04173/64C大阪U-18ALPHARD FC
    木間塚聖98.01.24171/58C大阪U-18クマガヤSC
    山川哲史97.10.01183/68神戸U-18神戸U-15
    枝村洸希97.06.18178/56滝川第二高校C大阪西U-15
    田野内和輝97.05.19170/57愛媛Y愛媛JY
    白石浩輔97.09.26???/??鳥栖U-18都城市立西中学
    吉平駿98.01.05175/70大分U-18大分U-15
    野田裕喜97.07.27180/72熊本大津高校ブレイズ熊本
    大塚椋介97.07.28168/62熊本大津高校ブレイズ熊本
    坂本航輝97.08.22176/62?カティオーラFC U-15
    MF福原昭97.04.03180/60札幌創成高校スプレッド・イーグルFC函館
    松井輝純97.05.31159/53尚志高校ラッセル郡山FC
    森俊貴97.08.29173/59栃木Y栃木JY
    横澤航平97.06.01160/48前橋育英高校前橋FC
    田中稔也97.10.02175/62鹿島YFC KRILO
    山崎海秀97.07.12179/61柏U-18柏U-15
    瀬古樹97.12.22172/65三菱養和SC Y三菱養和SC巣鴨JY
    桑原孝太郎97.05.08167/60桐光学園高校FC多摩JY
    花田佑97.10.10145/39桐蔭学園高校横浜FM JY追浜
    小松駿太97.11.07178/66横浜FM Y横河武蔵野FC JY
    塚田士文97.04.19165/61山梨学院大学附属高校FC東京U-15むさし
    小俣翔太97.07.15???/??甲府U-18フォルトゥナSC
    斎藤宏太97.04.10168/41新潟ユース山形FC JY
    高野歩夢97.07.21170/59帝京長岡高校FC CEDAC
    長田健吾98.03.09172/62清水桜が丘高校東海大学附属翔洋中学
    福井悠陽97.09.26165/53清水YFCコーマラント
    森島司97.04.25166/51四日市中央工業高校ヴィアティンFC
    三輪輝97.07.24???/??四日市中央工業高校FC四日市U-15
    山本悠樹97.11.06168/53草津東高校FC湖東
    岩本和希97.04.07172/57G大阪YG大阪JY
    丸岡悟97.12.06165/56C大阪U-18徳島市立川内中学
    中坂勇哉97.08.05171/62神戸U-18神戸U-15
    原口知土98.01.05174/65作陽高校FCフレスカ神戸
    長沼洋一97.04.14176/60広島YUスポーツクラブ
    佐藤涼97.11.01173/54広島Yソレッソ熊本
    藤井陸97.05.31166/55広島皆実高校広島JY
    中尾慶心98.01.11165/54鳴門高校徳島JY
    吉川航平97.10.25???/??徳島市立高校徳島JY
    江崎響太朗97.12.02167/57東海大学附属第五高校FCグローバル
    牛嶋幹太97.04.15167/58東福岡高校鳥栖U-15
    関竜太朗97.07.26174/68福岡U-18福岡U-15
    吉武莉央97.10.16164/56熊本大津高校FCグローバル
    甲斐史也97.04.02???/??鵬翔高校宮崎市立檍中学
    FW田端龍馬97.04.06174/62前橋育英高校前橋FC
    色摩雄貴97.10.01165/55鹿島Y鹿島つくばJY
    山中天太97.05.07168/60鹿島学園高校JFAアカデミー福島
    松澤彰97.09.18187/73浦和Y名古屋FC EAST
    邦本宜裕97.10.08172/66浦和YFC NEOジュニアユース
    川田拳登97.07.09173/58大宮Y大宮JY
    兼田晏音睦97.07.16173/65流通経済大学附属柏高校FC多摩JY
    白川恵士朗97.12.11175/60柏U-18柏U-15
    竹部崇仁97.12.21173/59柏日体高校SPフッチSC
    神谷優太97.04.24177/71東京V Y東京V JY
    中村亮太朗97.09.27175/60新潟明訓高校グランセナ新潟JY
    小林拓夢97.07.16170/65帝京長岡高校長岡JYFC
    山田柊斗97.??.?????/??清水桜が丘高校?
    大野椋馬97.04.24175/63清水ユース帝京大学可児中学
    森晃太97.06.13168/61名古屋U18名古屋U15
    上田航大97.10.13169/59四日市中央工業高校名古屋U15
    村上魁97.06.08164/57野洲高校セゾンFC
    門司康成97.08.09167/55京都U-18VALENTIA FC
    武田太一97.04.22182/74G大阪Y枚方FCマシア
    山中海斗97.05.07175/63G大阪Y新居浜市立北中学
    岸本武流97.07.16172/60C大阪U-18桜FC
    前谷慧97.07.21170/59広島皆実高校FCバイエルンツネイシ
    池田周平97.04.16???/??日章学園高校セレソン都城FC
    浅井遼太97.09.03170/61?FCフェルボール愛知


    今年U-15,U-16代表に入った選手は除いています。

    選んでみたら、ナショトレとか選抜に入っていた選手が多い。
    単純にいいなと思うから入れてみたんやけど、どこか色眼鏡で見てしまっている可能性も捨てきれない。
    それは僕だけでなく、選ぶ側にも言えることかもしれない。
    ここ数年、“なんでこいつが入ってないの?”という漏れは減ってきている。
    平均値が上がっているおかげで、新たに発掘しなくても
    ある程度のチームが作れるようになっているのは大きな進歩といえる。
    逆に主要大会や選抜関連、有力チームさえ、チェックすればほとんどの選手がカバーできてしまうから、
    そこに入っていない選手は誰かの目に止まる機会が減っているのも確かである。

    このリストが1年後、2年後も役立たないように、そして、まだ見ぬ選手とのいい出会いが
    あることを祈って、またフラフラとどこかサッカー場に足を運ぼうと思う。
     | HOME | Next »
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。